*月下  桜 の 世界*



<   2008年 11月 ( 41 )   > この月の画像一覧


糸菊のうまれるところ *奔放にのびやかに*

あそびにきてくださって、ありがとうございます。

きょうは、昨日と同じ場所で、糸菊(管物)に仕立てるもとの花にであうことができましたので、
そちらの様子をアップします。



ゆびのつめほどのなかに充填するちから
d0141365_64941100.jpg

d0141365_6511044.jpg

d0141365_6502468.jpg
d0141365_6503638.jpg

うごきだす 奔放に 決められた場所へ
d0141365_652305.jpg

d0141365_652453.jpg

d0141365_6531313.jpg
d0141365_6535744.jpg
d0141365_6541460.jpg

うまれたときから 美にみちあふれている
d0141365_6553041.jpg





*みてくださってありがとうございます。




多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2008-11-28 06:57 |

菊のうまれるところ *にぎにぎをひらく手*

菊花展の前に近所を散歩していましたら、菊花展のようなつくりの鉢がならべてあり、
おなじ品種の菊たちが奔放に植えられている場所をみつけました。
おそらく、「厚物」に仕立てる品種だとおもうのです。
きっとこの枝を挿し芽して10ヶ月赤ちゃんのように丹念にそだてあげるのでしょうね。


こんなにも花の咲く可能性がある
d0141365_710266.jpg

ぎゅっと握った手を 秋風がなでる
d0141365_7112528.jpg
d0141365_7113750.jpg
d0141365_7114671.jpg
d0141365_7115426.jpg

こどもの手ほどのおおきさ。



黄色のもので仕立ててあるものもみかけました。
おそらくこれほど中心がひらいてしまっていることと、大きさが足りないことで菊花展にはゆけなかったのでしょう。
d0141365_71916.jpg

d0141365_7191896.jpg


これをみると「厚物」に仕立て上げあげることの難しさと根気と技術がしのばれます。





多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2008-11-27 07:16 |

菊 厚物 相楽園にて *集合写真のように*

*あそびにきてくださって、ありがとうございます。
 今朝アップしようとしたらアップできませんでした。
 夜12時から昼の2時までメンテナンスをしていたそうです。
 事前におしらせしてなくて、ご心配・ご面倒おかけしました。

 いまも画像の処理がとても重くなっているそうですので、写真をアップしていますが、みることができないかもしれません。もうしわけないです><



相楽園の菊の「厚物」をいろいろ集めてみました。


3×4の12鉢は品種が別で、色も各列交えなければならないルール。
一鉢に一本の菊。そこから3枝を「天地人」にまっすぐ伸ばす。

d0141365_19334433.jpg
d0141365_193419.jpg
d0141365_19341375.jpg

密集したいたみのない花びらと いたみのない葉っぱたち
d0141365_19355432.jpg
d0141365_19361280.jpg
d0141365_1936182.jpg

その存在の奇跡に どれほどのひとが きづくのだろう
d0141365_19371312.jpg

d0141365_19381292.jpg
d0141365_19383254.jpg


 この菊は多くの花咲く可能性切捨てさりてありてある花


誇らしげに立ち並ぶ新入生や卒業生のように
d0141365_19423599.jpg

d0141365_19433083.jpg

この花は「天授」。鳳凰の羽のような菊。
d0141365_19442537.jpg

d0141365_19443489.jpg

この花は「開祖」。
d0141365_19454396.jpg

菊の銘も優雅なものがおおくて、薔薇のときのように名前と花をみてたのしみます。

白鳥の羽のような。
d0141365_19471821.jpg

あ、はねてますよ。おじいさん。
d0141365_1947595.jpg




*みてくださって、ありがとうございます。
 それでは、また^^





多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2008-11-26 19:49 |

菊花展 相楽園にて

あそびにきてくださって、ありがとうございます。
たくさんアップしてしまいました。
どうぞゆっくりしていってくださいね。



先日11月15日に神戸の相楽園という和風庭園に出かけておりました。
以前訪れたときにも菊花展がおこなわれていて、そのときにはすこし時期が遅かったので、
今度はもう少し早く訪れたいものだなぁとおもっていた場所です。
菊はもちろんのこと、洋館のグラバー亭や厩舎、和風庭園もすばらしく、とてものんびりすごすことができました。


今日は菊のある風景です。
d0141365_1850536.jpg
d0141365_18503661.jpg

菊花展ではかならずみかける「三段仕立て盆養」といわれる展示です。
この菊たちは、一鉢に一本、三本の枝に根元から分かれて生やし、一番高いところを「天」、次を「地」「人」とするのです。その鉢を横3鉢・縦4鉢の12鉢一組で、各列各行に赤・白・黄系を組み、全種異品種とする。という約束事があります。

見所は、
●仕立て方(三本仕立て盆養の場合)の主なポイント
①株が中央にうえてあるか
②脇枝や冬至芽をとりのぞいてあるか 
③三枝の分岐する位置が、表土から9センチ内外で、なるべく密接して分かれているか
④分岐した三枝の曲がる位置が、鉢縁から12センチ以内に収まっているか
⑤3花の位置が、正しく天地人で高低差がついているか

●花の条件の主なポイント
【厚物、厚走り】
①花弁の組が規則正しく端正で十分に盛り上がっていること
②花の中心が1点に集中し、固く口締まりしていること
③走り弁はまっすぐ力強く、また規則正しく四方に均等に出ていること
【管物】
①各花弁が丸みを帯びて堅いこと
②花弁が伸びやかで力があること
③走り弁はなるべく長く、四方に均等に出ていること
④花弁の先端の玉巻きは丸みを帯び、固く締まっていること
⑤花の中心部は花弁が短い茶筅状で、中心が深い谷を作り露芯していないこと

となっているそうです。
そうおもって眺めてみると、菊花展はまさに盆栽と並ぶ日本の園芸技術の極みともいえるのですね。。。

d0141365_18575732.jpg

この頭ほどの見慣れた菊たちが「厚物」です。一番下の花びらが垂れるタイプのものを「厚物走り」というそうです。
花びらが鈎針のような細い細い菊たちは「管物」です。
管物で構成してあるものもありました。
d0141365_1903337.jpg

かわいいお客さんたちです。
d0141365_1913555.jpg

こちらもよくみかける「懸崖」といわれる仕立て方の菊です。
小菊一本からできています。懸崖用の小菊を、前年秋のさし芽したものを、摘心を繰り返し、形を作る。かまぼこ状に隙間なく花をつけるのには技術が必要とのことで、たしかに見ごたえがあります。
大きさはわたしの背よりもたかくて2Mくらいあるでしょうか。
d0141365_195095.jpg
d0141365_1955785.jpg
d0141365_196552.jpg
d0141365_19635100.jpg

どうなっているのか、後ろをのぞいてみたくなるのが桜らしいところです。
d0141365_198357.jpg
d0141365_1984224.jpg
d0141365_1985990.jpg

鉢は見えてもいいように釣瓶のようになっているものが多く、思っていたよりも小さな鉢だったことに驚きました。そうそう、あの3本仕立ての菊たちもびっくりするほど小さな鉢でしたよ。
そしてありがたいことに、それぞれの鉢に名前の札がささっていることにも気がつくことができました^^ どれも素敵な銘で惚れ惚れします。またそれぞれの菊たちは順番にご紹介していきますね。
足元にはいろんな品種の小菊たち。この小菊たちと同じ品種で仕立てられていました。
d0141365_191389.jpg

d0141365_1917129.jpg

d0141365_19174536.jpg

後ろの紅葉はどうだんつつじ。光が当たってそれはそれは美しかったですよ。
d0141365_19154760.jpg

こちらは枯れ木に花を咲かせましょう~w
不思議ですよね。こういう仕立てのものもありました。
d0141365_19453845.jpg

d0141365_19455782.jpg
d0141365_194652.jpg

この五十六さん(いそろくさんでしょうか)の作品はあちらこちらで見かけました。
菊作りの名人なのでしょう。それにしても、これだけのものを仕立てるには広大な庭が。。。
盆栽仕立てもあります。
これも5種一組として構成されています。
d0141365_19483417.jpg

d0141365_19485793.jpg
d0141365_1949438.jpg
d0141365_19491145.jpg
d0141365_19491825.jpg

あれは千輪咲き。
秋にさし芽をしたものをひたすら摘心し、半球状に花が隙間なくかつ規則正しくならべ咲かせる。一鉢で直径3から4mほどになり、育てる根気と技術など労力のほか栽培場所の確保などが大変である、とのことです。
巨大くらげみたい。。。一本の菊から咲かせています。
1000とはいかないまでも200輪ほどは咲かせるそうです。
d0141365_19513822.jpg

ほかにも福助作り・だるま作り・肥後菊・嵯峨菊などが並んでいました。
それはまた後日に^^
d0141365_19533151.jpg
d0141365_19534025.jpg

思いもかけず、すばらしい紅葉にもめぐり合えました。
d0141365_19545839.jpg

素敵なお庭と紅葉もまた後日に。
一緒にお散歩してくださってありがとうございました。
d0141365_19555444.jpg






多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2008-11-24 19:19 |

超コミュ歌会2008 表彰式開始!です。

ミクシイの超コミュ歌会2008というのに参加させていただいています。

先日までがそれぞれの感想&講評などを交わし、各自投票しています。
本日たったいまから 表彰式開始!です。

「くも」という題を詠みこむルールで、それぞれに魅力あふれる作品がでそろっています。
また、それぞれのトピでの白熱した議論もとても充実したものになっています。

短歌に興味のあるかたも、短歌に縁のないかたも、どうぞ気軽におたちよりくださいね。

わたしと燕は表彰式会場にでておりますw


「超コミュ歌会2008」
[PR]
by tsukisitau | 2008-11-23 21:18 | *短歌の世界*

バラ 靭公園 *ルイーズ・オディ*

「ルイーズ・オディ」(5月31日)
ちいさな花ですがかわいい色・形のほほえましいバラです。
d0141365_15212966.jpg
d0141365_1522120.jpg
d0141365_15221114.jpg
d0141365_15221998.jpg
d0141365_15223150.jpg




多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2008-11-23 15:23 | 薔薇

バラ 靭公園 *ローズ・オオサカ*

大阪靭公園(うつぼ公園)の春バラたちのご紹介がようやくゴールです!
最後にふさわしく。

「ローズ オオサカ」(5月31日)
2000年に日本で作出されたバラです。
これまでのどの紅薔薇ともひけをとらない堂々とした正統派な薔薇です。


d0141365_15132599.jpg

d0141365_15133996.jpg
d0141365_15134762.jpg
d0141365_15135673.jpg
d0141365_15141291.jpg
d0141365_15143112.jpg
d0141365_15144030.jpg
d0141365_15152912.jpg




*「ようやくバラがおわったか~」と安堵されるのはまだはやいですよ。
 これから秋バラですw 須磨離宮公園と長居公園のものが山ほど撮りためてありますので
 しばらくおつきあいくださいね。
 あ、もちろん、菊・紅葉も織り交ぜてゆきますよ~。おたのしみにです。
 では また^^







多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2008-11-23 15:18 | 薔薇

イングリッシュローズ *クリームピンクのバラとマリネット*

うつぼ公園のバラの紹介もゴールがみえてきた~♪ とおもっていたら、イングリッシュローズたちをすっかり忘れていました。こちらも一挙にどどーんとアップします。


名前はわからないのですが、ほんのりと優しいピンクのイングリッシュローズらしいバラです。
d0141365_823842.jpg
d0141365_824881.jpg
d0141365_825933.jpg
d0141365_831882.jpg
d0141365_832689.jpg



「マリネット」(5月31日)
ピンクながら品のある色合いのすてきなバラです。
d0141365_854536.jpg
d0141365_86330.jpg
d0141365_863013.jpg
d0141365_864512.jpg
d0141365_865331.jpg



*イングリッシュローズ6種とうつぼ公園のバラ4種をアップしています。
 どうぞごゆっくりです~。




多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2008-11-22 08:07 | 薔薇

イングリッシュローズ *フェア・ビンカとペルディータ*

「フェア ビンカ」(5月31日)
真っ白で菊のようなバラです。
d0141365_7522923.jpg
d0141365_7524169.jpg
d0141365_753250.jpg



「ペルディータ」(5月31日)
同じ白とはいえ、アンティークのようなクリームピンクが品のあるバラです。
d0141365_755155.jpg
d0141365_7553490.jpg
d0141365_7555182.jpg





多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2008-11-22 07:56 | 薔薇

イングリッシュローズ *ピーチ・ブロッサムとマサコ*

「ピーチ ブロッサム」(5月31日)
紙細工のような不思議なバラです。
d0141365_7435145.jpg
d0141365_7435724.jpg
d0141365_74449.jpg



「マサコ」(5月31日)
1994年にオースチン家が作出したバラです。
どうなさっておいででしょう。元気になられるとよいなぁ、とおもってしまうのです。

d0141365_7465232.jpg
d0141365_746581.jpg
d0141365_747415.jpg






多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2008-11-22 07:47 | 薔薇


心惹かれた素敵なものたちを一緒に楽しんでいただけたらうれしいです。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
メモ帳
多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ

いつも応援ありがとうございます。

*『お散歩かめら塾』はじめます。詳細・お申し込みは「告知」のカテゴリーからよろしくおねがいします。

*タグ・カレンダー(さかのぼってみることができます。日を指定するとその記事をみることができます)は、項目がリストになって、見たい記事を選んでみることができます。
*カテゴリーは、最新の記事から順にすべてのページが開きます。

*神社・旅行の記事は風景にはいっています。

いままでの記事・写真はこちら。
「月下 桜 の 世界」

お時間のあるときに、のんびりしていってくださいね。

*私のブログ*
「月下  桜 の つぶやき。」
「ひかりのことば」
「関西 てくてく・もぐもぐ」

『光りは内にあり』
惟神霊幸倍坐世〓彌榮〓
かんながら たまちはえませ

神のように天に恥じない行動と言葉でもって動きます。さらに人智では及ばないところは、よろしくお導きくださいませ。

タグ
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
月下  桜さんの歌
from 麦太朗の題詠短歌
鑑賞:003「助」(トラ..
from a swallow unde..
鑑賞:002「一日」(ト..
from a swallow unde..
鑑賞:001「笑」(トラ..
from a swallow unde..
中秋の名月
from PIPEDREAM別館
【鬼の腕・宗旦槿(そうた..
from 妙花抄(三)
アガパンサス
from ずっと大分が好きだ
ライフログ
お気に入りリンク♪
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧