*月下  桜 の 世界*



<   2011年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧


コトバの可能性と不可能性 歌人 穂村 弘 作家 川上 未映子 対談をきいていて。

夫瀬波と参加してきました。

1/29
第5週 土曜 14:00-15:30
会場:山村サロン(ラポルテ本館3階)
開場13:30(自由席)

コトバの可能性と不可能性
- 私たちの場合


歌人 穂村 弘
作家 川上 未映子

穂村弘講師HP  …http://www.homurahiroshi.com/
川上未映子講師HP…http://www.mieko.jp


一般 3,570円


穂村 弘(ホムラ ヒロシ)
1962年生。上智大学文学部卒。歌集『シンジケート』(沖積舎)でデビュー。歌人の枠にとらわれない多ジャンルでの創作、評論活動で注目を集めている。歌集『手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ)』『ラインマーカーズ』(小学館)、短歌入門書『短歌という爆弾』(小学館)。エッセイ集『世界音痴』『もうおうちへかえりましょう』(小学館)、『現実入門』(光文社)、『本当はちがうんだ日記』(集英社)、『にょっ記』(文藝春秋)、『もしもし、運命の人ですか』(メディアファクトリー)、『整形前夜』(講談社)、『ぼくの宝物絵本』(白泉社)、『絶叫委員会』(筑摩書房)。詩集『求愛瞳孔反射』(河出文庫)など。「ほむらひろし」名義での絵本の翻訳も多数。評論集『短歌の友人』(河出書房新社)で第19回伊藤整文学賞受賞、『楽しい一日』で第44回短歌研究賞受賞。


 
川上 未映子(カワカミ ミエコ)
1976年生。「夢みる機械」「頭の中と世界の結婚」などのアルバムをビクターエンタテイメントより発売。随筆『そら頭はでかいです、世界がすこんと入ります』(ヒヨコ舎)、小説『わたくし率 イン 歯―、または世界』(講談社・第137回芥川賞候補)、『乳と卵』(文藝春秋)で第138回芥川賞受賞。詩集『先端で、さすわ さされるわ そらええわ』(青土社)で第14回中原中也賞受賞。映画「パンドラの匣」でキネマ旬報新人女優賞受賞。小説『ヘヴン』(講談社)で平成21年度芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞、第20回紫式部文学賞受賞。関西弁を使ったリズム感のある文体が特徴で、ジャンルを越えた活躍で注目を集めている。



すこし早めについて芦屋で昼食。
芦屋はわたしたちが結婚して最初に住んだというおもいでぶかい場所なのです。
だいすきな竹園のコロッケをながめつつ、向かいの壁の穴(パスタ)に入店。
時期的に雲丹がおいしそうで、雲丹カルボナーラと雲丹和風パスタを注文。
どちらも手際よく供されておいしかったです。
好みとしては、和風パスタがさっぱりしていて雲丹の風味もいきていておいしかったな。

会場には開場前におとずれたらすでに30名ほど。整理券をもらって42番・43番でした。
瀬波にやすたけまりさんを紹介していただき、ご挨拶。
やすたけさんの歌、かわいらしくてすきです。
やすたけさんもかわいらしいかたで、かわいいくまちゃんと一緒でした。
もぎゅっとはぐしちゃったよw

会場の山村ホールは能舞台がしつらえてあり背景には松。
そのうえにグランドピアノがあり、高めの舞台を背もたれのしっかりある椅子にすわって眺めるという不思議な空間でした。
150名満席。


お二人の印象は穂村さんはあいかわらず背が高かったんだということと、川上さんの髪型が案内とちがうよーというかんじ。

対談は川上さんペースですすんでいき、穂村さんにふりつつ、川上さんがこたえつつすすんでいってました。穂村さんはレジュメをよりどころに、かつ言語的にまとめようとしつつして後半かなりお疲れのようでした。
川村さんはちょっと丁寧語だけれどカフェとかでお茶しつつだべってるペースで一晩中でもしゃべっていられるよっていう感じ。

対談のなかでおもしろかったのは
おふたりのあたまのなかがうかがえたこと。

穂村さんは「いろんなパズルピース:社会的に意味のもたない(見聞きしたことばたち)がとっちらかっている状態」と表現。
川上さんは「詩の場合は単語が単語をつれてきて(その単語はじぶんのしっているもののみ)文字として降りてくるのをそのままノートに書き留めている状態。ことばの蒐集。感覚の快楽。」
「エッセイはテーマをきめて思考のながれを書いている状態。」
「小説は世の中のまかりとおっているものがほんとうにどうなのか?不条理にひとこと申したい!がある。いちばん書きたい場面がうかぶ。普段かんがえていること・曖昧な世界について、いろんな素材があつまってくるのをノートに書き溜めて、その過程で主人公や登場人物の設定がうまれてくる。」と表現しておられました。

おもしろいなぁ。

そのなかで穂村さんは、
「文字がみえるの?映像として鮮明にみえるの?」
「文字が反転したり、造語がうまれたりする?」ともたずねたり。
そういう人もいますね。
川村さんが資料としてあげていたジェームズ・ジョイスの『ユリシーズ』はどういう作品かわからないけれど、
一見したところまったく脈絡のない単語が文章のような顔をしてならんでいるものでした。


おもうに、文字反転や造語・脈絡のない単語のフローで文章をかきつづけるというのは、
精神を病んでいたり、知的な・脳に微細な障害がある場合には頻繁にみられる状態なんだよね。
芸術の分野でも「アウトサイダー・アート」として認知されつつあって、やっぱり特有のこだわりやものの見方やオリジナルの表現(本人はまったく他者表現を意識していない)があります。
音楽で有名なのは、バッハの演奏者のグレン・グールドでしょう。
彼はわたしのなかではアスペルガー症候群という知的障害をもたない自閉症タイプの人々と酷似しています。
名前はあえてあげないけれど、数年前に公表され、事件をおこしてしまった独特の文字と世界を構築したあの彼も、やっぱりおなじようなタイプで、周りからも自分でも納得いかなくて、ああいう状態にこじれて事件をおこしてしまったのだとおもっています。

穂村さんの話をきいていて感じたのは、穂村さんも頭の中がADHDかつ、マニアックなものに集中してしまう自閉タイプなんだろうなぁということ。
だから微妙な人間関係のニュアンスの読み取りが過敏すぎたり鈍感すぎたりしてバランスがとりにくい。
なんでそうやってしまうのかじぶんでもわからないし、なんとかしようとしてもできない。
そしてそのことを自分でも認識できてしまうからよけいに苦しい。
だから家でレジュメをつくって、その思考の流れにのっかって喋るスタイルが楽なんだとおもう。
その場その場での対応というのが、あたまがいいからなまじできてしまうけれど、結構負担かかってるんだろいうなぁとおもいました。
頭の中には見聞きしたものがマニアックな部分で蒐集されていて、いつまでものこり、かつそれぞれが妄想をともなってものがたりがどこまでも連鎖してひろがっていくんだろうなぁ。
それがユニークな歌やエッセイになっているんだとおもう。


川上さんはある意味、天然の大阪人で(関西人とはニュアンスがちがいます)、ひとりぼけつっこみやひとりのりつっこみがあたりまえの思考回路になっているんだとおもう。
テレビとか本よみながら、ひとりで「それ、ちゃうやろ~!」とか「「そうそう!そうやねん!」「あ、わかるわ~。そのきもち!」って、しゃべってる人とか関西にはあたりまえにいます。(とくに大阪の下町区域)
だからいつまででも刺激があるとたのしめるし、しゃべっていられる。
そしてときどき、ふっと巫女みたいになって、単語のフローがあるんだろうね。

ボブ(っていうのかな?肩につくまえのくるんとまるまった髪形)のかみのけをくるんくるん、って左手でいじりつつ。髪の毛フェチなんだろうなーとおもいつつみていました。
髪の毛に手をやるのは、猫とか撫でてほっこりするのとおんなじ感覚で、じぶんをなでなでする刺激でじぶんをリラックスさせてるんだよ。


まぁ、そんなかんじで対談がすすみ、サイン会は本を購入した人のみで別の場所とのことで、わたしたちもそそくさと会場をでたのでした。




*文中、不適切な表現があるかもしれませんが、わたし個人としては障害をもっていようと精神を病んでいようと、それについてはなんともおもっていませんし、その結果、作品としての個性が表現されているとおもっています。この表現によってご本人を誹謗・中傷する意図は毛頭ありません。
当然ながら個人的な見解ですので、その部分についてのコメントは承認いたしません。





*よんでくださってありがとうございます*




多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2011-01-31 11:36 | つれづれ帖*言葉の風景

偶然を装った必然がおもしろすぎます。

ここ最近だけのことにかぎりませんが、
偶然・偶発的におこったような出来事が必然であり、
またわらえるくらい必然だとそのときに意識できることが連続しておこっています。



どういうことかというと、


ひとつのものごとをきめる。

それは何の気なしにみたもの(ほんとうはみる必然がありみせていただいたもの)や
おもいつき(ほんとうは素のじぶんや守護してくださっているかたがたのおもい)がきっかけのことがおおい。


そうすると、きめたこと以外の付随するものまでも、わらえるくらい何事も完璧にうまくいく。

たとえば、交通手段の時間や場所。のりおくれたことさえも計算づくで。
たとえば、おもいつきの現地での行動が、
ものすごくいい経験をさせていただいたり、いいご縁をいただいたりする。
まったくぴったりのスケジュールでわくわくすること、ありがたいなぁとしみじみかんじることが
パズルの終盤のようにぴったりとおこなわれてゆく。
話したいなぁとおもっていた方からお声がけいただいたり、わくわくするような望外のよろこびがあったりする。
いままさに、そのことをおもってたんだよ~!ということの連続だったり。
道にまよったかな?とおもっても、
おもいもよらず見たいものがみれたり、ご縁があったりして、結局は時間丁度に場所にきちんとついたりする。


いま、どうしてこの会話を耳にして気にしているの・・・?
いま、どうしてこのタイミングでここにいて体験しているの・・・?


一見不愉快なことであろうとも、必然であり、「あ、こういうことをかんがえるために必要だったんだ」と気がつく。
一見、なんのメッセージかわからないことでも、「あ、こういうことか!」と瞬間にばばばっと複数のメッセージが込められていることに気がつき、溶けていく。


「わたし」というよりも「わたしをみているわたし・守護してくださっているかた」の視線・感覚にとてもちかくて、一緒に体感させていただいているかんじ。


とてもおだやかで
かつ
わくわくして たのしすぎます!


こんなにおもしろくって、たのしくって、いいのか!!!
いいんだ!!!
こういう感覚を味わうために
からだというものをお借りして
うまれてくることができたんだなぁ・・・!
すごいなぁ・・・!!!
ありがとう~~~~!!!
と、
叫びたいくらいにうれしいです。


いろんなことがあって、いろんなおもいをして、いろんなかたとご縁があって、そしていまがある。
ぜんぶぜんぶ、うれしいことばっかりではなかった思い出もあるけれど、
そのときのこともふくめて
いとおしいとおもう。
そういうふうにおもえるようになったじぶんと
いっしょにあゆんでくれている夫の瀬波とをぎゅーーーっとしたい。
よかったねぇ。
ほんとうに よかった。

いま
とても
みちたりています
これからの
数秒後の未来も
そのさきの未来も
みちたりていると
確信できる。
(たとえ命がつきる、ということであっても。)
そういう未来を
つねにえらびとることができる状態にあることができる、
ということに
感謝しています。

だから
いまを
だいじにする。

いま
じぶんは
なにを
のぞんでいるのか。

なにかよそごとに
気をとられていないかどうか
そのことで
いまの時間を浪費していないかどうか
じぶんの裁量をこえた範囲のことを
どうにかしようとおせっかいをしていないかどうか
(たいてい、そういうことにとらわれていると、こういうおもしろい連鎖がとぎれてしまいます)


不思議ないいまわしにうけとられるかもしれないけれど。

わたしがこころのそこからいまをあじわいつくし、みちたりて、歓喜の状態にありつづけることが
一番大事。

そうあることで、ほんとうのよろこびがまわりへも波及していく。
意図する・しないにかかわらず。
わたしのうむ波紋がどこまでもどこまでもどこまでもひろがってゆき、影響しあう。
ひびきあう。
調和。
大調和。
大歓喜。
無量。



無量大数(むりょうたいすう)という最大数に対する涅槃寂静(ねはんじゃくじょう)という最小数。
宇宙という最大に対する素粒子(もっとちいさいものもあるかもしれないけれど)という最小。
これらは互いに等しい。
その中間にあるものも。

誤解をおそれず表現をつづけるならば、

神(宇宙・いのちのしくみ)とわたしとわたしをかたちづくっている最小の細胞は互いに等しい。
その中間にあるものも。
その周辺にあるものも。

もちろん、さまざまな差異はある。たくさんあげることができる。
けれども
水が雲になったり、海になったり、星(惑星)になったり、わたしになったりするのとまったくおなじこと。
本質は等しい。





ことばにするのはむつかしい。

けれど
こうしてかきとめておくことで
波紋がうまれる。
変化がおこる。
連鎖的に。

だから
このページにご縁のあった方は
必然。


もうすでに
よろこびのなかに
いきているんだよ。
いとおしい同胞たち。



ありがとうございます。









*よんでくださってありがとうございます。*







多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2011-01-28 21:58 | つれづれ帖*言葉の風景

バラ 長居公園 「ブルー・バユー」

「ブルー・バユー」

大阪の長居公園内の植物園のバラ園は品種ごとにきちんと分けられているほか、見やすい高さでの管理などもゆきとどいています。とくに秋のブルー・バユーは敷地面積が広めなため、こんなにうつくしい花だったかとみなおすほど圧巻でした。
あまりのすばらしさに傍のベンチでうっとり眺めていました。



くゆるような 薄紫の
d0141365_20323927.jpg

d0141365_2034722.jpg

色香が かたちをとどめている 奇跡よ
d0141365_20345245.jpg
d0141365_2035729.jpg

このゆめのような時間が
d0141365_20355626.jpg
d0141365_2036776.jpg

d0141365_20364275.jpg

真実でありますように
d0141365_20373482.jpg






*みてくださってありがとうございます*






多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2011-01-27 20:38 | 薔薇

バラ 長居公園 「プリンセス・ミチコ」

「プリンセス・ミチコ」
しっとりとおだやかな色合いとかたちから気品をかんじられます。




d0141365_20391760.jpg
d0141365_20392458.jpg
d0141365_20393086.jpg





*みてくださってありがとうございます*



多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2011-01-26 20:40 | 薔薇

わからない歌とは。

『短歌研究』2月号に穂村さんの50首が載っていて興味深い。
それとあわせて「わからない歌」特集がまたおもしろく、わからない歌にひきあいにだされている穂村さん。
そもそも「わからない」ってなんだ?というあたりからしておもしろいとおもう。

「わからない」、あるいは「わかる」というのは、いろんなとらえかたがあるのだろうけれど、
じぶんのなかのなにかと共鳴しあうかどうか(それが不協和音だとしても)ということなんじゃないかな、とおもう。

歌を「読む」ということについてはさまざまな方法があったり解釈がちがうのだろうけれど、
一文字一文字の意味をたどってゆく方法であったり、
歌を詠まれた背景や情景を資料で辿る方法であったり、
その人となりをしることで浮き上がってくるものであったり、
いろんな手段でのアプローチがある。

たとえば岡井さんが講演会で話をされていた、
白秋の
春の鳥な鳴きそ鳴きそあかあかと外の面の草に日の入る夕

これが、森鴎外の邸宅でもよおされた題詠の歌会において詠まれた歌であって、何月何日・メンバーはだれそれが同席、時期は春、鳥はうぐいす、場所は鴎外邸宅からの風景そのままだ、と史実にもとづいて分析されたが、
「(だからこの歌が)わかった。」ということにはならないとおもう。
この歌の前にある叙情あふれる随筆(エッセイ)や同時代やまたべつの作品の詩などの作品を読み比べて白秋の叙情性にちかづいたほうが寄り添えるような気がする。
だからといって、「わかった」ことにもならない。
「わからない」からといって、わたしのこころのなかと共鳴しあわないかというとそうでもなくて、
わからないけれども、(意味不明だけれども)なんだかいいきもちになったり、
透明な淡い色彩がみえたり、繊細な音や空気の振るえがかんじられたりする歌がたしかにある。

難解な歌に引き合いにだされているのが塚本邦雄の歌で、
どの歌もやっぱり難解なんだけれども、どちらかというと絵画のなかである具象に寓意をもたせるような手法でねっとりと描かれているような印象をもっている。
だから寓意と具象の関係性を塚本邦雄の作品やそのほかののこされたものでどういう思考性をもって構成されているかというあたりを読み解いてゆくと、案外わかる歌もおおいのかもしれない。


また「わたしはこんなふうにうけとった」と表現していくことは、
「わかった」というよりも、もうすでに「わたしの解釈のなかでの世界の構築」になっていて、
「わかった」からはまたはなれていっているようにもおもわれる。
(これはこれでかなりたのしい。)


短歌・現代詩のみならず、美術や音楽においても、
表現に関してはあらゆるものがあり、
わたしたちの「わかる」範疇を軽々とこえてゆく。


「意味」や表現者の「意図」がつたわらないものは、表現たりえるのか。
あるいは、「意図」と作品がその重みとつりあっていないものはどうか。
たとえば、先日公開放送されていた黒瀬からんさんと斉藤斎藤さんと佐々木あららさんたちの
「からんとかろん」のなかで言及されていた、
「佐々木あららさんと桝野さんとのちがい、あるいはほしのしずるの存在との違い」と
いま大量生産されている短歌(短歌の形をした散文かもしれない)をかぎわける力があるのかどうか自信がない。
また、意味的には明白なんだけれど、それをなにかのときに思い出したり引き合いにだしたりするような歌としてのこりえるのかどうかも疑問だったりする。
(もっともじぶんの歌がいちばんあやうい。)
それは文化的にもあらゆるものが過剰生産・過剰消費されていっている流れとして短歌の一部分もそうなっているのかもしれない。







*よんでくださってありがとうございます*






多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2011-01-26 20:32 | *短歌の世界*

バラ 長居公園 「プリンセス・チチブ」

「プリンセス・チチブ」
やさしい色あいがおだやかなきもちにしてくれるすてきなバラです。



そばにいても いいですか
d0141365_21342715.jpg
d0141365_21351662.jpg

ながめていても いいですか
d0141365_21353621.jpg
d0141365_21354975.jpg
d0141365_21361685.jpg
d0141365_21362415.jpg


d0141365_21374213.jpg






*みてくださってありがとうございます。



多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2011-01-19 21:38 | 薔薇

バラ 長居公園 「フリュイテ」

「フリュイテ」
どんな意味だろうとおもってしらべたら、「フルーティーな」という意味だそうです。
たしかに果物っぽいかも。


d0141365_1973094.jpg
d0141365_1974723.jpg
d0141365_1981077.jpg
d0141365_1982045.jpg
d0141365_1983935.jpg

横からみつめていると ぽふん と 顔をうずめたくなる
d0141365_1993432.jpg
d0141365_1994630.jpg
d0141365_1995931.jpg

こんないろに そまってしまえたら いいのに
d0141365_19105451.jpg
d0141365_1911819.jpg
d0141365_1912258.jpg






*みてくださってありがとうございます。




多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2011-01-18 19:13 | 薔薇

バラ 長居公園 「フリージア」

「フリージア」

そろそろ花店にはフリージアもならぶでしょうか。
水仙やカーネーション(!)、チューリップやスイートピーなど春の花が並び始めています。
フリージアもとてもよい香りがして順番に咲いていきますね。
おひさま色の、蝋梅色のかわいいバラです。



どんより曇る日も あるね
d0141365_1821339.jpg

d0141365_18243540.jpg

そんなときは おもいだしてね
d0141365_18245850.jpg

d0141365_18251378.jpg




わたしは いつも こころのなかに います。
d0141365_18253940.jpg







*みてくださってありがとうございます*
[PR]
by tsukisitau | 2011-01-13 18:26 | 薔薇

バラ 長居公園 「ブラスバンド」

「ブラスバンド」

夏に別の場所でみかけた「ブラスバンド」は、とてもはなやかで音がきこえてくるような色合いでしたが、
秋の花はしっとりとおちついていました。


なんて表現したらいいのか わからないけれど
d0141365_20325613.jpg
d0141365_2033697.jpg

とにかく無限に うつくしいものが あるんだね
d0141365_20331382.jpg





*みてくださってありがとうございます*




多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2011-01-12 20:34 | 薔薇

バラ 長居公園 「ブライダル・ピンク」

「ブライダル・ピンク」

可憐なピンクのばらです。



ひとめみるだけで しあわせにみちる

d0141365_15541352.jpg
d0141365_15544482.jpg
d0141365_15545349.jpg


人生最良の日が いつもあなたとともに ありますように

d0141365_15551822.jpg






*みてくださってありがとうございます。*





多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2011-01-11 15:56 | 薔薇


心惹かれた素敵なものたちを一緒に楽しんでいただけたらうれしいです。
メモ帳
多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ

いつも応援ありがとうございます。

*『お散歩かめら塾』はじめます。詳細・お申し込みは「告知」のカテゴリーからよろしくおねがいします。

*タグ・カレンダー(さかのぼってみることができます。日を指定するとその記事をみることができます)は、項目がリストになって、見たい記事を選んでみることができます。
*カテゴリーは、最新の記事から順にすべてのページが開きます。

*神社・旅行の記事は風景にはいっています。

いままでの記事・写真はこちら。
「月下 桜 の 世界」

お時間のあるときに、のんびりしていってくださいね。

*私のブログ*
「月下  桜 の つぶやき。」
「ひかりのことば」
「関西 てくてく・もぐもぐ」

『光りは内にあり』
惟神霊幸倍坐世〓彌榮〓
かんながら たまちはえませ

神のように天に恥じない行動と言葉でもって動きます。さらに人智では及ばないところは、よろしくお導きくださいませ。

タグ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
月下  桜さんの歌
from 麦太朗の題詠短歌
鑑賞:003「助」(トラ..
from a swallow unde..
鑑賞:002「一日」(ト..
from a swallow unde..
鑑賞:001「笑」(トラ..
from a swallow unde..
中秋の名月
from PIPEDREAM別館
【鬼の腕・宗旦槿(そうた..
from 妙花抄(三)
アガパンサス
from ずっと大分が好きだ
ライフログ
お気に入りリンク♪
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧