*月下  桜 の 世界*



<   2010年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧


イルミネーションin東京。

あっというまに年の瀬です~。
はやいです!
今年もいろんないろんなすばらしいご縁をいただきました。
おとずれた先で最高のできごとがおこり、
おとずれた先でつぎのたのしい予定がきまってゆく、ということの連続でした。
ありがたいです。
ありがとうございます。


東京のイルミネーションです。
六本木ヒルズの展望台より。
53階だったかな?エレベーターで耳がきゅぅっとなりました。
d0141365_23233398.jpg
d0141365_23234275.jpg

d0141365_23432760.jpg

同時開催されていた森美術館の作品展は、
かなり刺激的で感触としてはきもこわいかんじでした。
なかには気配を表現したものや、骨の幾何学的な造型物などはうつくしいとおもいました。
スカイプラネタリウムも開催されていて、ふたりづれにまぎれながらひとりで鑑賞していました。
宇宙をあるくような、というコンセプトで、なかなか興味深かったです。
なかでも、宇宙のはじまりのところへぐーーーんといって、
そこからまた地球へひゅーーーんともどってくるのが感動しました。
きっとうまれるときはあんなふうにしていのちをわけていただいているのでしょうね。

東京ミッドタウンのライトアップです。
d0141365_23293976.jpg

「ロマンチストおじさん」。
そう、ロマンチストおじさんたちがうみだしてくれているのですよね。
ワイングラスのような電飾。
d0141365_23304716.jpg

蛍が宿る樹みたいです。
d0141365_23314110.jpg

さっきみてきた宇宙を眺めているような。
d0141365_23332467.jpg

d0141365_23333523.jpg
d0141365_23334674.jpg
d0141365_2333557.jpg
d0141365_2334776.jpg
d0141365_23343288.jpg
d0141365_23345338.jpg
d0141365_2335727.jpg
d0141365_2335178.jpg
d0141365_23355433.jpg

このあかりを みてほしいとねがったひとがいる。
d0141365_23371066.jpg
d0141365_23372428.jpg
d0141365_23374710.jpg

ひとりがつたえて かたちにしてくれた。
d0141365_233805.jpg

いま うけとりました。
d0141365_23402568.jpg

ありがとうございます。





*みてくださってありがとうございます。





多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2010-12-30 23:41 | *風景*旅・神社など

メリー*クリスマス! 昨年横浜でお見かけしたクリスマスのお花たち

昨年横浜の異人館にたちよりましたら、丁度クリスマスのお花をかざっておられました。
全部造花ではあるんですけれど、ものすごくきれいでしたので、撮影させていただきました。
そのときにアレンジの教室のパンフレットもいただいていたんですが、引越しでどこかに埋もれてしまってます。
先生、ごめんなさい;;

d0141365_20124628.jpg

d0141365_2013239.jpg
d0141365_20133425.jpg
d0141365_2014539.jpg
d0141365_20142369.jpg
d0141365_20143554.jpg
d0141365_2014425.jpg
d0141365_20151751.jpg
d0141365_2015405.jpg
d0141365_2015475.jpg
d0141365_2016063.jpg
d0141365_20163574.jpg
d0141365_2017076.jpg
d0141365_2017743.jpg
d0141365_20171378.jpg
d0141365_20173035.jpg
d0141365_20173971.jpg
d0141365_20175411.jpg
d0141365_2018251.jpg
d0141365_20184359.jpg

オリーブをくわえた鳩。
d0141365_20191244.jpg

おとなになったあなたのところにもトナカイさんはむかっていますよ。
d0141365_20194473.jpg

おおいなる祝福に 感謝。





*みてくださってありがとうございます。




多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2010-12-24 20:20 | *風景*旅・神社など

メリー・クリスマス! *神戸と東京から*

東京に行ったときに見かけたクリスマスのディスプレイです。



神戸空港にもツリーが沢山ありました。
いろんな団体の出品のようです。
d0141365_19383730.jpg
d0141365_19385191.jpg
d0141365_1939518.jpg

空港ならではの飾りも。
d0141365_19394649.jpg

神戸のポートタワー周辺の風景もあります。
d0141365_19401085.jpg

手作りのおいしそうなケーキのツリーもありました^^
d0141365_19405618.jpg

バナナもそっくり!
d0141365_1941432.jpg

空港もクリスマスのオーナメントやポンセチアですっかりクリスマス。
d0141365_19422517.jpg
d0141365_1942343.jpg
d0141365_19424343.jpg

いろんなポインセチアがあるんですね~。
d0141365_1942514.jpg


こちらは東京。
夜景をみに六本木ヒルズに入るとこんな楽しい雰囲気になっていました。
ドイツの風景を再現しているそうです。
クリスマスのかざりものやオーナメントなどばかりあつかうおみせと、
ソーセージやドイツビールをたのしめるスタンドがにぎわっていました。
(やっぱり列ができてました^^)
d0141365_19452917.jpg
d0141365_19453878.jpg
d0141365_19455029.jpg
d0141365_19461615.jpg
d0141365_1946276.jpg

クリスマスの飾り物も木だったり藁だったり、とても素朴なものもおおくて、なごみます。
d0141365_19463796.jpg

これはろうそくの焔であたためられた気流でまわるんですよ。
d0141365_1947426.jpg
d0141365_19475192.jpg
d0141365_1948412.jpg

展望台にはツリーがあり、東京タワーと一緒に撮影するのに列が出来ていました。
d0141365_19491332.jpg

こちらは東京ミッドタウン内のディスプレイ。
クラッカーになっています。
d0141365_19503535.jpg
d0141365_19505590.jpg
d0141365_1951996.jpg
d0141365_19511995.jpg

浮遊する球体がおもしろいです。
d0141365_19513910.jpg

吹き抜けをみおろすと。
d0141365_19525561.jpg

d0141365_1952777.jpg

これはいったいなんでしょう。
d0141365_19523647.jpg

下からみると。
d0141365_1954869.jpg
d0141365_19542296.jpg
d0141365_19543164.jpg

サンタクロースさんがいっぱい!
d0141365_19544455.jpg

そのまわりには。
d0141365_1956344.jpg
d0141365_19561457.jpg
d0141365_19562234.jpg
d0141365_1956326.jpg

シックなディスプレイもすてきです。
d0141365_19571015.jpg

東京駅周辺にて。
d0141365_19574894.jpg
d0141365_19575737.jpg
d0141365_1958833.jpg
d0141365_19581717.jpg

トナカイさん、出発前にくつろいでいます。
d0141365_19584222.jpg
d0141365_19585074.jpg
d0141365_19591852.jpg
d0141365_19592883.jpg
d0141365_19594525.jpg
d0141365_19595323.jpg
d0141365_2001293.jpg

だれかのもとへおくられるポインセチアたち。
d0141365_2003953.jpg
d0141365_2004880.jpg
d0141365_201610.jpg
d0141365_201159.jpg
d0141365_2012338.jpg
d0141365_2015051.jpg

めりーくりすます!
d0141365_2022955.jpg

このよに存在するすべての存在に ありがとう。
ありがとう ありがとう ありがとう
こころおだやかに すごせますように。






*みてくださってありがとうございます。



多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2010-12-24 20:04 | *風景*旅・神社など

東京の展覧会 *ゴッホ展と現代作家と書道とか*

東京ミッドタウンの3つの美術館は月曜日も会館しているといういい美術館たちです。
ほんとうは月曜日に3つともめぐろうかと計画していたのですが、
気が変わって土曜日にいけるところまでいこうとおもいたちました。
宿もこの近くなので、のんびりできます。

北西の方角に国立新美術館。
この建物自体が現代アートだとおもわせるなんともシュールな外観です。
d0141365_22352983.jpg

あそんでみましたw
こっちむきが正解です。
でもひっくりかえっていてもおもしろいとおもうんですよね。
d0141365_22354158.jpg


企画展が開催されており(いまはおわったかな?)
「わたしはこうしてゴッホになった」というのが開催されていました。
ゴッホの作品は目にすることがあっても、
どうも狂気がかっていておそろしげにみていましたが、
まぁこれも縁かとおもいみてみることに。
荷物はおおきかったので、「こちらであずかります」と。
たすかります。
「30分まちです」といわれ、列にならびます。
東京のひとたちは並ぶのになれているみたいです。
そして列のあしらいもなれておられるので、おもったよりも早く入場できました。
(入場するまでデジカメで建物を撮影していたのも楽しかった!)
d0141365_2237339.jpg
d0141365_22371461.jpg
d0141365_22373652.jpg

(これもよこむいています。とかかなければ、そういうものか、とおもうでしょう~)
キリコの世界みたいな色彩と遠近で超シュール!
d0141365_22385998.jpg

d0141365_22391158.jpg
d0141365_22392617.jpg

人が風景になる場所。
d0141365_22395116.jpg
d0141365_22401331.jpg
d0141365_22402338.jpg
d0141365_22404227.jpg
d0141365_22404849.jpg


ゴッホの歴史とならんで、同時代で活躍、影響をおよぼしていた画家たちの作品や
それを模写したゴッホの作品・習作・デッサンなどが並びます。

ゴッホって、じつはものすごくものすごーーーく几帳面。
まじめの直方体ってかんじでした。
まずはデッサンを模写してミレーの農夫たちをくりかえしえがいて線を得る。
そのつぎには色彩の及ぼす効果を印象派やその周辺から学び取る。
手法が違えども、いろんな実験をキャンバスのなかでくりかえしている。
黄色一色(といえど、黄色にもいろんな黄色があるんですが)でやってみた額縁まで黄色の手作りの
作品もありました。

弟さんとの書簡のやりとりも随所に紹介されていました。
やっぱりまめまめな人だよねぇ?

ゴーギャンをまちわびていた部屋も復元されていました。
すんごくたのしみにしていたんだろうなぁ。
恋人をまつよりももっともっと。

そのあとの作品も、病院で描いた作品もみました。

狂っている、というより、几帳面でまじめすぎたんだとおもう。
実直で絵を愛していて、でもやっぱりだれかに認めて欲しくって、
しかたがなかったんだとおもう。

帰宅してから別の話で川上未映子さんの本『そら頭はでかいです、世界がすこんと入ります』を
瀬波がだしてきて
奇しくもひらいたページは「ゴッホにゆうたりたい。」
涙涙。。。
関西弁でゆうたりたい。めっちゃいうたりたい。
だから、こっそりいうたった。
ゴッホの絵をみたときにもこわがらんと、ちゃんといおう。
きっとどっかでつながっているってしんじてる。


みおわってからもう一つの作品展をみにいった。
前衛的な表現でいいなとおもうものもあれば、そうか、とおもうものもあった。
そのときどきのうけとりかたでいいとおもう。
立体の作品が多かったから、いろんな場所からながめてたのしかった。
ものすごく大きい作品もおおくて、
つくるのはもちろん、保管とか、運ぶのとか、展示とか、そのあとのこととか、
どうするんやろうとふしぎになった。
よのなかにはわからんことがまだまだあるねぇ。

とくにきにいったのは、この作品。(表に張ってありました)
d0141365_22552475.jpg

日本画の色彩と手法をいかしながら、ものすごくおおきく、ものすごくミクロの世界を
すごくいつくしんで描いているってわかる。
水辺の風景。
これは金魚ちゃんがおよいでいるのに桜の花びらが一面に散っているんだけれど、
壁だけでなくって、足元にもおいてあって、ちゃんと桜のはなびらのかたちをした薄紙が
はらはらと散っているんだよ。

もう一つの作品は水草(睡蓮の葉っぱかなぁ)の上に蝶や蜻蛉がとまっていたり、
水の中をおたまじゃくしやめだかがおよいでいたり。
水面にはかえるや亀が顔をだしていたりするんだよ。

たのしいねぇ。
こういう世界はとっても安心する。
いごこちがいい。
春ののどかな雰囲気もすきだし、
ちいさなちいさないきものたちのいのちのいろいろもいとおしい。
水辺にはいってゆくことはできないけれど、
まるで池のなかにつったっているみたいにしてすごすことができるんだよ。
わたしのまわりで金魚ちゃんがおよいだり、かめさんがぬぅっとくびをだしたりするんだ。
ね、たのしいねぇ。

であえてよかったなぁっておもう。


あとは絵画の作品展が二つ。
ざっとみました。

もう二つは書道展。
まぁ、書道っていってもきっとおおきな大会の作品群なんだろう。
まるでこの世にあるだけの(といえばおおげさだ)漢字・かなの展示会みたいだった。
わけいってもわけいっても書の森。。。。

書もつきつめれば白黒の線の美だから絵画っぽいのももちろんある。
いかにも、書道!っていう縦書き3行の漢詩なんかもあるし、
巻物にさらさらと(きっと全神経を張り詰めているんだろう)かきちらしたほそいほそいかな文字もある。
古代中国の象形文字っぽかったり、篆刻や、なんかへたうまみたいなフォントの漢字があったりして、
あぁ、わたしはこういうのが好きだなぁとおもったりした。
写真、とってきたらよかったなぁ。
なんかもう、くらくらして、写真とる気分にもならなかったのです。

せっかく文字なのに、漢詩もかなも意味がわからない、というあたりが
学のないところで、かなしいです。
いい・わるいの見極めよりも、この文章にあった感じ(漢字)であるかどうかをみたいのにねぇ。
横に書いてあっても、つまりはなにをいわんとするのかがわからないという浅学・・・。
かなしいをとおりこして、日本人としてさみしくて、
わかってあげれんくってごめん!とあやまりたい気分になって書の森を後にしたのでした。





*みてくださってありがとうございます。一日目は三分の一くらいすみました。
まだまだおたのしみはこれからです。





多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2010-12-22 23:08 | 美術館・展覧会

東京の風景 *シュールな日常*

先週末は東京にでかけていました。
目的は日曜日の午後からの「コスモス」短歌会のあつまりだったのですが、
いつものごとく、桜印のオプショナルツアーも充実しておりました。

土曜日の朝に神戸空港から出発。
泉南(関西国際空港方面)までみえます。
天使の梯子(雲の切れ間からひかりがカーテン状にさすこと)も雄大です。
d0141365_20511730.jpg

このくらいの天候なら富士山にまみえることができるはず。
下の地形は地図そのもの。
頃合をみはからって観察していました。
みえた~!
d0141365_20521844.jpg

東京にむかうときには、かならずむかって左側の2席です。
なぜなら富士山がみえるから!
右側だったらみえないですからね。
(座席指定するまえも5回くらいはおなじ座席だったのはありがたいことでした)
この位置からの富士山が一番すきです。
d0141365_20535874.jpg

なごりおしいなぁ。。。
d0141365_20542157.jpg

富士山は冠雪しているのがやっぱりうつくしいなぁっておもいます。

左隣のご夫人はお孫さんの結婚式に出席なさるとか。
いままでは新幹線ばかりで、飛行機がはじめてだったそうです。
富士山がみえていることをおはなしすると、いたく感激してくださいました。

この日は雲と太陽の位置の条件がよく、彩雲も沢山みることができました。
また、自分を中心に太陽光が環になってとりかこんでもらえるという
ブロッケン現象も数秒にわたってみることができ、(普通は高山で稀な現象です)
なんともびっくりしました。

びっくりした顔。
d0141365_20575373.jpg



予定はおおまかにきめていたのですが、臨機応変に。
とりあえず国立能楽堂へ向かいました。
まさか東京にきてまで観能することになるとはおもいもせず。
いや、おもったからこそみることができたんですが・・・。

千駄ヶ谷(せんだがや)という駅名がよめず、「ちだがやぁ?」と駅員さんにきいてしまいました。
まず駅が多すぎて、さがしだせないんですよね。路線図から。
きいたほうがはやいです。

山手線というのもふしぎで、山らしき山はないのに山手線。
大阪らしく環状線というのが東京っぽいのにね。
しかも駅名は古風です。
東京ってシュールなまちです。

のりあわせた(おそらく高校3年)の男の子ふたりがずっと他人の勉強の進み具合や成績のことを
話していました。
東京ってなまりがないとおもってたけどおおまちがいですよ。
東京弁ってしっかりあります。
やーい。東京弁。
(いや、ほめてるんです。)
それにききみみをたてて、逐一携帯でメモをとる。
たのし~♪

駅についたら何よりもマンホール。
発見。
d0141365_2153454.jpg

やっぱり顔みたいなマンホール。
d0141365_2160100.jpg

桜に紅葉。桜に銀杏とは風流ですね。
d0141365_2162823.jpg

とはいえ、これ以上のめずらしい東京らしいマンホールもみあたらず。
京都も御所車の車輪ばかりでしたが、東京もいろんな事情があるのでしょう。

しばらくあるいていくと、喫茶ルノワール。
d0141365_217289.jpg

はじめて入るのに、なんでか知っている名前。。。
あとでおもえば、短歌のみなさんが集合場所につかっておられる喫茶店だったりしたのですね。
ルノワールでのことをかいた小説も家にあったのでした。
広めのソファ席には音楽関係のかたがたが顔合わせのようす。
「よろしくおねがいしまっす!」とお互いに握手していました。
モーニングセットを注文。
d0141365_2192451.jpg

時間にはまだはやいけれど、着物すがたの方々が会場のほうへむかっておられるのがみえ、
それにつられてはやめにむかうことにしました。

それにしても、東京の銀杏っておおきいね~!
それに、ぎんなん(実)がなってないね。
臭いが失礼にあたるからと植えなかったのかなぁ。
d0141365_21105683.jpg



国立能楽堂。
なんでいこうかとおもったかといえば、
10月から能をならいはじめているのですが、
1月の新年会にみなさんといっしょに橋弁慶と竹生島を謡うことになったのです。
丁度第一曲目の鶴亀が終了したところで、橋弁慶にもとりかかるので、丁度いい演目だとおもい。

当日申し込みでおねがいすると。

「あ、さきほど一席だけキャンセルがでてますよ!」

え。えぇ~!!!
満席だったんですか!
すべりこみセーフというかなんのご縁でしょうか。
ありがたいことです。

開演までパンフレットをみたりしていました。
いろいろと12月の演目・台詞などもかいてあって興味深いです。
開演前は写真をとってもよいのです。
d0141365_2115169.jpg

d0141365_21151040.jpg

わたしの席は横から見るという、なんとも粋な席。
それでもよくみえておもしろかったです。
d0141365_2116038.jpg


国立能楽堂十二月公演 普及公演  <義経をめぐって>
2010(平成22)年12月11日(土)      13時開演
国立能楽堂               渋谷区千駄ヶ谷4-18-1 TEL.03-3423-1331


 解説・能楽あんない「能のなかの牛若伝説」 林望

狂言「鬼継子」(大蔵流)   シテ(鬼):山本泰太郎 アド(女):山本則秀

能「橋弁慶 笛之巻」(観世流)
 前シテ(常盤御前)/後シテ(武蔵坊弁慶):観世恭秀 子方(牛若丸):観世喜顕
 ワキ(羽田秋長):福王和幸 オモアイ(洛中の男):山本則俊 アドアイ(洛中の男):若松隆
 笛:寺井久八郎 小鼓:幸正昭 大鼓:安福光雄
 後見:野村四郎・寺井栄
 地謡:坂井音重・岡久広・中島志津夫・関根知孝・津田和忠・浅見重好・野村昌司・清水義也



笛の巻だったので、常の演出とはちがうのですが、そのあたりも林さんがくわしく説明してくださいました。
狂言もおもしろくて、くすくすわらっちゃいました。


地下鉄大江戸線にのり、東京ミッドタウン(六本木)にむかいます。
ながいながいエスカレーター。
地下5階ってあったり。地下20Mとかいてあったり。
それがどのくらいなものか見当がつきません。
それはそうと、東京って穴だらけだけど地盤は大丈夫なんですか?
d0141365_21194092.jpg

東京ミッドタウンは新しくできたところ。3つの美術館があります。
d0141365_21203133.jpg

d0141365_2120559.jpg

d0141365_2121327.jpg


この直線のシュールさ。
d0141365_21213316.jpg
d0141365_21214225.jpg


花や猫もだいすきですが、こういうシュールな幾何学的な街も大好きです。


一日目の半分くらいがようやくすみつつあります。




*みてくださってありがとうございます。




多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2010-12-17 21:03 | *風景*旅・神社など

松井山手の秘密の森 *滝*

松井山手の秘密の森には、滝もあるのです。
(ひえこんだ今晩などにはちょっとさむいかなぁ~。ごめんなさい)





杉林のくらみをぬけてゆくと、さっきの湖の水がながれこんでいるところにでます。

おおきなおおきな磐。
d0141365_2228428.jpg

あしもとにはちいさなささらぎ。
けれども足場をえらんでいかないとぬれます。
d0141365_22285999.jpg

音のだんだん強まるほうへ。
d0141365_22293388.jpg
d0141365_22294734.jpg

どこからながれてきているんだろう。
d0141365_22302647.jpg
d0141365_22304323.jpg
d0141365_22305281.jpg

磐にあたってはねかえる水たち。
d0141365_2231278.jpg

綾をなす水たち。
d0141365_22314877.jpg

滝はもうひとつあるのです。
d0141365_22322410.jpg
d0141365_22324110.jpg
d0141365_2232553.jpg

変わり続けることはうつくしいということ。




水たちにいろんなことをおしえてもらいました。



ちいさな流れに添いながら足場を組み立て、
ゆるぎないかどうか一足づつ確認し、
浅瀬をわたってゆくことは、
いきてゆくことと とても似ているね。




わたしはこの土と葉のはぐくんだ水をそのままいただくことができるのだろうか。



ひとつぶたりともうみだせないみず。



水道の煮沸した、あるいはペットボトルに詰められた水しか飲めないとおもいこまされてきたことに慄然とする。
そして、からだもそれに順応してしまっていることに。





いろんなことをかんがえながらあるきました。


せせらぎの片隅でみんなで昼食。
シートの上にねころがって由美さんのライア(小型のハープ)の旋律を聴きました。

葉っぱがざぁっと またふってきて。
曲のおわりには ぽろん と音をかなでてゆきました。



風のおと 葉擦れのおと 木のきしむ音 とりのこえ せせらぎのおと 



自然にある音と人のうみだす音とこころ(たましい)のうけとる音がある。



さっきみた はもん。



おおいなる 調和。



地球を背中にくっつけて 宇宙をみている。



しばらくして冷えてきました。
山をぬけるときにうつくしい光をみせていただきました。


d0141365_22461113.jpg



虹が。

d0141365_22465463.jpg



きづいていてもいなくても

うけとっているとしらなくても

たえまなく

祝福されていることを

おしえてもらいました。

ありがとうございます。







*みてくださってありがとうございます。




多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2010-12-16 22:48 | *風景*旅・神社など

山茶花いろいろ *薄紅の薔薇のごとく*

関西でも急に冷え込んできました。
先日東京にいっていましたが、まだ銀杏の葉っぱがしっかりついているのにびっくりしました。
皇居の東側も訪れましたが、まだまだ紅葉がうつくしく堪能しました。
またいずれ言の葉や写真でおすそ分けしたいとおもっています。
(ちなみに3日で写真は2000枚・言の葉スケッチは200首ほどできました。たのしかった~!)


そろそろ山茶花の季節だなぁとおもって眺めています。
落ち葉炊きはもうみられなくなってしまいましたね。



薔薇のごとくに咲くさざんかは。
d0141365_22194050.jpg

d0141365_22194586.jpg
d0141365_22195645.jpg
d0141365_222057.jpg
d0141365_22201072.jpg


ほうら。
d0141365_2221520.jpg
d0141365_22211337.jpg
d0141365_22212085.jpg

きみの胸にかざろう。
d0141365_2222156.jpg


d0141365_22224183.jpg





*みてくださってありがとうございます。




多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2010-12-16 22:23 | 山茶花・椿

こころのあったまる紙芝居をご紹介させてください~!

だいすきなたましいのともだちの
あたたかいおはなしです。

∞文∞絵∞語り∞ 日光Fumiさん。


ぜひぜひご覧ください~。
こどもさんともいっしょにみてくださいね!



『はぁとのはね』∞文∞絵∞語り∞ 日光Fumi
[PR]
by tsukisitau | 2010-12-10 19:36 | お疲れのこころさんへ。

秘密の森 *こころしずかに*

京都でご一緒したまいみくさんのお誘いで、急遽きまったおでかけです。
京田辺市(関西)の秘密の森をひみつにご案内しましょう。

松井山手から車で移動。
あたらしい家が立ち並ぶすぐ傍にあります。
こんなところを入っていくの・・・???という道をはいります。
黄色の落ち葉たちがいっぱい。とてもあかるいです。
ふかふかしていてきもちいいです。
そのうち杉木立になってまたちがった雰囲気に。
すこし下ると。
d0141365_1851467.jpg

d0141365_18515354.jpg
d0141365_18515958.jpg
d0141365_18521190.jpg

みんなおもいおもいの場所で
おもいおもいにすごします。

しずかに。。。。。


到着すると風がざぁ・・っと吹いてものすごい落ち葉が。
d0141365_18535388.jpg
d0141365_1854044.jpg
d0141365_1854153.jpg



はなれたところから堪能したあと、池の傍にてもゆっくりすごしました。



落ち葉が
d0141365_1855248.jpg

d0141365_18554319.jpg


水面にふれるとき
d0141365_18563291.jpg


うまれるおととはもん。
d0141365_1857872.jpg

はもんははもんと綾をなす。


そして風景にとけてゆく。
d0141365_18584758.jpg

d0141365_1859129.jpg
d0141365_18592175.jpg



しずかにながめていると、
それがわたしにつうじていることとわかりました。



わたしの発する言葉・行動、そして思いは
この木の葉のように
ちいさくかるくであっても
世界に波紋をどこまでもひろげてゆくことを
それは音(音楽)であってもあらゆる表現であっても
おなじこと

どこまでもひろがりつづけ
かつ
ほかの存在と触れ合ったとき
綾をなす
うつくしい調和

そしておおいなる地球に
しずかにしずかに
かえってゆく
かえってゆき
またうまれでる
くりかえしくりかえし

すべての存在が
おなじであることを
変化しつづけるうつくしさを
いとおしいとおもう




そんなことを
おしえていただきました。。。

うれしいです。。。




秘密の森はまだつづくのですよ。
(今日中にアップできるかどうかは未定です)



*みてくださってありがとうございます。




多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2010-12-10 19:07 | 雫・露・水溜りなど

12月12日(日) 神戸市内の有機農業農家の畑見学と有機レストランでの食事会等のご案内

こちらも秋からパンフレットを手にした、とってもきになるきになるきになる・・・w
畑とかをのんびりみせていただきたい~!と、かねがねおもっています。
野菜とか、撮影するの、ものすごくわくわくします!
秋のお祭りにはあいにく参加できず;;
でも、またきっとご縁があるとおもいます。


神戸市内の有機農業農家の畑見学と有機レストランでの食事会等のご案内

■日時:2010年12月12日(日)9:00~16:00過ぎ
■内容
・大村明さんと五島陸久さんの畑の見学会・農作業体験等
・畑とレストランをされているグランメールという場所でおいしい食事
■時間 9:00~16:00過ぎ
(※雨天決行)※雨天時は、ハウスの中で大村明さんと五島陸久さんのお話を伺います。
■募集人数 先着20名 ※定員に達した時点で受付を終了します。
■締め切り:12月8日(水)
■集 合 大久保駅に9時集合 ※お申込者に詳細をご連絡いたします。
■参加費 一般2,800円 棚田LOVER’s会員1,800円(入会の年間費は3,000円)
[畑とレストランをされているグランメールのおいしい昼食・ドリンク付き]
■持ちもの 農作業のしやすい服装(長袖、長ズボン)、
帽子、水筒、カッパ(雨天時)、持参可能であれば、軍手
■主催:NPO法人 棚田LOVER’s、棚田LOVER’s SEED
■チラシ:http://tanadalove.com/pdf/101212_F_nouka.pdf
■HP: http://tanadalove.com/index.html

■当日のスケジュール
9:00 大久保駅集合
9:30 大村農園着
9:30~11:30 大村農園の説明
11:30~12:00 グランメールに移動
12:00~13:15 グランメールにて昼食
13:15~13:45 五島農園に移動
13:45~14:30 五島農園の説明
14:30~15:30 農作業
15:30~16:00 まとめ
※農楽カフェ参加希望者は「はたんぼ」へ移動

■ゲストのプロフィール・質問事項・メッセージ

○大村明さんのプロフィール
1955年生まれの55歳。14年間のサラリーマン生活
を経て、百姓の世界に飛び込み17年。 有機栽培で年間
数十種類の野菜を作り、家庭への宅配やレストラン・ホ
テルへ出荷。 地道に土と向き合うことで良い野菜が育
ち、それが食べる人の喜びにつながることを願って、農
業に取り組んでいる。

○五島陸久さんのプロフィール
神戸市西区で、就農4年目ながら年間約70種類も
の野菜を栽培する。 販路は近くのスーパーやレス
トラン、芦屋市の学校給食などと幅広い。 今は42
アールを妻敏子さんとともに耕す。 兵庫県有機農
業研究会にも参加。 先輩農家が「短期間でこれだ
けの収量と販路を確保できるのは、まれな成功例」
と評価。 「おいしいと言ってもらえる充実感は何に
も替えられない」という熱意で取り組んでいる。

○質問事項
・大村さんや五島さんに聞きたいこと
・今後、日本の農業を復興させるにはどうしたらいいですか?
たとえば、下記の観点から考えてみてください。
○国民が農業に興味を持つにはどうしたら良いですか?
○有機農業を盛んにするにはどうしたらよいですか?
○米価は安すぎる、「コメを作っても飯が食えない」と言われますがどうしたら「飯が食えますか?」

命題が大きすぎて正解というものはないでしょうが、
各人が思っていることを出し合ってみればよいと思います。
私も日頃考えている私見を発表したいと思います。
みんな農林水産大臣になったつもりで所信表明演説をしてみましょう!
「私は日本の農業をこう変えます」というつもりで

○大村明さんと五島陸久さんところで研修している
米谷友里さんからのメッセージ

「大村さんと五島さんは新規就農で長年有機農業を続けられており、
技術面はもちろん、有機農業に対する熱い思い、新規就農での苦労話など
私も日々の研修で学ぶことが大変多くあります。

日々どんな思いで野菜を栽培しているのか、という理念的な話や
販売先の見つけ方など経営的なことまで色々お話を聞けると思います。

大村さんや五島さんの畑を見学できる機会はめったにありませんので、
このチャンスに、ぜひ、畑を見て、話を聞きにきてください。
現場でしかわからない新しい発見や感動、多くの学びが絶対あると思います。

私も参加しますので、みなさんにお会いできることを楽しみにしています!」

■この件についてのお申し込み・お問い合わせ
お名前(ふりがな)、参加人数、ご連絡先(お電話番号、Eメール、ご住所)、質問事項の回答
を下記までご連絡下さい。
E-mail: tanadalove@yahoo.co.jp
NPO法人 棚田LOVER’s 理事長:永菅裕一
[PR]
by tsukisitau | 2010-12-10 18:30 | イベント告知など


心惹かれた素敵なものたちを一緒に楽しんでいただけたらうれしいです。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
メモ帳
多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ

いつも応援ありがとうございます。

*『お散歩かめら塾』はじめます。詳細・お申し込みは「告知」のカテゴリーからよろしくおねがいします。

*タグ・カレンダー(さかのぼってみることができます。日を指定するとその記事をみることができます)は、項目がリストになって、見たい記事を選んでみることができます。
*カテゴリーは、最新の記事から順にすべてのページが開きます。

*神社・旅行の記事は風景にはいっています。

いままでの記事・写真はこちら。
「月下 桜 の 世界」

お時間のあるときに、のんびりしていってくださいね。

*私のブログ*
「月下  桜 の つぶやき。」
「ひかりのことば」
「関西 てくてく・もぐもぐ」

『光りは内にあり』
惟神霊幸倍坐世〓彌榮〓
かんながら たまちはえませ

神のように天に恥じない行動と言葉でもって動きます。さらに人智では及ばないところは、よろしくお導きくださいませ。

タグ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
月下  桜さんの歌
from 麦太朗の題詠短歌
鑑賞:003「助」(トラ..
from a swallow unde..
鑑賞:002「一日」(ト..
from a swallow unde..
鑑賞:001「笑」(トラ..
from a swallow unde..
中秋の名月
from PIPEDREAM別館
【鬼の腕・宗旦槿(そうた..
from 妙花抄(三)
アガパンサス
from ずっと大分が好きだ
ライフログ
お気に入りリンク♪
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧