*月下  桜 の 世界*



カフカ忌の無人郵便局灼けて頼信紙のうすみどりの格子 塚本邦雄

    カフカ忌の無人郵便局灼けて頼信紙のうすみどりの格子 塚本邦雄



わたしの見えた風景です。

そもそも「頼信紙」とはどんなものか・・・と検索。
「頼信紙」

カフカの命日は6月3日。


カフカ忌の無人郵便局灼けて頼信紙のうすみどりの格子



カフカ忌の無人郵便局 灼けて頼信紙のうすみどりの格子
と、区切れているのだとおもいました。
時代背景はよくわからないのですが、ノスタルジックな空気です。

無人郵便局の窓辺に置いてあった、あるいは吊るしてあったやけて黄ばんだ電報依頼紙の桝目が(原稿用紙の桝目のように)うすみどりの格子が消えそうになって残っている。
いつか存在そのものがきえてしまう、いつかではなく、この瞬間にも。

カフカのたまわく。
「わたしが生涯を費やしたのは、私の生涯を粉砕せんとする自分を 阻止するためだった」
『夢・アフォリズム・詩』 吉田仙太郎 編訳 平凡社 1996
または、
「(書いたものはすべて焼却してくれ、)そうすればぼくが作家だったという証拠がなくなる」

郵便局は書いたものを誰かに送り届けるところ。
電報をだれかに託してだれかにつたえるということ。
書いたものを届けるということは、自分の存在を誰かに届けるということ。
それすらもこの時空では揺るいで、消えてしまいそうであるという不安定な感覚。
書くとはなにか、つたえるとはなにか。
根源的な問いが秘められているように感じられました。




時間が経って、うけとったものたちです。

頼信紙に書く。それは原稿用紙にじぶんの思い・思考そのものをとどめることに等しい。
さらには、限られた文字数にそぎ落として、伝えたい核を閉じ込めるという行為である。
それは限りなく短歌の歌を詠むことに近い。
思考つまり自己を文字としてうすみどりの格子に閉じ込める。
これで時空間が限定されてゆるぎないものになる。

ところが。

その頼信紙がやけている。
やけているということは、ながらく、そう、ものすごくながらく、だれもそれをしてこなかったことの象徴である。

そして、無人郵便局。
書いたところで、伝える手段がない。
郵便局員にも他の客にもみられることがない。
自己完結の世界。
正確に伝達できないもどかしさ。
その現状のメタファ。

カフカ忌。
自己の思考の記録としての書いたものの焼却の要求。
作家つまり表現者としての自己否定。
なんのために表現したのか。
なんのために表現するのか。
表現が正確に自己を表現できているのか。
そしてそれは正確に伝えたい人のもとへとどくのか。
さまざまなことの懐疑と否定。
うすみどりの格子にとじこめられたそぎ落とされた自己。
その存在意義のなさ。

そもそも永らくなにもかきこまれていないではないか、
なにもつたえられてこなかったではないか、という憤りにもちかい思い。


深読みしすぎでしょうか。
いまのわたしのうけとったメッセージです。

(2010年06月06日 23:43)


この歌について
ある方からこのようなメッセージが発せられています。
どうぞどんどんかきこんでいただけましたら幸いです。

月下  桜



なぜ、「カフカ忌」なのか。なぜ「無人郵便局」なのか。なぜ「灼けて」なのか。

以上の私の疑問に関して、知識の、お考えのおありの方、例え一つでもよろしいのでお言葉を賜りたい(たんなる個人的な想い、感想でも結構です)。 
関連して、なんなりとお言葉を戴ければありがたい。

追記
塚本邦雄の「カフカ忌……」の歌について
① 自注の所在をご教示ください。
② 荻原裕幸・坂井修一・村木道彦の書き物はお陰で読ませて頂きましたが、このほかにどなたかが書かれたものがありましたら、その所在などご教示ください。






多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2010-06-19 20:52 | *短歌の世界*
<< 紫陽花 *滴りに色染む* 写真を撮るということは 呼吸を... >>


心惹かれた素敵なものたちを一緒に楽しんでいただけたらうれしいです。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
メモ帳
多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ

いつも応援ありがとうございます。

*『お散歩かめら塾』はじめます。詳細・お申し込みは「告知」のカテゴリーからよろしくおねがいします。

*タグ・カレンダー(さかのぼってみることができます。日を指定するとその記事をみることができます)は、項目がリストになって、見たい記事を選んでみることができます。
*カテゴリーは、最新の記事から順にすべてのページが開きます。

*神社・旅行の記事は風景にはいっています。

いままでの記事・写真はこちら。
「月下 桜 の 世界」

お時間のあるときに、のんびりしていってくださいね。

*私のブログ*
「月下  桜 の つぶやき。」
「ひかりのことば」
「関西 てくてく・もぐもぐ」

『光りは内にあり』
惟神霊幸倍坐世〓彌榮〓
かんながら たまちはえませ

神のように天に恥じない行動と言葉でもって動きます。さらに人智では及ばないところは、よろしくお導きくださいませ。

タグ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
月下  桜さんの歌
from 麦太朗の題詠短歌
鑑賞:003「助」(トラ..
from a swallow unde..
鑑賞:002「一日」(ト..
from a swallow unde..
鑑賞:001「笑」(トラ..
from a swallow unde..
中秋の名月
from PIPEDREAM別館
【鬼の腕・宗旦槿(そうた..
from 妙花抄(三)
アガパンサス
from ずっと大分が好きだ
ライフログ
お気に入りリンク♪
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧