*月下  桜 の 世界*



<   2012年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧


尼崎農業公園のバラ 「ダブル・デライト」「ニコロ・パガニーニ」「パパ・メイアン」

今年の春に撮影したバラです。


「ダブル・デライト」
大輪のバラです。
不思議な咲き始めの姿。
d0141365_2017194.jpg

開くと色が花びらの外側に抜けていく感じ。
d0141365_20174127.jpg


「ニコロ・パガニーニ」
ぎゅっと圧縮された濃厚な赤。
d0141365_20191185.jpg

d0141365_20192575.jpg

d0141365_20193064.jpg


「パパ・メイアン」
メイアン一家はバラの作出一家で有名です。
d0141365_20205354.jpg
d0141365_2021048.jpg
d0141365_2021548.jpg



みてくださってありがとうございます。

つづきはまた後日。



多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2012-11-10 20:22 | 薔薇

新潟の旅 その8 ~弥彦神社奥宮へ~

新潟の旅です。

ハイカーの皆さんがむかってゆかれるほうにいってみることにしました。
お散歩気分が。。。
d0141365_21215178.jpg

石段。。。
d0141365_21222259.jpg

このまますすんでも奥宮があるんやろうか・・・?と心配になりつつのんびり歩きました。
可憐な野菊です。
d0141365_21231760.jpg


途中でNHKの電波の施設点検をしておられる方々がおられました。
奥宮は鳥居があって、一段高く、ひらけているところでした。
磐座のようです。
ご挨拶しました。

みごとな眺望です。
左に平野、川が蛇行していて、日本海にそそいでいました。(西をむいています)
まるで天皇の国見みたいです。
d0141365_21253625.jpg

d0141365_21313954.jpg

ふりかえると、さっきまでいた広場がみえます。
d0141365_21274723.jpg

よくみると新潟市街もみえます。
d0141365_21284618.jpg

新幹線の駅を中心に稲田と街がみえました。
d0141365_21295829.jpg


いちど通った道はなぜかはやく戻れます。
d0141365_21305519.jpg


ロープウェーで下山、またマイクロバスで神社前まで送ってくださいます。
駐車場のあたりからタクシーに連絡して、さくらの湯という源泉かけながしの温泉にむかいました。
ご高齢の運転手さんのおはなしをうかがっていると発音が新潟やな~と感じました。

雪が「いぅき」(ほとんど、いき)と聞こえます。
菊は「くぅいく」、十一月は「ずぅいつがつ」。
カ行の発音がのどの奥でならすようなかんじ。
イントネーションも微妙にちがいます。
方言大好きなわたしとしてはうれしい時間でした。

さくらの湯は露天風呂もあって、杉の緑にひかる秋茜の群れ飛ぶのを眺めつつのんびりしました。
透明のお湯で、炭みたいなのがもわもわっとただよっていました。
きもちよかったです。
足湯でものんびりしました。
女性専用で横になれる場所が確保されていてよかったです。
送迎バスで弥彦駅まで送っていただきました。

途中で大鳥居がみえました。
三輪大社の大鳥居みたいです。
弥彦山自体がご神体なのかもしれません。
d0141365_2139997.jpg

駅には栃の実が置いてありました。
d0141365_21381129.jpg

すでに夕暮れ。
乗り換えの吉田駅では幻想的な風景がみられました。
d0141365_2142346.jpg



新潟市内のマンホール。
d0141365_2143631.jpg

信濃川でしょうか。
あ、萬代橋かな。
d0141365_21431384.jpg


夜行バスでしたので、バス乗り場の近く(新幹線の入口の東側)で新潟のお土産をみました。
潮風にあてた鮭の切り身もありました。地酒もいろいろ。
天日干ししたという新米が2合の小さな袋にはいって並んでいました。

おすすめしていただいていた笹だんごも。
d0141365_21471640.jpg

おもっていたより笹のかおりがしっかりしていて、むちっとしていました。
蓬も濃厚。美味しくいただきました。

ふのりでつないでいるというへぎそばもいただきました。
つるるんといつのまにか消えていく感じ。。。
d0141365_2149414.jpg


天地豊作というお店(居酒屋風)ではこしひかりのおにぎりを。
ふきみそがおいしかったです。
d0141365_215141.jpg

雪室珈琲もおいしかったです。


充実した新潟旅行でした。



みてくださってありがとうございます。




多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2012-11-09 21:52 | *風景*旅・神社など

新潟の旅 その7 ~弥彦山へ~

新潟の旅です。

弥彦神社の拝殿からすぐのところに弥彦山に登るロープウェー口への送迎バスがありました。
森の小道の斜面をのぼっていきます。
万葉集の植物があちらこちらにうえられていました。

15分おきに運行しています。
d0141365_025862.jpg

下から見るとこんなかんじ。
d0141365_02613.jpg

上るとみごとな眺望です。
d0141365_0262895.jpg
d0141365_0264359.jpg

東京スカイツリーとおなじ634mだそうです。
青くかすむ山々が美しく、刈り取られた田んぼの色も素敵です。
d0141365_0273817.jpg

お昼時で、頂上には小学生がたくさん遠足に来ていました。
一年生も高学年と手をつないでのぼってきていました。
複数の小学校が登ってきていたようです。
口ぐちに「すげー!」といいながら見晴しのいい風景を楽しんでいました。

佐渡です。
青い雲みたいになっています。
d0141365_0305968.jpg

d0141365_0314198.jpg


赤とんぼがものすごくいっぱい飛んでいました。


この風景をながめながら新潟駅でかっていたパンをお昼にしました。
コッペパンにピーナッツクリームやバタークリームがはさんであるレトロな味。
d0141365_104571.jpg


絶景かな~。
d0141365_113121.jpg


おしえてくださった新潟の山下さん、ありがとうございます~!

お昼にしていると、一般のハイカーの方々もしょっちゅうのぼってこられて、
「あー、今日は晴れてよくみえるね~」
「昨日よりは晴れすぎてぼやっとしてるね~」
「大佐渡・小佐渡~」
という声も聞かれました。

みなさん、一目みて、一息ついてから、左手のほうへむかっていかれます。
わたしも(ロングスカートでしたが)いってみることにしました。



みてくださってありがとうございます。

つづきはまた後日。



多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2012-11-08 00:34 | *風景*旅・神社など

尼崎農業公園のバラ 「サムライ」「シルエット」「タチャーナ」

春に撮影したバラです。


「サムライ」

フランスうまれのバラです。
きりっとしていてかっこいいバラです。

d0141365_23352987.jpg

d0141365_23355068.jpg



「シルエット」

まっしろな大輪のバラです。

d0141365_23363741.jpg



「タチャーナ」

しっかりした花弁のバラです。

d0141365_23372978.jpg




みてくださってありがとうございます。

つづきはまた後日。


多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2012-11-04 23:38 | 薔薇

新潟の旅 その6 ~弥彦神社~

新潟の旅です。

弥彦駅からあるいて弥彦神社へ向かいました。
門前には宿が何件か並んでいます。
いまごろは菊花展の時期でしょうか。
わたしのおとずれた10月中旬にはすでに置く場所が用意されていました。
d0141365_2314543.jpg


鳥居をくぐると伊勢神宮の五十鈴川のように水辺にちかづける場所がありました。
太鼓橋もあったので、住吉風なのかもしれません。
ものすごく澄んでいる水でした。
d0141365_23161525.jpg

d0141365_23164235.jpg

参道をすすんでいくと良寛さんの歌がありました。
d0141365_23172844.jpg

その椎は明治ごろ雷にうたれてしまったそうです。
d0141365_231891.jpg

左側の弥彦山へむかって参道がおれています。
d0141365_23184741.jpg

d0141365_2319542.jpg

どこかの村の秋の観光旅行だったのでしょうか、
「おらぁ、のぼりのほうがらくだで、」などというにぎやかなお声も。
d0141365_23205684.jpg


なんだか凛々しくてほっそりした狛犬さんです。
d0141365_23213618.jpg

d0141365_23215661.jpg


立派な社殿。
d0141365_23222864.jpg

d0141365_23225580.jpg


 弥彦神社のHPより。

広々とした越後平野の中央に聳えたつ弥彦山の麓に鎮まります弥彦神社は、
古くから「おやひこさま」と呼ばれ、心のふるさと、魂のよりどころとして
多くの人から広く親しまれてきました。境内はうっ蒼たる樹林に覆われ、
亭々たる老杉、古欅は見るからに神々しく、日本最古の万葉集には、
弥彦神社を詠んだものが二首歌われています。

「伊夜比古おのれ神さび 青雲のたなびく日すら 小雨そぼ降る」
「伊夜比古 神の麓に今日らもか 鹿の伏すらむ皮衣きて 角つきながら」

御祭神は天香山命「アメノカゴヤマノミコト」で神武天皇の命を受け、
住民に海水から塩をつくる技術、漁、稲作など農耕術などの基礎を教えられたとのことです。



奈良の天香山とつながりがあるのでしょうか。
丸い兎がお土産の「玉うさぎ」という銘でお土産になっているのも、
なんだか大国主命みたいではありませんか?
大和王朝から地方へ派遣された方々のことなのかもしれませんね。


みてくださってありがとうございます。

つづきはまた後日。




多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2012-11-04 23:27 | *風景*旅・神社など


心惹かれた素敵なものたちを一緒に楽しんでいただけたらうれしいです。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
メモ帳
多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ

いつも応援ありがとうございます。

*『お散歩かめら塾』はじめます。詳細・お申し込みは「告知」のカテゴリーからよろしくおねがいします。

*タグ・カレンダー(さかのぼってみることができます。日を指定するとその記事をみることができます)は、項目がリストになって、見たい記事を選んでみることができます。
*カテゴリーは、最新の記事から順にすべてのページが開きます。

*神社・旅行の記事は風景にはいっています。

いままでの記事・写真はこちら。
「月下 桜 の 世界」

お時間のあるときに、のんびりしていってくださいね。

*私のブログ*
「月下  桜 の つぶやき。」
「ひかりのことば」
「関西 てくてく・もぐもぐ」

『光りは内にあり』
惟神霊幸倍坐世〓彌榮〓
かんながら たまちはえませ

神のように天に恥じない行動と言葉でもって動きます。さらに人智では及ばないところは、よろしくお導きくださいませ。

タグ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
月下  桜さんの歌
from 麦太朗の題詠短歌
鑑賞:003「助」(トラ..
from a swallow unde..
鑑賞:002「一日」(ト..
from a swallow unde..
鑑賞:001「笑」(トラ..
from a swallow unde..
中秋の名月
from PIPEDREAM別館
【鬼の腕・宗旦槿(そうた..
from 妙花抄(三)
アガパンサス
from ずっと大分が好きだ
ライフログ
お気に入りリンク♪
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧