*月下  桜 の 世界*



コスモス短歌会『桟橋』 113号詠み草など

忘備録として既に発表している短歌をしるしておきます。
おめだるいことですがご了承くださいませ。


 コスモス短歌会『桟橋』  113号詠み草


   『冬 景』

雪遊びしてきたように花びらの先のみ朱(あけ)に染むる寒菊

数かぞえ円座している十三人わっと散らばる流星群に

猛禽に見定められし小禽のごと身をかわし逃げる少年

白き腹みせてこおこお啼きながら空をめぐれる飛行機一機

誰の手も触れえぬところに水鳥のぽかりぽかりと浮かぶ淀川

四面のテニスコートに四脚の審判の椅子西に向きたり

切り株は団栗載せて花添えて来客を待つ冬の日溜まり

ほんとうに美味しいものは正座して黙して口に運ぶのみなり

白子とはどこの部位かと尋ねくる隣の男の声の無邪気さ

徳利が風呂に入っているような枡に入って熱燗がくる

湯上がりの少しのぼせた徳利の真白き肌を拭く豆絞り

薄紅と儚き白を散り敷きて夜雨に濡るる一本(ひともと)の梅


*題詠 「日本人」

 二十年ぶりに訪ねし奈良なれば外つ国のひとに遅れて眺む


*アンケート
2013年に必ずやりたいこと

 生き切る。


*裏庭* (後扉の小言)

中高生のころ、家族旅行の旅先から河原
や海辺の石をもちかえり、神社に参拝す
れば素焼きの土鈴を自身の土産にするの
が常だった。結婚してのち、石たちは神
社におさめ、土鈴もほとんど処分してし
まったが、宮先生の書斎の書架に各地の
石がならんでいる写真を全国大会で拝見
し、はからずも思い出したことである。




作品へのご意見・ご感想などいただけましたら嬉しいです。
どうぞ忌憚なきご意見賜りますよう、よろしくお願いいたします。



多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2013-09-07 18:34 | *短歌の世界*
<< コスモス短歌会『桟橋』 114... コスモス短歌会『桟橋』 112... >>


心惹かれた素敵なものたちを一緒に楽しんでいただけたらうれしいです。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
メモ帳
多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ

いつも応援ありがとうございます。

*『お散歩かめら塾』はじめます。詳細・お申し込みは「告知」のカテゴリーからよろしくおねがいします。

*タグ・カレンダー(さかのぼってみることができます。日を指定するとその記事をみることができます)は、項目がリストになって、見たい記事を選んでみることができます。
*カテゴリーは、最新の記事から順にすべてのページが開きます。

*神社・旅行の記事は風景にはいっています。

いままでの記事・写真はこちら。
「月下 桜 の 世界」

お時間のあるときに、のんびりしていってくださいね。

*私のブログ*
「月下  桜 の つぶやき。」
「ひかりのことば」
「関西 てくてく・もぐもぐ」

『光りは内にあり』
惟神霊幸倍坐世〓彌榮〓
かんながら たまちはえませ

神のように天に恥じない行動と言葉でもって動きます。さらに人智では及ばないところは、よろしくお導きくださいませ。

タグ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
月下  桜さんの歌
from 麦太朗の題詠短歌
鑑賞:003「助」(トラ..
from a swallow unde..
鑑賞:002「一日」(ト..
from a swallow unde..
鑑賞:001「笑」(トラ..
from a swallow unde..
中秋の名月
from PIPEDREAM別館
【鬼の腕・宗旦槿(そうた..
from 妙花抄(三)
アガパンサス
from ずっと大分が好きだ
ライフログ
お気に入りリンク♪
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧