*月下  桜 の 世界*



*短歌* 「桜吹雪」

「桜吹雪」



ひとひらのひかりひらひら 散るときも うつくしいのは 桜花だけ
                                  (桜花:さくらはな)




音もなくほどけてゆくや春風にほどけてゆくや花々の夢





春風に乗って遠くへゆきましょう 桜の夢を みていたのです





花びらのつながり流れゆく様を花筏と語りし祖母は居らねど
                               (花筏:はないかだ)




春風に光の粒子ながれゆくとどまりてしる桜色かな





*下のほうの「More」にて私の見た風景(解題)を書いております。

多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ




 ひとひらのひかりひらひら 散るときも うつくしいのは 桜花だけ
                                  (桜花:さくらはな)

桜吹雪を眺めていると花びらというよりもひかりがきらめいてながれてゆくようにみえました。
こんなふうに花だけもこもこと咲いて、花びらがはらはらと散る姿も美しい花って桜だけかなぁ・・・と
しばらく考えていて、落ち葉もきれいだけれど、梅もきれいだけれど、やっぱり規模がちがうなぁっておもいました。




 音もなくほどけてゆくや春風にほどけてゆくや花々の夢


木の葉が散るときもあまり音がしないのですが、桜のはなびらはとくに薄くて軽いので音がしないですね。
吹雪にたとえられるのも さもありなん、とうなづけます。
春のひかりが編まれてつくりあげられたような桜。するすると糸がほどけてゆくように感じました。





 春風に乗って遠くへゆきましょう 桜の夢を みていたのです


花びらたちのことばです。案外風にのってとおくまででかけているはなびらたちもいて、それはそれでたのしそうです。





 花びらのつながり流れゆく様を花筏と語りし祖母は居らねど
                               (花筏:はないかだ)


子供のときから曾祖母・祖父母と同居しており、いずれも90を超える長命でしたので、いろいろな思い出がいまになっておもいだされます。
この風景は燕と結婚してから関西では有名な桜の名所の夙川に私の実家の者を花見に誘ってそぞろあるいたときのものです。
祖母は俳句に親しんでおりましたから、折に触れ、いろいろな言葉をおしえてくれました。
このときには、満開で散り始めでしたから、川の流れ行く様子をみて、「ああいうのを『花筏』っていうんやよ」と燕に話していたのを思い出しました。
もう他界しておりますが、いまでもわたしたちは桜の季節になると祖母のことをおもいだすのです。




 春風に光の粒子ながれゆく とどまりてしる桜色かな


上記に書いたような桜の散りゆく姿と、足元の桜色がより増した花びらたちを眺めています。
咲いているときには染井吉野は真っ白に近いようにみえますし、ちっているときにもひかりの粒子がみえるように感じます。けれど、地上にとどまっている花びらは思いのほか桜の色をしていて、意外に感じました。
水分がぬけてゆくとさらに色濃くなります。不思議ですね。
[PR]
by tsukisitau | 2009-04-22 19:52 | *短歌の世界*
<< *短歌* 季節の花の歌 「タン... 桜 染井吉野 *ひかりの結晶* >>


心惹かれた素敵なものたちを一緒に楽しんでいただけたらうれしいです。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
メモ帳
多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ

いつも応援ありがとうございます。

*『お散歩かめら塾』はじめます。詳細・お申し込みは「告知」のカテゴリーからよろしくおねがいします。

*タグ・カレンダー(さかのぼってみることができます。日を指定するとその記事をみることができます)は、項目がリストになって、見たい記事を選んでみることができます。
*カテゴリーは、最新の記事から順にすべてのページが開きます。

*神社・旅行の記事は風景にはいっています。

いままでの記事・写真はこちら。
「月下 桜 の 世界」

お時間のあるときに、のんびりしていってくださいね。

*私のブログ*
「月下  桜 の つぶやき。」
「ひかりのことば」
「関西 てくてく・もぐもぐ」

『光りは内にあり』
惟神霊幸倍坐世〓彌榮〓
かんながら たまちはえませ

神のように天に恥じない行動と言葉でもって動きます。さらに人智では及ばないところは、よろしくお導きくださいませ。

タグ
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
月下  桜さんの歌
from 麦太朗の題詠短歌
鑑賞:003「助」(トラ..
from a swallow unde..
鑑賞:002「一日」(ト..
from a swallow unde..
鑑賞:001「笑」(トラ..
from a swallow unde..
中秋の名月
from PIPEDREAM別館
【鬼の腕・宗旦槿(そうた..
from 妙花抄(三)
アガパンサス
from ずっと大分が好きだ
ライフログ
お気に入りリンク♪
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧