*月下  桜 の 世界*



<   2009年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧


御題「光」 *9月30日消印有効です*

明日が、宮内庁の歌会始の詠み草の募集の締め切りです。
御題は「光」 

光る などとしてつかってもかまいません。


歌会始は天皇陛下はじめ、皇族のみなさまがたも御詠みになられます。
選ばれますと、陛下・皇族のみなさまがたのご列席の前で詠み草が詠まれます。
(燕もわたしももうすっかりご招待にあずかる気でおりますw)


提出書式はきまっておりますので、こちらを熟読してぜひ新春の日本にふさわしい歌を御詠みくださいませ。


わたしも燕も昨日、数十年ぶりに書をしたためました。
墨のかおり、筆のにじみ、はこび・・・ 筆で書くということは五感にとても染み入ることを体感いたしました。

「上手」になりたいとはおもわないけれど、おもうようにかきたいとつくづくおもいました。
いい機会ですので、これもまた笛とおなじくたのしんでやってまいりたいとおもいます。


宮内庁のホームページから入れます。
くわしい書式などはこちらからどうぞ。

「歌会始の詠進要領」



ちなみに、宮内庁の住所と電話番号です。
とってもおめでたいですね。さすが日本。おさえるところはおさえてあります。

〒100-8111 東京都千代田区千代田1-1
電話:03-3213-1111(代表)





多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2009-09-29 18:46 | *短歌の世界*

大阪天満橋のアヒルちゃん *明日までだよ~!*

いま大阪は「水都」をテーマにイベントを開催中です。
いろんな催し物がちりばめられているのですが、きょう逢いにいったのはあひるちゃん。
大阪天満橋駅のすぐそばにいます。



かわいい~!
d0141365_23453088.jpg

d0141365_23453993.jpg

いろんな観光船がゆきかっています。
d0141365_2346920.jpg
d0141365_23463636.jpg

なんかシュールだけどなごみます。
d0141365_2347177.jpg
d0141365_23472750.jpg
d0141365_23474589.jpg

屋形船もゆきかいます。
d0141365_23482232.jpg
d0141365_23483169.jpg

天神さまにちなんで梅紋が橋にありました。
d0141365_2349319.jpg

どんどんちかづいてみることにしましょう。
d0141365_23492996.jpg
d0141365_23494113.jpg
d0141365_23495763.jpg

益々シュールです。。。でもかわいい><
d0141365_23504325.jpg
d0141365_2351697.jpg

近くによると、マクロレンズでは撮影できなくなります。
携帯の出番!
d0141365_2352157.jpg
d0141365_23521330.jpg
d0141365_23522050.jpg
d0141365_23524527.jpg

ドラゴンもあそびにきてくれていました。
d0141365_235362.jpg

あしたまでいるからね!あいにきてね~!
d0141365_23533979.jpg







多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2009-09-26 23:54 | *風景*旅・神社など

日野晃さんのワークショップ・ショーケース舞台を観て。

順番が前後しますが、いまみてきた印象をとどめておきたいので言葉にしておきます。

前回の日記で日野さんのワークショップに参加したことを書きました。
ワークショップは連休の4日間、11時から20時半まで3コマにわかれていますが、全部受けられる方がたもいらっしゃいました。
その後、「ショーケース」といって、いわゆるいままでやってきたことを舞台のうえで表現する発表会が今日2回行われました。
リハーサルは2日間。
要するに9月19日から26日の夜までぶっつづけです。
なんらかの経歴のある人もないひとも、まったく同等に。



台詞も役もありません。
やっていることは4日間でおこなったワークの表現。
「あ、あのうごき、わたしもやった・・・」とおもうものが大半です。
でも、あらためて舞台を観客として観たとき、わたしのやっていたものと違うとかんじました。
ことばにするってなんてもどかしいんだろう。


動きが「意志」「作為」ではなく「自然」かつ「美しい」かつ「水や風が流れるよう」。
それでいて、舞台上の誰かとそして観客とコンタクトを取り合っている。
椅子の背もたれにもたれることなく、ぐっと舞台に食い入るようにみつめてしまう。
誰を、ではなく、全体のうごきを。
非常にシンプルなうごきのなかで通じ合っている緊張感。緊迫感。
激しく動く中でも目を奪われる静かな動き。
真剣(武器としての)で対峙しているかのような。
そしてまた目を奪われるエネルギーの交流。

永遠につづく、調和ある変化。


舞台が静かに暗転したのちも、蛍の飛行した経路がのこるようにみえるように
わたしには舞台のうえに残像がみえました。
いくつも。
なめらかなうごきも、とまっているうごきも、時間をとめてしまうかのようなうごきも。
激しい動きも。


きっと、わたしたちいきものは、たましいの色をこんなふうに残像としてのこして歩いたり生きたりしているんだね。
だれかと交流することでたましいの色・磁場が変化してゆくんだね。


電車にのって見知らぬ人と接触するのを本能的に避けるようになって、どんどん感覚を・存在を消そうとしてしまっているから、感覚を遮断することが当たり前になっていて、退化してしまっているんだね。



わたしたちには、たった2日だったけれど、ものすごく濃い時間だったことが今日の舞台をみてわかりました。



日野さん、ご一緒したみなさん、ありがとうございます。





多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2009-09-26 23:00 | つれづれ帖*言葉の風景

「立っていない」   *日野晃さんのワークショップ*

9月20日・21日と神戸新長田でおこなわれている日野晃さんのワークショップに燕と参加してきました。

このご縁はまた不思議なもので、燕が「ダンスをみたい」というので広報誌を手にしたところ、コンテンポラリーダンスに属する(いわゆる現代的なふしぎダンスです)ものが新長田であることがわかり、ふたりでみにいきました。
黒い衣装の5名による舞台で「OMEDETOU」というタイトルなのですが、うつくしい・ここちよいとはまったく正反対の舞台でした。舞台をみなれていないものにとっては、まぁ・・・こういう表現もあるんだなぁと受け取りました。

そこでさまざまなチラシもあわせていただいたのですが、そのなかに日野さんのワークショップが連休中にあることを知り、さっそく二人で申し込みました。


日野さんは武道をベースとして、「意図・意識しないからだのうごき」「あたまに影響されないからだのうごき」をつたえようとなさっていたとおもいます。
ワーク自体はいろんな方法をやってみるなかで、じぶんのからだのうごき・いまなにをかんじているのか・筋肉やからだのピンポイントへの意識・からだというものをいかにわかっていないか・・・ということを知る手がかりとなったとおもいます。
そして、「相手」とのコンタクトをどうやってとるのか・つたえたいきもち(気迫)はどういうものか・「表現」とはなにか・・・・。

とても曖昧な表現になっているのは、「こういうことを目的としてやります」「こういうことを目指しましょう」ということすら明言・言及されていないからです。

なにをしたのかという「行為」を文字として書くことはできますが、その行為がなにを意図されているものかはつかみきれません。
つかみきれないのは「こうである」ということばにする時点でちがってしまっているから。
「あたま」で枠をつくってしまうから。

意識しなくても不自由なく生活できる。それに慣れきってしまっている。
じぶんでじぶんの枠をつくってしまっている。
からだはもっと繊細ですばらしいものなのに、きづいていない。しらない。おしえてもらっていない。



じぶんの受け取ったもの(からだの感覚)を客観的に観察する。
それがほんとうにただしいものかを検証する。それも観察する。
その観察もただしいものか観察する。




「いままでやったことがないのに、出来ているかできていないかの判断、どうしてできるの?!なにを根拠にそういえる自分にいつなったの?!」


「じゃれている猫をついみてしまうのは猫がなにかに夢中になっているから。それは『表出』。だからついみてしまう。でも『表現』ではない。こうみせたい、というものではない。その区別は厳密にしないといけない。」



「『立つ』をやれ。観客の前で。『立っているか』をジャッジしてもらえ」 「くさい演技をするな!」





『立つ』で「たっていない」と何度もみんなから言われました。
みんなも「たっていない」とくりかえし言われていました。
あるひとは、『立って』いました。みんながしずまりかえって時の流れがとまりました。
それは何十回みたなかでの2回だけでした。




初日は10時半から5時まで。
昨日は10時半から9時まで。
いっぱいの???と筋肉痛(階段が降りられません・・・)をのこして。



公式HPをみつけました。リンクさせていただきます。
「日野武道研究所」
日野さんの日々のことば。とてもおもくてふかいです。
「さるさる日記 日野晃のさむらいなこころ」



多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2009-09-22 18:04 | つれづれ帖*言葉の風景

あふれる音・降りくる音・うまれる音・つながる調和

先だっての日記にもアップいたしましたとおり、さずかっている「音」を表現してみたくてならなくなりました。

これまでにも神社での通常の参拝にくわえて「ひふみ唄」をその場でふってくる音のままに奏上させていただいていましたし、毎朝なにかしらをくちずさみながらの通勤。
参加させていただいているところでも唄ってもよい場面では降りくる音のままに声と手拍子で音を紡いでおりました。

福井幹さんの笛の包容力あるおだやかさと、あかるさんの舞・太鼓を拝見して、一層「笛」に惹かれました。

そして以前からきになっていた「和楽器」の専門店(神戸の下町には案外三味線などあつかっている店もあるものです)にあしをふみいれることにしました!

散歩中にも三味線のお店に笛もおいてあったのですが、「なんかちがうな~・・・」とおもい、やっぱり以前から気になっていたお店にいってみよう!と。

ものすごく、間口の狭いお店でわたしが横向きに入るのが精一杯・・・
「あの~・・・笛がほしいんです」「初心者なんですが、何かの曲を吹きたいんじゃなくて、おもうような音で演奏したいのです」・・・・どきどき・・・

まずでてきたのは学校などで体験学習としてつかわれているプラスチックの笛たちでした。
「うーん・・・」練習用としてはお値段も1000円台としていいかもしれないけれど、絶対満足できなくなるよね。

うなっていたら、いろんな篠笛をだしてきてくださいました。
藤でぐるぐるまきになっているもの。長さのちがうもの。素材の違うもの。藤でなく別の素材で巻いてあるもの。
穴の数もちょっとちがう。

笛って節が間にはいらないようにするから、そういう長さのものを探すのが大変だそうです。
それから既製品だとどうしてもおもう音がでないことがあるから、じぶんで穴をけずったり、埋めてまた穴をあけたり、自作したりするそうです。奥が深い・・・。

数日前にみくしいでたちよってくださったあかるさんつながりのまいみくさん、とみーさんが篠笛をなさっているとのことですこしご相談させていただいたら六本調子というものが一般的だとか。

決められなくてうなっていたら、燕が「六本調子のものにしたら?」といってくれました。
そうしたら、あんなに沢山あった笛のなかから一本だけ、しかも、「これかも!」とおもっていたものが残ったのです。すごいご縁です。

「それじゃぁ・・・笛を持ち歩くときの袋もおねがいします」とたのむと、これまたいろんなのがでてくる~!
菊もいいし、亀甲に七宝もいいな・・・でもでも惹かれるのはこの渋い正倉院裂のような鳳凰模様・・・
店主が「演奏されるときの衣装にあわされては?」とのアドバイスに、はっとわれにかえって、先日の巫女衣装を思い描き、鳳凰模様にしました。

さっそく袋にいれてくださって。
「女性のかたは肺活量のこととか指の長さのこととかで、どうしてもつづけにくいけれど、ぜひつづけてくださいね」とはげましてくださいました。
ありがとうございます。


カメラのかばん(といってもふつうのかばんです)からぴょこーんととびだしているなんともふしぎな姿になりました。

さっそく南側のハーバーランドの西側で練習することに。
そもそも、横笛って指どうするんだろう・・・??
というあたりからのスタートです。
まぁ、指はおいておいて、とりあえず、音をだしてみよう!
と、練習。
そのまえに燕が「吹かせて~」というので、わたしてみると音がでない・・・!
・・・・音を出すところからして難しいのかな・・・??

けれど、わたしが手にすると、しっかりした音がでるではないですか~!!!
おぉ~!すばらしい!初日にして音がでるなんて!
調子にのって穴を全部ふさいだら音がでませんでした。。。w

いくつかの穴をふさいで4音がでるようになりました。
その音たちはとてもやわらかくて、きもちのいいおとたちでした。
その音たちだけでうみだされた音の調和もとてもおだやかでした。
うみだせない音の部分は声で唄いました。
いつまでもとぎれることのない 無限の調和がつづきます。

ボイスレコーダーをまわしていて、5分だったり15分だったり・・・。
笛で音をつむいだり、唄ったり、舞ったり・・・。
舞うのは風が強かったので、目をとじたまま、風のうごきにあわせていました。
ゆっくりと・・・。

かれこれ休憩しつつ一時間ほどたのしみました。

細い声なのでどうなんだろうとおもっていましたが、枯れずに唄いつづけることができました。
じぶんの音域があっているのでしょうね。


燕がかっこいい服をみつけて立ち寄ったお店では六ぼう星のペンダントトップもあったし、きにいったかばんにもシャツにもであえました。お店の方が、笛の包みをごらんになって、「これ、かっこいいですね~。なんですか?」と。おはなししたら、「あ~、さっき聞こえてましたよ~!」って。「ストリートで演奏されているのかとおもいました~」「湊川神社で奉納されてはどうですか?」ですって。きゃ~*><*


まぁ、こんなわけで。
あっというまに念願第一ステップが叶ってしまいました!
うれしいです!

また森や海などの広いところで楽しみます~♪


笛さんと袋さんとめぐりあうことができてよかったな~!
ありがとうございます!

d0141365_22134045.jpg

d0141365_22134655.jpg
d0141365_22135393.jpg






*みてくださってありがとうございます。






多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2009-09-19 22:15 | つれづれ帖*言葉の風景

神戸・水陸両用車! 

神戸のハーバーランドの水辺で笛を吹いたり歌ったりしていたら、いつもは空いていないはずのゲートが空いていました。真ん中付近でメンテナンスしている方もいたから、そういう日なのかな?なんておもっていたら、おもしろいものをみることができました。


ときどき街をはしっているのはみたことがあるんですけれどね。
水陸両用車!
切り替えに時間がかかるようでガイドさんがおはなししておられました。
「いまからシートベルトははずしてくださいね~」「これからすすむのは海!ですからね~」「シートベルトしてたら万が一のとき船と一緒に沈んじゃいますからね~!」
おお・・・そのとおりですね!
d0141365_211834.jpg

d0141365_21181721.jpg
d0141365_21182410.jpg

「前から撮影されると迫力ありますよ~!」とのガイドさんの声に促されて前からみるとおもしろ~い!
d0141365_2119924.jpg
d0141365_2119187.jpg

あれあれ・・・見る間に発進!しかも速いし!!!
ざっぱーん!具合はユニバーサルスタジオジャパンのジュラシックパークの急流すべり並み・・・?w
かなりすごかったです。
d0141365_2121742.jpg
d0141365_21211314.jpg
d0141365_21212156.jpg

3秒後にはもうあっちに進んじゃいました。。。
はや!

でもいい瞬間をみることができてよかったです~!
波打ち際もとってもきれいでした。
d0141365_21222550.jpg


あまりの快晴におもちゃみたいな神戸の街です。
d0141365_2123328.jpg
d0141365_2123979.jpg





*みてくださってありがとうございます。




多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2009-09-19 21:24 | *風景*旅・神社など

9月5日・6日・9日の写真たち。 *楽器とサンキャッチャーなど*

9月5日 西ノ宮廣田山荘にて福井さんと小川さんの「森の響きコンサート」

出番まちの楽器たちはすでによろこんでいました。
d0141365_2039367.jpg
d0141365_2039921.jpg

そっとそえられた秋の花(リンドウとおおきなすすきのようなパンパスグラスなど)とあおい栗の実。
d0141365_20391839.jpg

ころんと寝転んできもちよ~く うつくしい音の響きにひたりました。
音がせせらぎや風や木の葉のよう・・・。


9月6日 大阪松屋町(おもちゃの問屋街です)にてあかるさんと矢加部さんの「うず」初ライブ

駅をあがると、複数の町屋が合体したなんともふしぎな建物がありました。
会場以外にも興味深いお店がいろいろあって、たのしい空間です。
d0141365_20434137.jpg

スタンバイされている矢加部さん。
d0141365_2044355.jpg

動画はユーチューブにもアップされています。
「お神楽ユニットうず 初ライブ」
「お神楽ユニットうず初ライブ(音のワーク)」
音のワークにはわたしの声も姿もばっちりうつっております。。。w
途中の「やさかいやさか」の高音がわたしですw


矢加部さんの岩笛や龍笛は不思議な音色。
あかるさんの舞はいつみても惹き込まれます・・・・。
すごいです。
龍舞は龍そのもの。
やまとたけるさまとおとたちばなひめさまの再開の唄と舞には、おもわずうれしなみだが・・・・;;

からだをうごかしてみたり、おもうまま唄をあわせてゆくことのここちよさをかんじました。


9月9日 奈良桜井宗像会館にて「999」(2009年9月9日)。神人さんのうたがたり。
主演者も豪華で「うず」「花音」「音姫」のユニットと「そよか」さんの芝居もありました。

一階にはひみつの準備がすすめられていました。
風にゆれるとかいてあるお経や祈りが世界にひろまるといわれている5色の「タルチョ」。
はやくからみなさんで準備してくださいました。
d0141365_20541666.jpg

d0141365_20543262.jpg

わたしは菊のいけばなと写真を飾らせていただきました。
みなさんが快くお手伝いくださったので、と~ってもたすかりました。
d0141365_2056871.jpg

d0141365_20563081.jpg
d0141365_20565247.jpg
d0141365_205718.jpg

まいみくさんになってくださったpanaさんのワークで参加してくださったかたがたがこの場でつくられたサンキャッチャー。とってもきれいなんですよ~!!
d0141365_20584252.jpg
d0141365_2058549.jpg
d0141365_2059248.jpg
d0141365_20592259.jpg
d0141365_20593489.jpg
d0141365_20594162.jpg

てづくりポストカードも並べられていて。
d0141365_2103995.jpg
d0141365_2105275.jpg

わたしのもこっそり?ださせていただきました。
d0141365_211227.jpg

まいみくさんのかゆこさんのてづくり石鹸とみつろうキャンドルたち。
かわいすぎます>< (以前いただいたのは、やっぱりもったいなくて。眺めてたのしんでいます)
d0141365_2142218.jpg
d0141365_2143011.jpg

第二部(お祭りバージョン)出番まちの楽器たち。
すでにわくわくしています。
d0141365_2153470.jpg
d0141365_2154957.jpg
d0141365_216025.jpg
d0141365_2161519.jpg

太鼓ってきれい。
d0141365_2164998.jpg


お祭り前にいただいたヴィーガンお弁当。お肉もお魚もつかっていません。すごくおいしいです。
d0141365_218391.jpg


このときの様子もユーチューブでアップされています。
「999神人さん歌語りライブより オープニング うず1」
「999神人さん歌語りライブより オープニング うず2」
「999神人さんライブ「ひふみ」withあかる」
「999神人さんライブ「祈り」withあかる」

そよかさん・「花音」さん「神人さん」のはまいみくさんの青丹ひめみこさんの動画で拝見することができます。
「青丹ひめみこさんの動画集」
http://video.mixi.jp/list_video.pl?owner_id=13367260

「999神人さん唄語りライブ①」にも「999神人さん唄語りライブ2」にもわたしの姿が・・・w
後半の巫女っぽいのがそうですw
わっかるっかな~???w
じぶんのうごいている姿をみることってないので、なんだか不思議です。



*みてくださってありがとうございます。


多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2009-09-16 21:32 | 雑貨・和菓子など

9月10日の空 *天竜・鳳凰・天女舞う*

9月10日の空です。

空は毎朝・毎夕見上げていて、そのときどきに感動するのですが、この日の空はこれまでにみたことのないほどすばらしい空でした。
まさに寿ぎに満ち溢れているかのような。。。


こんなにも 軽やかな 優雅な 舞
d0141365_2052896.jpg

d0141365_2054575.jpg
d0141365_2055382.jpg
d0141365_206898.jpg
d0141365_2062070.jpg

うず うず うず・・・
d0141365_2064434.jpg

ふるへ ゆらゆらと・・・
d0141365_2065468.jpg

d0141365_2072087.jpg
d0141365_2072731.jpg

夕方にもすばらしい空。
神戸の高台から海と泉南・和歌山方面の山並みがみえます。
d0141365_2083653.jpg
d0141365_2085385.jpg
d0141365_2091815.jpg
d0141365_2092758.jpg

0のかたちの雲。。。
d0141365_2015743.jpg

d0141365_20101143.jpg

天叢雲剣(あまのむらくものつるぎ、あめのむらくものつるぎ)・・・。
d0141365_20111832.jpg
d0141365_20112577.jpg

桃色にそまった天龍たち。
d0141365_20115958.jpg
d0141365_20121325.jpg





*見てくださってありがとうございます。




多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2009-09-14 20:13 |

9月5日・6日・9日にインスパイアされて。

ここ数日、すばらしい技芸にふれるご縁をいただいております。

うつくしい「音」たち。
すばらしい「舞」「身体表現」。
みんなでつくりあげる「よころび」。

以前のわたしでしたら、あんなふうになるなんて無理無理・・・。っておもっていました。


もちろん、おめにかかったかたがたのすばらしさは、長年技芸を磨いてこられた賜物です。
素直に「すごいなぁ!」「すばらしいなぁ!」って感動します。
魂に染み込みます。
そして。
その段階でとどまらず、「わたしも表現したいなぁ!!!」ってものすごくつよく感じるのです。
ひっぱられる。。。


素直に 日々ふってくる うつくしい「音」を 表現したい。
素直に 感じるものを 表現したい。
しずかな動きであっても 感じるままに からだで表現したい。
笛の「音」。カリンバの「音」。わたしのうみだす声という「音」。そういうもので表現したい。

わたしのからだを媒体として。
日々うけとっているすばらしいものを表現したい!


それは、だれかに聴いてもらうものではなくて、
「一緒につむぎあげてゆきたい!」もの。。。。


大それたこと考えてます。
夢みています。
みえています。

そのための第一歩がすでに用意されていました。
燕と二人で参加します。


わたしは無限のわたしになってゆく。


わたしはじぶんの可能性をとざさない。


わたしはじぶんでじぶんを評価しない。


うけとっているものを 素直に そのままに つたえてゆきたい。



「ありがとう」のきもちを。


「うれしい」のおもいを。


「すばらしい」のときめきを。



そのために からだを授かりました。
そのために いろいろな道と出会いがありました。

そして みちしるべがたっているのがみえてきました。
ご縁をむすんでいただいています。



わたしは わたしのねがったものに なってゆく。


わたしは ひかりとよろこびのうずをうむうずめのをとめ。







多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2009-09-14 19:57 | つれづれ帖*言葉の風景

9月9日・感謝!感謝!感謝!弥栄!!!

9月9日は重陽の節句。別名 菊の節句でもあります。

奈良の桜井・宗像会館にて、神人さんはじめ多くの方のすばらしい技芸を堪能させていただきました。

企画してくださった あかるさん ありがとうございます。
出演者のみなさん、とてもすばらしい時間をありがとうございます。
参加してくださったみなさん、いっしょにおまつりを盛り上げてくださり、心のそこから うれし!たのし!の時間をつくりあげてくださってありがとうございます。

遠方・関東からも駆けつけてくださったみなさん、ミクシイでのご縁がリアルのご縁となり、とてもうれしいです!
縁結びのかみさま、御守護してくださっているかたがた、アルクトゥルスさん、ご縁をむすんでいただきありがとうございます!


スタッフとしての参加でしたので取り掛かる前にとなりの宗像神社に参拝させていただきました。
アルクトゥルスさんとあかるさんのひふみマーチバージョンと舞(玉響バージョンと剣バージョン)をご披露いただきました。
会場にかざるタルチョ(チベットの5色の旗で祈り・経文がかかれており、風に吹かれてゆれると世界に祈りがとどくといわれています)を朝はやくからあつまってくださった皆さんでつくっていただきました。
それから、菊の節句なので菊の写真を会場のいたるところに展示させていただきました。
場所をみながら、写真を配置。両面テープで一枚づつ貼るのをお手伝いしていただきました。
あわせて、菊の「重陽の節句」の流儀花を献花させていただきました。

タルチョもそうですが、菊の重陽の節句の活け方も花をいける花器(寸渡・ずんどう)も「地」「水」「火」「風」「空」をあらわしているのですよ^^

和室の会場に1対。受付付近に「三和の筒」で一つ。あと二つは当日ご一緒したかたがおなじ嵯峨御流をされているご縁で活けてくださいました。

あわせて5束の菊の花の下準備もみなさんに手伝っていただき、(菊の葉っぱをすこしおこして、根元についている小さな葉っぱをとるのです)とーーーってもたすかりました!
小部屋は菊の香りが充満して、流儀花からあまった菊たちは用意していただいた竹かご3つにみなさんに活けていただいて。

わたしにできる精一杯のおもてなし・・・。
みなさんと一緒にできて準備の段階からとてもたのしくすごさせていただきました。
おてつだいくださったみなさん、ありがとうございます!

献花の準備におもっていたより時間がかかってしまったので、遠方からもご来場くださったみなさまとはご挨拶ばかりでゆっくりおはなしできず、ちょっと残念・・・。けれど、きっとちかいうちにまたおめにかかれるとおもいます。

菊のカードと写真の葉書、A4の写真をお求め下さったみなさん、ありがとうございます!
ブログみてますよ~!とおこえがけくださって、とてもうれしかったです!
花がよろこんでいるのがわかります~!とおっしゃってくださったかたも・・・。
うれしいです!!! きもちをことばにしてつたえてくださって、ありがとうございます!


受付の引継ぎなどで2階にあがったのは神人さんの唄かたりのときからですが、下でもみなさんの技芸を拝聴しておりました。
神人さんの唄は、何度うかがってもここちよくて、しぜんにからだがゆらゆらします。
唄のあいだのおはなしも、こころがこもっておられてすぅっとしみこんでゆきます。

第一部はしずかなバージョンでしたが、第二部はこっそり準備したお部屋で神人さんに感謝の気持ちを伝えるお祭りバージョンでのサプライズおもてなしでした^^
みなさん、ばばっとそれぞれおもちになった衣装に着替えて・・・。
わたしは巫女バージョンで♪

うたっておどって、合いの手いれて・・・!
お祭りモードは際限なく うれし!たのし!あっぱれや~!で満たされました~!!!
鳴り物を手にしたり、即興で舞ったり・・・。
5色のタルチョも華やかで、みなさんが手作りされたサンキャッチャー(きらきらひかるのです)もとてもうつくしく、和太鼓の音は魂をふるわせ。。。部屋をぐるりと菊の写真がめぐらされていて。菊も飾られていて・・・。

あかるさんの思いとみなさんの思いが実現して、高めあっていて、ものすごくきもちよかったです!

神人さんのおくさま・かなこさんがご準備くださったヴィーガンカレーと焼き鳥もどきとデザート・・・。
ヴィーガンってお肉をつかっていないお料理のことです。
でも焼き鳥もどきは焼き鳥風味だし、カレーはぜんぜん気づかないくらいおいしくて・・・。
作り方をうかがって、いっぱいの愛のつまったお料理だとわかりました。
おいしかったです~>< ありがとうございます!!!


献花した菊たちは、またスタッフのみなさんにお手伝いいただいて、記念に参加してくださったかたがたにお持ち帰りいただくことができました。
うれしたのしの音魂・言霊にふれた菊たちをお渡しすることが出来てよかったです。

すこし駅から離れております上、花器などの荷物があったので、車でおくっていただきました。
途中で宅急便でおくって・・・。持ち帰る荷物のことをすっかりわすれてしまっておりました><
身軽で帰ることが出来たので、おもっていたより乗り継ぎよくかえることができたのですが・・・。
荷物たちも別便でおくっていただく手配をしていただき、ありがとうございます。


あかるさん、すばらしい企画とご縁の場を準備してくださってありがとうございます!
舞もじつにうつくしかったです!


今日の空は寿ぎにみちた空でしたよ~♪
空の青に舞い踊るようななんともうつくしい雲たち・・・!
朝と夕のどちらにもみることができました。
またアップしますね。

近くの熊野神社にてご挨拶とご報告。さっそくひふみマーチバージョンと玉響バージョンを捧げさせていただきました。そしていつものごとく降ってくる音魂たちも。。。
すばらしい菊たちを準備していただいたお花屋さんにもご挨拶にうかがったのですが、お留守のようでした。
扱い方などを丁寧におしえてくださり、じつに活けよい菊を揃えて頂いておりました。ありがたいことです。


感謝!感謝!感謝!の9月9日でした。
みなさま、ほんとうにありがとうございます!!!



月下  桜








多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2009-09-10 20:13 | つれづれ帖*言葉の風景


心惹かれた素敵なものたちを一緒に楽しんでいただけたらうれしいです。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
メモ帳
多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ

いつも応援ありがとうございます。

*『お散歩かめら塾』はじめます。詳細・お申し込みは「告知」のカテゴリーからよろしくおねがいします。

*タグ・カレンダー(さかのぼってみることができます。日を指定するとその記事をみることができます)は、項目がリストになって、見たい記事を選んでみることができます。
*カテゴリーは、最新の記事から順にすべてのページが開きます。

*神社・旅行の記事は風景にはいっています。

いままでの記事・写真はこちら。
「月下 桜 の 世界」

お時間のあるときに、のんびりしていってくださいね。

*私のブログ*
「月下  桜 の つぶやき。」
「ひかりのことば」
「関西 てくてく・もぐもぐ」

『光りは内にあり』
惟神霊幸倍坐世〓彌榮〓
かんながら たまちはえませ

神のように天に恥じない行動と言葉でもって動きます。さらに人智では及ばないところは、よろしくお導きくださいませ。

タグ
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
月下  桜さんの歌
from 麦太朗の題詠短歌
鑑賞:003「助」(トラ..
from a swallow unde..
鑑賞:002「一日」(ト..
from a swallow unde..
鑑賞:001「笑」(トラ..
from a swallow unde..
中秋の名月
from PIPEDREAM別館
【鬼の腕・宗旦槿(そうた..
from 妙花抄(三)
アガパンサス
from ずっと大分が好きだ
ライフログ
お気に入りリンク♪
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧