*月下  桜 の 世界*



<   2010年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧


わたしのしごと *喜びの世界に生きていることを表現しつづけます*

わたしのしごとは

授かったこころとからだをつうじて

いま 存在している環境を

魂の底から味わい、楽しみつくすことです。

美しいもの・楽しくてわくわくすること・

よろこびで嬉しくて涙ぐんでしまうこと・

新しく知った感覚のおどろきと感動。

わたしも、わたしの愛する大切な人も 人たちも

今 一緒に存在しているものたちすべてをも

いとおしくて いとおしくて

ぎゅうと抱きしめたいのです。

変化してゆくすばらしいことを

たとえば 写真であったり

こうした文であったり

短歌であったり

絵であったり

即興の歌や舞いであったり

方法はいろいろあっても

「せかいはこんなにすてきだよ!」と

表現しつづけていくのが

わたしのしごとです。

天職です。



このせかいに うまれてきて 

よかった!

うれしい!

ありがとう!


そういう こころの底から

安心して 笑顔になっている状態を

どの瞬間も選び取っていきます。


わたしは

よろこびのせかいに いきていることを

表現しつづけます。

そのために

うまれてきたのです。



 2010年7月31日


         月下  桜
[PR]
by tsukisitau | 2010-07-31 18:12 | つれづれ帖*言葉の風景

アクリルの白いコートを汚す雨 好きってそういう意味じゃなかった   野口あや子

     アクリルの白いコートを汚す雨 好きってそういう意味じゃなかった    野口あや子




わたしの見た風景です。





大学生~社会人20代後半の女の子。



一応、言っとくけれど、つきあったりしたのははじめてじゃないよ。
告白されて、「うん」っていって、一緒にでかけたり、美味しい店雑誌で探してふたりではいってみたり、
雑貨店で「これ、いいよね」ってわらいあったりしたこともある。それって、デートだよね?
きらいじゃなかった。ふつうでもなかった。
一緒にいて楽しかった。
そういうのが、「好き」なんだとおもってた。


でも、それは「好き」なんじゃなかった。


どきどきして、ときめいて、姿をみかけるだけでも声をきいているだけでも、
おなじ場所にいるだけでも、そのことをおもいだすだけでにやけて幸せになれちゃうくらい「好き」になった。
だから、告白した。
OKもらった。
死んでもいいっておもう位、うれしかった。







つきあうって、どういうことかわかってなかった。
ちょっとした物言いで気まずくなって口を利かなくなる時間とか、
どうやってあやまれば、そもそも、何におこっているのかわかんないっていう、
つらいつらい拷問みたいな時間があることとか。


本当は、本当は、わたしのこと好きっていってくれているけれど、
私にあわせてくれているだけなの?っておもったり。
そもそも、わたしのどこが好きなの?
自分でも自信ないのに。
他の人のことを好きになっちゃったりしたらどうしよう。。。
やめて!わたしを選んで!!って言えるかな。
まっすぐ言える自信がないよ。。。






うわっつらを装っていることに気がついてしまった。
つるつるの、すこしの汚れなんてすぐにおちてしまうアクリルの。
なんにもしらない、真っ白なコート。
そういうのを、装って、いままで生きてきていたこと。


汚れないって、いつまでも真っ白だとおもっていたアクリルの白いコートも雨にぬれたら汚れるってこと。


涙の雨。
後悔の雨。
怒りの雨。
不安の雨。



雨ってぜんぜんきれいじゃなかった。
好きもぜんぜんきれいじゃなかった。





(2010/07/28)




*よんでくださってありがとうございます。




多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2010-07-30 09:53 | *短歌の世界*

百合 *いちごのかきごおり*

いちごのかきごおりのような百合です。


すべてが夢のようにとけてしまえばいいのに。
d0141365_21464934.jpg
d0141365_2147034.jpg
d0141365_2147678.jpg
d0141365_21472096.jpg

そう。すべてが。
d0141365_21472747.jpg





多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2010-07-27 21:48 | 夏の鉢花

指からめあふとき風の谿は見ゆ ひざのちからを抜いてごらんよ  大辻隆弘

    指からめあふとき風の谿は見ゆ ひざのちからを抜いてごらんよ   大辻隆弘



私の見た風景です。


先日、『ハウルの動く城』を観たからでしょうか。
お年頃の男女二人が指をからめて立って風景を眺めているとおもったら、
ふわりと空へと浮き上がるイメージです。
ちょうど、ソフィーがハウルに肩に手をまわされたまま空を歩いてバルコ
ニーにふわりと降り立つような。

それから、天空の城ラピュタで、パズーとシータがグライダーにのって懐か
しい故郷へ滑空してゆくような。
そういえば、その前の「バルス!」の破壊の呪文をふたりでとなえるとき
も、指を絡めあい、ラピュタは崩壊し、世界樹とふたりはぐんぐん空へと昇
っていくんでしたよね。

加えていえば、風の谿(かぜのたに)といえば、ナウシカでしょうか。
彼女もメーヴェという軽飛行機を操縦しますが、機械に乗っているのでは
なく、風になっている感じですよね。
最後の場面でもこどもたちにグライダーを教えていました。
そういう風景が最初にみえました。

それからシャガールの浮遊する恋人たちの姿。






指を絡めあうふたりは、おなじ方向・おなじ気持ちで立っている。
無心に。
ただ、一緒の時空間を共有しているだけで満ち足りている。
視線は地平線や空を、みているのではなくて、
「風の谿」かぜのたに、すなわちとても開放的でここちよい地点に二人で
立っている。

お互いの存在がおなじ温度で溶け合うように。


ひざのちからを抜いたらどうなるか。



かっくん、ってなる。
そしてからだは反射的に斜め上に伸び上がる。
そう。
空にむかって。


ふたりだったら、なんだってできる。
なんだって、できるんだよ。






*よんでくださってありがとうございます。



多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2010-07-27 21:40 | *短歌の世界*

写真と短歌の世界のことのご挨拶。

ご無沙汰しております。
このごろ、暑いですね~!!!
すこしまえには、土砂降りでとても撮影どころではなく、
梅雨明けになると一気に夏になってしまって、
暑過ぎてあまりお花の写真をとることができていません。
写真を撮るにはかなり日差しがきつすぎるのと、花たちがものすごく疲れちゃってるんですよ~;;
しかたないですね。

昨年に撮ったものたちや空や猫たち・横浜での写真などがたくさんありますので、
ぼちぼちご紹介してまいりたいとおもいます。


*短歌の世界* ~わたしの見た風景~は、
夫:瀬波 麻人から「御題」の歌をだしてもらうことにしました。
できるだけ季節にあったものをとおもっています。

まったく歌人さんの時代背景など考慮せず
(普通はこういう私生活があったから、こういう気持ちで詠んだんだろうとか
考証するみたいなんですけれど。。。)
桜ワールドでたのしんでいきたいとおもいます。

今後とも、どうぞよろしくおねがいいたします。




多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2010-07-26 20:34 | つれづれ帖*言葉の風景

梅雨明けの空をうつしたみずたまり間違ったことしてみたかった  瀬波 麻人

   梅雨明けの空をうつしたみずたまり間違ったことしてみたかった   瀬波 麻人






わたしのみた風景です。




中高生の学生~30台社会人。



あんなにどんよりとした空と降り続いていた雨はどこにいってしまったんだろう。

一気に夏が来てしまった。
すべてに色が戻ってきてしまった。
眩しい。
木々の緑も。
青色に輝く水溜りも。
漆黒のアスファルトさえ。
眩しすぎる。


どんよりとした梅雨の間になら、いつもはできない『もやもやとして考えていたこと』、
そう、押し込めるしかない気持ちとかぐちゃぐちゃの感情とか出せたような気がする。
出しても雨がまた何事もなかったように洗い流してくれる。
どんよりしたこころも雲に紛れ込ませてしまえる。


そういうことに気がついたのは、つきぬけるような青空の下にさらされたからだろうけれど。






多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2010-07-26 19:36 | *短歌の世界*

『ハウルの動く城』 考察その1 *掃除の効力* 

先日、夫がツイッターにて「『ハウルの動く城』やってるって」といったので、観てみようとテレビをつけました。
どのチャンネルかわからなかったけれど、つけたら丁度はじまりました。

『ハウルの動く城』は一度みたことがあったんだけれど、そのときは背景のほうにみとれていたり、ソフィの容姿の変貌にとまどったり、ストーリーにとまどったりして、正直よくわからなかったけれど、昨日みたときはいろんなことを感じ取ることが出来ました。

夫は「たぶん、開始15分で寝るとおもう」という宣言どおり、開始5分で熟睡。
そして一度も朝まで起きなかったw

わたしは見終えた後、いろんな場面をおもいだして、いろんなことが繋がって、2時間くらい目が冴えていました。

翌日、夫が「『ハウル』どうだった?」とたずねてくれたので、いろんなことを言葉にすることができました。
夫はとても興味深く聴いてくれて、「それ、ブログにかいてよ」といってくれたので、書いておくことにしました。
ありがとう。




宮崎アニメのなかで連なっていることがいくつかあるなぁっておもう。
女性(女の子)の芯のつよさだったり、それをまもるための男の子の超人的な力や無鉄砲さだったり。
ラナとコナン(未来少年コナン)、シータとパズー(天空の城ラピュタ)、ソフィーとハウル(ハウルの動く城)。


女性は困難に直面したとき、まず手がけるのが「掃除」。

シータも女海賊ドーラの船に乗り込んだあと真っ先に手がけるのがキッチンの掃除。
まー・・・おとこやもめにうじがわく、とよくいったもので、ラピュタにしてもハウルにしてもハンパじゃない状態。
だからこそ闘志が湧くというか、のめりこむというか・・・。
そういえば(千と千尋の神隠し)の千も掃除をばりばりしてたなぁ。あれは強制的にだけれど。
キキ(魔女の宅急便)もおとうさん(トトロ)も掃除の場面があった。

掃除するってことは、自分の居場所・領域を獲得することになるんだよね。
物を片付けるとき、仕舞うとき、じぶんの使い勝手のいいように配置する。
空間と物をじぶんの支配下に置く、という行為だとおもう。

わたしも家をはじめ、新しい職場や部署に行ったときに最初にするのが「掃除」。
どこになにがあるのか、じぶんのなかでマップをつくりあげてる。
そうすることで、「ひとの場所」だったところが「じぶんの領域」になって、
ぐんと居心地がよくなるし、じぶんを発揮することができるようになる。

掃除は目に見えて結果がでるし、達成感を味わうことが出来る。
無心になってやるから、直面している困難すら傍らに置いておくことが出来る。
いろんなことを考えない。
必要のないものは捨てる。シンプルになる。身軽になる。
神社でもお寺でも掃除が日課の大切な割合をしめているけれど、
掃除という行為をつうじて、じぶんのこころを磨き上げている修行なんだとおもう。
そういうことを女の人はさらりと行う。


宮崎監督はきっと女性の懐の大きさに感動してるんじゃないかなぁ。
何気ない行為すべてが意味があって、愛であることに。




(ながくなるので、何度か分割しながら続きを書きますね)



多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2010-07-18 21:49 | つれづれ帖*言葉の風景

バラ 長居公園 「ディスティニィ」

「ディスティニィ」

ディスティニィってユーミンの歌にあったなぁとおもいつつ、なんだったっけ?とおもっていたら
「(かならずそうなる神によってきめられている)運命」でした。



すべての存在が意味のある尊いものであること
d0141365_20165216.jpg

己以外の他に出会うために 生まれてきている。
それが 運命。
d0141365_2018279.jpg

たとえそのときにはわからなくても、たとえ今生でわからなくても かならず意味をもつ。
d0141365_20192483.jpg

d0141365_20194228.jpg

d0141365_20194853.jpg





*みてくださってありがとうございます。



多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2010-07-15 20:20 | 薔薇

電話口でおっ、って言って前みたいにおっ、って言って言って言ってよ 東直子

 電話口でおっ、って言って前みたいにおっ、って言って言って言ってよ   東直子



わたしのみた風景です。



ちょっと親しくなりはじめた彼んちに「用事があって」電話する。
もちろんおたがい「すき」とか告白なんてしていないよ。
ちょっときになってきただけだもん。
おかあさんでたら緊張するなぁ。。。やだやだ><
プルプルプル・・・
プ。
あ、つながった。
「あ、あの、00大学でご一緒しています東ともうします。00くんは・・・」
「ご在宅でしょうか」って言おうとしたとき。


「おっ」
あ、彼の声だ。
あぁよかった。お母さんじゃなくってw
それに「おっ」って、なんだかわたしからの電話がうれしいみたいじゃない?w
実はかかってこないかと期待して待ってたみたいじゃない?w
なんか、うれしいな。わたしからの電話、よろこんでくれてるんだ。



・・・・・・・・・



いまはさ、お互い好きって告白しあってつきあっちゃってるし、待ち合わせたり
電話かけあったり、メールしたりしてるんだけど。
もうそういうのが日常になっちゃってるんだよね。
携帯だったらお母さんがでることもないしさ。
だから、あのとき緊張してかけた電話にうれしそうにでてくれたのがとってもうれしかったの。
とってもとってもとってもうれしかったんだ。
いまになって、あのときのどきどきしたきもちが新鮮に感じちゃうこともあるんだよね。
うん。またききたいな。
どういうふうにしたら言ってくれるかなぁ~。。。ちょっと作戦考えておこうっと。




こんな風景です。

わたしは「おっ」の歌が好き。
「言ってよ言ってよ」っておねだりしているのも「おんなのこ」だなぁっておもうし。

しかし、東さんの歌は難解なものが多いです><
このごろは小説もかいておられるそうで、きっと東さんワールドがあってこそ、エッセンスが短歌という形になっているんだろうなぁっておもいます。


(2008年12月03日)



*めっちゃわたしワールドなものをお目通しくださってありがとうございます。

そろそろ蓄積してきたのがなくなってきたので、また難解かつイメージ・ものがたりのうかぶ歌を探してまいりたいとおもいます。
「この歌からどんなものがたりがみえる?」という歌がありましたらぜひご紹介くださいませ。(非公開メッセージでおねがいします)



多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2010-07-15 20:03 | *短歌の世界*

バラ 長居公園 「チャールストン」

「チャールストン」



いきていれば いろんなことも あるよね
d0141365_19555666.jpg
d0141365_1956728.jpg

泣きたいときは 泣くといい
d0141365_19564840.jpg

我慢するから くるしくなるんだ
d0141365_19571933.jpg

ほら、どんどん軽くなるから
d0141365_19574598.jpg
d0141365_19575481.jpg

泣きながら 笑えるときがくるよ
d0141365_1958321.jpg





*みてくださってありがとうございます



多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2010-07-07 19:59 | 薔薇


心惹かれた素敵なものたちを一緒に楽しんでいただけたらうれしいです。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
メモ帳
多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ

いつも応援ありがとうございます。

*『お散歩かめら塾』はじめます。詳細・お申し込みは「告知」のカテゴリーからよろしくおねがいします。

*タグ・カレンダー(さかのぼってみることができます。日を指定するとその記事をみることができます)は、項目がリストになって、見たい記事を選んでみることができます。
*カテゴリーは、最新の記事から順にすべてのページが開きます。

*神社・旅行の記事は風景にはいっています。

いままでの記事・写真はこちら。
「月下 桜 の 世界」

お時間のあるときに、のんびりしていってくださいね。

*私のブログ*
「月下  桜 の つぶやき。」
「ひかりのことば」
「関西 てくてく・もぐもぐ」

『光りは内にあり』
惟神霊幸倍坐世〓彌榮〓
かんながら たまちはえませ

神のように天に恥じない行動と言葉でもって動きます。さらに人智では及ばないところは、よろしくお導きくださいませ。

タグ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
月下  桜さんの歌
from 麦太朗の題詠短歌
鑑賞:003「助」(トラ..
from a swallow unde..
鑑賞:002「一日」(ト..
from a swallow unde..
鑑賞:001「笑」(トラ..
from a swallow unde..
中秋の名月
from PIPEDREAM別館
【鬼の腕・宗旦槿(そうた..
from 妙花抄(三)
アガパンサス
from ずっと大分が好きだ
ライフログ
お気に入りリンク♪
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧