*月下  桜 の 世界*



暗道のわれの歩みにまつはれる蛍ありわれはいかなる河か  前登志夫

  暗道のわれの歩みにまつはれる蛍ありわれはいかなる河か     前登志夫



童謡の、「ほ・ほ・ほーたるこい そっちのみーずはにーがいぞ こっちのみーずはあまいぞ 」を
共有のものとしているとおもいます。

蛍の飛び交うのは清流のゆるやかな川・田舎の小川。
街灯などない真っ暗な道です。
蛍のほのかなあかりをみるためには手に灯をともしていてもいけない。
なので、足元をたしかめつつ、ゆっくりゆっくり慎重にあゆむ。一寸先は闇だから。

前さんの頭の中は真っ暗闇を歩くどきどきと、
ふわりと寄り添ってくれた蛍のはかなくもこころづよい光へのよろこびと
こどものころに聞き覚えた蛍の歌がリフレインしているのだとおもいます。

いろんな人生をあゆみ、いまでも「暗道」をあゆんでいる「われ」。
海千山千のひとびととのやりとりの荒波にもまれてきたのかもしれません。
にがい水かもしれない。あまい水ではないかもしれない。
それでもそっと「まつはれる蛍」がいて、
これまでの歩みを肯定してもらったような安堵と平安をおぼえたのではないかとおもいます。


山間ならではの歌だとおもいましたが、前さんの生活がにじみでている歌ですね。
共有できない世界かもしれないけれど、現代の刹那的な叫びのような歌よりもほっとする歌で、
わたしはであえてよかったなぁとおもいました。
山林の中ならではの音や空気や神秘的なものなどを感じます。


(2008年12月17日)



多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2010-06-14 20:06 | *短歌の世界*
<< バラ 長居公園 「ショッキング... 短歌を読むこと *わたしのみた風景* >>


心惹かれた素敵なものたちを一緒に楽しんでいただけたらうれしいです。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メモ帳
多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ

いつも応援ありがとうございます。

*『お散歩かめら塾』はじめます。詳細・お申し込みは「告知」のカテゴリーからよろしくおねがいします。

*タグ・カレンダー(さかのぼってみることができます。日を指定するとその記事をみることができます)は、項目がリストになって、見たい記事を選んでみることができます。
*カテゴリーは、最新の記事から順にすべてのページが開きます。

*神社・旅行の記事は風景にはいっています。

いままでの記事・写真はこちら。
「月下 桜 の 世界」

お時間のあるときに、のんびりしていってくださいね。

*私のブログ*
「月下  桜 の つぶやき。」
「ひかりのことば」
「関西 てくてく・もぐもぐ」

『光りは内にあり』
惟神霊幸倍坐世〓彌榮〓
かんながら たまちはえませ

神のように天に恥じない行動と言葉でもって動きます。さらに人智では及ばないところは、よろしくお導きくださいませ。

タグ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
月下  桜さんの歌
from 麦太朗の題詠短歌
鑑賞:003「助」(トラ..
from a swallow unde..
鑑賞:002「一日」(ト..
from a swallow unde..
鑑賞:001「笑」(トラ..
from a swallow unde..
中秋の名月
from PIPEDREAM別館
【鬼の腕・宗旦槿(そうた..
from 妙花抄(三)
アガパンサス
from ずっと大分が好きだ
ライフログ
お気に入りリンク♪
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧