*月下  桜 の 世界*



*短歌:「わたしのみた風景」と「More」機能の使用について

短歌を詠む(つくる)ことも楽しいですが、短歌を読む(ものがたりを想起する)こともとてもたのしいことなのです。

短歌は文字だけの世界です。
作者がなにをみて、なにをかんじて、なにをつたえようとしたのか。
31文字に凝縮されています。読んだときの音・言葉の配列・行間や漢字・ひらがなの使い分けなどにもこだわっています。

ときには、すっと風景がみえることもあり、(それは作者さんと共有していないものだとしても)おもしろいなぁと感じます。もちろんわたしの読みが浅いためにじっくり感じることができない難解なものもあります;;ずーーっとあとになって、「あ、そういうことか!」と気がつくこともあります。

短歌を眺めながら、みえるままに・声のきこえるままにことばのスケッチをさせていただいているものがいままでにいくつかあります。「わたしのみた風景」というタイトルで、いままでにあちらこちらで書き込んできたものたちをこちらでもお披露目させていただきたいとおもいます。よろしくおつきあいくださいませ。


それから、これまでの短歌および、これからの短歌については、「More」を押すとわたしの詠み込もうとした風景や気持ち(短歌では「解題」というそうです)がみえるように手を加えていこうとおもっています。

短歌だけでたのしみたい方はこれまでどおりで。
歌を詠んだ背景もしりたい・この歌の意味がいまひとつわからないという方も沢山いらっしゃるとおもいますので、「「More」を押すことでお伝えしたい。そのような工夫もしてまいりたいとおもいます。
これまでのものには使用できないようですので、あたらしい短歌から着手していきたいとおもっています。

これからも、どうぞよろしくおねがいいたしますね。





多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2009-03-29 23:38 | *短歌の世界*
<< *短歌・「わたしの見た風景」 ... 桜 河津桜 *春空に映える桜* >>


心惹かれた素敵なものたちを一緒に楽しんでいただけたらうれしいです。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
メモ帳
多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ

いつも応援ありがとうございます。

*『お散歩かめら塾』はじめます。詳細・お申し込みは「告知」のカテゴリーからよろしくおねがいします。

*タグ・カレンダー(さかのぼってみることができます。日を指定するとその記事をみることができます)は、項目がリストになって、見たい記事を選んでみることができます。
*カテゴリーは、最新の記事から順にすべてのページが開きます。

*神社・旅行の記事は風景にはいっています。

いままでの記事・写真はこちら。
「月下 桜 の 世界」

お時間のあるときに、のんびりしていってくださいね。

*私のブログ*
「月下  桜 の つぶやき。」
「ひかりのことば」
「関西 てくてく・もぐもぐ」

『光りは内にあり』
惟神霊幸倍坐世〓彌榮〓
かんながら たまちはえませ

神のように天に恥じない行動と言葉でもって動きます。さらに人智では及ばないところは、よろしくお導きくださいませ。

タグ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
月下  桜さんの歌
from 麦太朗の題詠短歌
鑑賞:003「助」(トラ..
from a swallow unde..
鑑賞:002「一日」(ト..
from a swallow unde..
鑑賞:001「笑」(トラ..
from a swallow unde..
中秋の名月
from PIPEDREAM別館
【鬼の腕・宗旦槿(そうた..
from 妙花抄(三)
アガパンサス
from ずっと大分が好きだ
ライフログ
お気に入りリンク♪
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧