*月下  桜 の 世界*



タグ:冬 ( 76 ) タグの人気記事


夢が実現した望念快  2011年12月25日

思い描いていた夢が実現しました。
今年はもっと大きな夢を描きます。
もう、みえています。


おととし、sawaさんの出版の会のときに
わたしの撮影したお花たちの映像をプロジェクタからスクリーンに
映し出して、朗読のときにつかっていただいたことがあります。

そのとき、その映像と朗読のコラボレーションにじぶんでも感動して涙してしまいました。

そのあと、べつの写真家さんの映像に福井幹さんがピアノ演奏をあわせておられて、
「わたしの写真もこんなふうにみていただけたらうれしいなぁ」とおもったことでした。

写真を動画に組み立てるなんて、とてもむずかしいことだとおもっていました。
けれど、朗読のときにつくっていただいたかたに教えていただいて、
瀬波にもおしえてもらってやってみると、
ものすごくたのしくて、ものすごく簡単にできてしまいました。

今年の11月、福井幹さんたちのアースヘブンバンドのときに
「12月25日やりま~す!」と言っていただいて、
実現してしまいました。


当日、午前中のリハーサルのときに、福井さんのピアノだけではなく、
ミロアさんのバイオリンとリクエルさんの舞いもあわせるととてもとても素敵だったので、
一緒にコラボレーションしてくださることになりました。

リハーサルのようす。
d0141365_2152071.jpg

d0141365_21522884.jpg

40秒で20秒かけて、じわ~んと変化してゆく画像です。
d0141365_21525619.jpg

スクリーンへのシルエットもものすごく綺麗です。
d0141365_21543114.jpg
d0141365_2155911.jpg
d0141365_21555020.jpg
d0141365_21564357.jpg

本番でも美しくて。
d0141365_21574355.jpg
d0141365_2158634.jpg
d0141365_2158283.jpg



あっというまの夢のような20分でした。

ビデオもっていっていたのに、なぜか節電モードになってしまい、撮影できてませんでした><
ごめんなさい~><

きっと、もっともっとすてきなコラボレーションがうまれるよ!ということなのでしょう。



いままでにみせていただいた美しいものたちが
さらに素晴らしくなって。。。
よりおおきな歓びになってゆくのを
体感できて、
ほんとうに、うれしいです。

今年はいろんなかたちで表現していきます。
いろんな方々と
よろこびをさらにおおきなよろこびに
それをこころからいつくしみ、よろこびあえると信じています。


多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ


こちらもアップしました。
『月下  桜 の つぶやき。』
[PR]
by tsukisitau | 2012-01-03 20:10 | イベント告知など

バレンタインデー *おすそわけ*

バレンタインデーのおすそ分けです。





d0141365_21255815.jpg

ぐっと 大人なこんなのは いかがでしょう。
d0141365_2126776.jpg

それとも こちら?
d0141365_21264112.jpg





*みてくださってありがとうございます*




多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2011-02-14 21:27 | 雑貨・和菓子など

神戸観世会 能 *鶴亀と熊野*

今朝はめずらしく雪がふっていて、六甲山も雪化粧。とても綺麗でした。
お昼から能を観て来ました。



神戸観世会
2011(平成23)年2月11日(木・祝)       13時 開演 
上田観正会能楽堂            
神戸市長田区大塚町2丁目1-14 TEL.078-691-5449


能「鶴亀」
 シテ:藤井完治 鶴:上田絢音 亀:上田嶺貴
 ワキ:福王和幸 ワキツレ:喜多雅人・廣谷和夫 アイ:牟田素之
 笛:杉市和 小鼓:成田達志 大鼓:大村滋二 太鼓:三島元太郎
 後見:藤井徳三・橘保向
 地謡:勇海楽人・山村啓雄・下川宜長・山田義高・田中章文・笠田昭雄・上田大介・藤谷音彌

狂言「宝の槌」    善竹忠亮 岡村和彦 徳田知道

仕舞
 「箙」       久田勘鴎
 「梅」       観世清和
 「鞍馬天狗」  上田公威

 地謡:笠田昭雄・上田貴弘・藤井徳三・田中章文


能「熊野 村雨留」  
 シテ:吉井基晴 ツレ:久保信一朗
 ワキ:福王知登 ワキツレ:永留浩史
 笛:帆足正規 小鼓:上田敦史 大鼓:上野義雄
 後見:観世清和・上田拓司
 地謡:上田貴弘・笠田稔・久田勘鴎・勝部延和・上田公威・上田大介・藤谷音彌・上田宜照

附祝言


*出演者の変更あり*


※入場料(全席当日指定)    前売6,300円 当日7,350円 学生3,150円
※申込み・問合せ        上田観正会能楽堂078-691-5449


神戸の長田神社のあたりは割合知っているつもりだったのですが、
見知ったところをはいっていくと、住宅地の中に能楽堂がありました。


「鶴亀」は謡の最初に習う曲です。
しっている歌が舞台で上演されるのってなんだか不思議で、おもしろいですね。
鶴と亀の被り物をかぶった子供さんが揃って舞っておられてすてきでした。
藤井先生のご兄弟のみなさまも出演しておられました。
お囃子と謡とそれぞれの台詞との兼ね合いがみられるのは舞台ならではですね。
いつもはすらすらと謡うところも、間にこのような舞いやお囃子などがはいるんだなぁとおもいつつ。
天蓋の作り物も立派で、皇帝の舞う姿も堂々としておられてすてきでした。


「熊野」(ゆや、とよむのですよ。)は仕舞の最初のもので、まさにいま習っているものです。
全体の物語もとても興味深くて、ご母堂を心配して帰郷したい熊野さんの心境がわずかなうごきで察せられる舞台でした。
とくに、牛車にのって移動している場面。
牛車といってもたぶん竹ひごに布を巻いたものだとおもうのですが、
ちゃんと乗って移動しているみたいにみえるんですよね。
地謡でみえる景色が謡われ、熊野がそれを眺めていろんなおもいをしているのが微妙な動きでわかるようで。
文を読む場面も、短冊に歌をしたためる場面もあるのですが、それぞれ本当によんでいたりしたためているようで、興味深かったです。


お稽古で見聞きした曲が増えてゆくとなおたのしいことでしょうね。


冬の能楽堂はよくひえます。
とくに足元は靴下2枚でもかなり冷えました。
前回の京都でもかなり寒く、(とくに前半)上着を着ていました。
席にもよるのかもしれませんが。。。
冬はあったかくしていったほうがいいですね。



*よんでくださってありがとうございます*





多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2011-02-11 19:18 | つれづれ帖*言葉の風景

京都観世会の能をみてきました。 *おめでたづくし*

昨日かたずけをしていたら今日の能の案内がでてきたので、朝から京都にでかけました。
当日券は2階席だけでしたが、横から見る席のまん前にすわることができました。
舞台全体がみえて興味深かったです。

京都の観世会館の玄関はお正月飾り。
d0141365_21311444.jpg

入り口には門松。
d0141365_21314660.jpg

はいったところにはお飾り餅。
d0141365_21321294.jpg

そうそう、この平たい串柿にだいだいをのっけるのは至難の業なのです。
舞台も注連縄が張られていました。
d0141365_2133223.jpg

d0141365_21333061.jpg



駅でパンとおにぎりを買っていって大正解。
朝9時半につくようにとはやかったので、席を確保してから朝食にしました。
お昼も2時近くでささっとおにぎりを。
あったかいお茶があってたすかりました。

演目は以下のとおり。
いずれもおめでたい演目です。

京都観世会 例会 
2011(平成23)年1月9日(日)        10時半 開演
京都観世会館               京都市左京区岡崎円勝寺町44 TEL.075-771-6114


「翁」             
 翁:観世清和 三番三:茂山良暢 千歳:宮本茂樹 面箱:島田洋海 
能「老松」         
 シテ:(片山清司改め)十世・片山九郎右衛門 ツレ:河村博重
 ワキ:福王茂十郎 ワキツレ:廣谷和夫・森本幸冶 アイ:茂山千三郎
 笛:森田保美 小鼓:林吉兵衛・林大和・林大輝 大鼓:河村大 太鼓:小寺佐七
 後見:片山幽雪・青木道喜
 地謡:井上裕久・河村和重・浦田保親・古橋正邦・浦部幸裕・大江信行・橋本忠樹・河村和晃

狂言「佐渡狐」        茂山七五三 茂山あきら 茂山千五郎

仕舞
 「難波」       大江又三郎
 「田村 クセ」    杉浦元三郎
 「采女 キリ」    片山幽雪
 「須磨源氏」    林喜右衛門
  地謡:橋本雅夫・越賀隆之・橋本光史・深野貴彦

能「羽衣 彩色之伝」  
 シテ:杉浦豊彦 ワキ:福王和幸 ワキツレ:永留浩史・中村宜成
 笛:杉市和 小鼓:曽和博朗 大鼓:石井喜彦 太鼓:前川光長
 後見:大江又三郎・橋本擴三郎
 地謡:林喜右衛門・浦田保浩・河村晴道・味方團・田茂井廣道・吉田篤史・松野浩行・大江広祐

仕舞
 「邯鄲 アト」    浦田保浩
 「雲林院 クセ」   梅田邦久
 「鞍馬天狗」     井上裕久
  地謡:片山伸吾・味方團・田茂井廣道・梅田嘉宏

能「岩船」         
 シテ:河村和貴 ワキ:小林努 ワキツレ:有松遼一・岡充
 笛:左鴻泰弘 小鼓:伊吹吉博 大鼓:井林久登 太鼓:井上敬介
 後見:味方健・河村晴久
 地謡:味方玄・吉浪壽晃・分林道治・浅井通昭・深野貴彦・武田大志・大江泰正・河村浩太郎



今回は席に余裕があったので、
当日のパンフレットで出演される方々のお顔をたしかめつつ、
かつ謡いの節も本で確認しつつ観ることができました。


これで3度目になりますが、見るたびに気がつくことが多いです。
前回は能の装束や足運び・着物の着付けが独特で足袋がくっきりみえ、足袋のなかの指のうごきまでみえちゃうのにびっくりしたものですが、
今回は仕舞の基本形を一通り習ったところだったので、その所作があちこちにみられることにびっくりしました。基本形がなにより大事なことがよくよくわかりました。上からみていたので、扇の角度とか腕の具合や、舞台での位置取りもとてもよくわかりました。(よくわかったのと、実際にできるのとにはじつにおおきなおおきなへだたりがあるのですが・・・よく観察することって大事。)


それにしても、能楽師のみなさんの世界って大変・・・。
芸の世界ゆえ奥深いものでしょうし、この世界ならではのお付き合いも濃厚でしょう。。。
装束やこものの管理にしても、演目にしても、謡いにしても、舞台の上にしても、
とにかくまめで忍耐強いことを強いられるおしごとですねぇ。。。
出演、かつ各地での教室などもあるわけで。
ほんとうにあたまがさがります。



能の仕舞と謡いをならいはじめて、15日には新年会があります。

お正月前には「みんなで『竹生島』と『橋弁慶』を謡うから」とかるくおさらい
(とはいえ、わたしははじめてなので、うしろでもごもご・・・w)していたはずなのに、

はずなのに、

はずなのに、

昨日、先生から郵便がおくられてきて、

開封したら、


 ・

 ・


 ・



最初に『鶴亀』を謡うことになっていましたーーーーー!!!

なんでやねーーーん!


先輩とふたり。。。なのでかなり心強いですが、かえって一人で謡っていたので二人というのも緊張します。

とはいえ、他の方々も、予期せぬ(予告されぬ)演目があてられており、
かつ、先輩方は仕舞もご指名されているので、
大変です。

新春早々びっくりしすぎて。。。わらうしかないというか。。。


とりあえず、まだ時間はあるので、
復習。。。

がんばります。







*みてくださってありがとうございます。*







多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2011-01-09 22:06 | つれづれ帖*言葉の風景

皇居東御苑 *きもちいいところです*

コスモス短歌会の午前中は皇居ですごしていました。
東御苑(江戸城跡)にはじめて入りました。
d0141365_2132881.jpg

いいお天気で、むしろ暑いくらいでした。
建物は、見張りの番所が2箇所と富士見櫓かな。
あとは石垣です。
d0141365_2142111.jpg

なんだか広大でおもしろいです。
d0141365_2154398.jpg

マンホールは。。。ありました!
渋いデザインでいいです。
d0141365_2162024.jpg

d0141365_2162834.jpg
d0141365_2165742.jpg
d0141365_217672.jpg

(これは御苑前の木のまわりにあったもの)
d0141365_2175850.jpg

ひろーい!
だから樹ものびのびしていてきもちよさげです。
d0141365_2184533.jpg
d0141365_2185939.jpg
d0141365_219897.jpg

ほとんどが公園みたいになっていますが、さすがにごろごろできる雰囲気ではありませんでした。
d0141365_21101492.jpg

いろんな植物が大切にされているのがよくわかります。
d0141365_2110499.jpg

紫式部も枝のびのびでたわわです。
d0141365_21111848.jpg
d0141365_2111273.jpg

木陰のつわぶきもみずみずしいです。
d0141365_21115251.jpg

千両は二種類。
d0141365_21121545.jpg
d0141365_21122372.jpg

陛下のお考えから日本固有の植物など植樹されています。
d0141365_21131863.jpg
d0141365_21132549.jpg

おもしろい竹もあります。
d0141365_21135849.jpg

12月半ばにはまだまだ紅葉が美しかったです。
いろんな種類の紅葉がありましたので、落ち葉もそれぞれたのしかったです。
d0141365_21144985.jpg
d0141365_21145813.jpg
d0141365_21152274.jpg
d0141365_21153742.jpg


ここが江戸城跡。
d0141365_21172451.jpg

本丸だけ石垣がのこっています。
d0141365_21174118.jpg

とはいえ、大阪城や姫路城をみなれているわたしにとってはつくりが単純すぎてちょっとものたりないかんじ。
d0141365_21164431.jpg

泰平の世ならではのお城ですね。

本丸跡でおにぎりぱっくん計画もあったのですが、
白手袋の方の見回りがあり断念しました。

ここからあっちの芝の端っこまでお城だったんだな~とおもうと、やっぱりすごいです。
d0141365_21181818.jpg
d0141365_21182553.jpg

お城はこの曲線が美しいですね。
d0141365_21192450.jpg

石積みだいすき!
d0141365_21194446.jpg
d0141365_211951100.jpg

日本庭園もあるのですが、そちらにはいかず、雑木林へ。
こちらも昭和天皇が武蔵野が開発されて雑木林がうしなわれてゆくことを憂慮されて再現されているものだそうです。
葉っぱはほとんどおちていましたが、しじゅうからのつぴーつぴーという声がきこえてきたり、
いろんな小鳥の気配がして、しばらくしゃがんでたのしんでいました。
d0141365_2121442.jpg
d0141365_21215361.jpg
d0141365_21221699.jpg

d0141365_21234663.jpg



神戸へかえってから書店で皇居の植物たちの本が出版されていました。
いろんなおこころづいかいをされているようです。
日本古来の茜も皇居でのみ発見され、古来の色が復元できたそうです。
伊勢神宮の存在も皇居の存在も、いわば日本文化のタイムカプセル的な役割が大きいのではないかなぁとおもいます。
どんなことがあっても子孫に文化をつたえつづけるという使命のようなもの。
なにがあってもいきのびてゆけるようにと。

そうそう、入ってすぐのところに十月桜と木瓜が咲いていました。
d0141365_21312186.jpg
d0141365_21312824.jpg
d0141365_21313682.jpg

地味に咲いていたので、ほとんどの方がきづいておられなかったのが残念。


時間も頃合となったので、タクシーで八重洲富士ホテルへとむかったのでした。




*みてくださってありがとうございます。*




多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2011-01-07 21:33 | *風景*旅・神社など

皇居はいいなぁ。 *最高のパワースポットじゃないかと。*

昨年(コスモス短歌会の午前中)におとずれた皇居。
ひろーーーい!
きもちいいーーー!
神社よりもはるかにきもちいいんじゃないかとおもいます。

警備のかたがたは自転車で移動。
それもせかせかしていないのがいいです。
d0141365_19185262.jpg
d0141365_191912.jpg
d0141365_191986.jpg

盆栽みたいな松に石垣。
d0141365_19192824.jpg

ガラス張りのビルを背景にした松。
すんごいシュール。
d0141365_1920960.jpg
d0141365_19201872.jpg

d0141365_19261212.jpg

d0141365_19262894.jpg

日曜日は周囲を自転車サイクリングロードに開放しているようです。
d0141365_19212554.jpg
d0141365_19213412.jpg

探していたマンホール!
やっぱりシンプルでいい♪
d0141365_1922791.jpg
d0141365_19221426.jpg

朝9時ごろでしたがはとばす稼働中でした。
d0141365_19223925.jpg

この遠近感の消えていくかんじがシュール。
d0141365_1924224.jpg
d0141365_1924146.jpg
d0141365_19243229.jpg
d0141365_19244370.jpg

ちえこ、ここにはそらがあるやん、とひとりでつっこむ。
d0141365_19251938.jpg






*みてくださってありがとうございます。*





多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2011-01-06 19:27 | *風景*旅・神社など

うさぎ うさぎ うさぎ

年末にオーケストラの演奏をみていたら、うさみみつけて演奏している女性がふたりほどいたんです。
で、ウィーンフィルをみていたら、うさみみのひとはいなかった~w
干支って西洋にはないみたいです。

うさぎを撮影したことがあったかな~とおもいかえすのですが、(大抵撮影したものはおぼえています)
うさぎってペットショップにいることがおおいから撮影できないんですよ~;;
動物園にいくとうさぎじゃないものに興味がいっちゃうし。
犬とか猫みたいに散歩もしていないし・・・。

なので、うさこちゃんとピーターです。

渋い箔押しピーター。
d0141365_2215313.jpg

d0141365_22154199.jpg



うさこちゃんはよくちいさな絵本を何度も読みました。
いまはミッフィーってよばれていますね。
d0141365_22151782.jpg

ミッフィー展も盛んです。
丸顔のおねえさんになりました。
d0141365_22171539.jpg
d0141365_22172167.jpg
d0141365_22172758.jpg

ちらっ!
どれがうさこちゃんかみわけられないのは・・・愛がたりないからでしょうか。
d0141365_2218077.jpg



そういえば、だいすきなおやつに「ロールちゃん」。
d0141365_22332836.jpg

おかあさま。
d0141365_22334990.jpg

季節限定の味とパッケージもあるので、こまめにチェックしています。
ラムおねえさんもあだるとなかんじでいいです。


桜うさぎもいいですね。
d0141365_2221364.jpg

こんなかんじで波にのっていきましょう~!
d0141365_22203293.jpg





*みてくださってありがとうございます。*





多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2011-01-04 22:21 | つれづれ帖*言葉の風景

新年の 信念の ごあいさつ *本年もどうぞよろしくおねがいいたします*

謹んで新春のご挨拶申し上げます。
本年もどうぞよろしくおねがいいたします。


しんねんの、といれたら信念のと2度もでてきました。
信じて念ずること。
それは、じぶんの心身を平安と歓喜で満たすこと。
それがひいては身近なひとに、であう方々につたわってゆくと信じています。

だから、日常生活のひとつひとつを、
たとえば料理も掃除も、
こころをこめて、よろこんでやります。
ちいさなちいさなことでも
「できたよ」ってじぶんをほめます。
とりくめなかったことも
「だいじょうぶだよ」ってじぶんを責めません。
やりたいなぁとおもったことを
ためらわずに素直にやってみます。
うれしいなぁとおもったことを
ためらわずに素直に表現します。

朝 目が覚めたら
このからだと、ちきゅうと、となりにいるきみに感謝します。
夜 ねむるまえに
このからだと、ちきゅうと、となりにいるであろうきみと縁あったひとびとに感謝します。
そしていまいただいているしあわせが地球と
ちきゅうのうえにいるすべてのいきものにもとどくようにと願います。

ときどきさまよっているたましいにであいます。
「もう、そこにいなくてもいいんだよ」っておはなしします。
「かわることはこわくないんだよ うれしくてたのしいことなんだよ」っておはなしします。


ご縁をいただきましたみなさん、
ありがとうございます。
みなさんとであうことで
わたしはおおきくおおきくかわりました。
おそれやふあんはきえさり
おおきなよろこびとおおきなあいをしりました。
ありがとうございます。

ことしもどうぞよろしくおねがいいたします。
いっしょにすてきなみらいをつくっていきましょうね!



月下  桜 拝





*いつもおとずれてくださって、ありがとうございます。*
[PR]
by tsukisitau | 2011-01-03 16:34 | つれづれ帖*言葉の風景

イルミネーションin東京。

あっというまに年の瀬です~。
はやいです!
今年もいろんないろんなすばらしいご縁をいただきました。
おとずれた先で最高のできごとがおこり、
おとずれた先でつぎのたのしい予定がきまってゆく、ということの連続でした。
ありがたいです。
ありがとうございます。


東京のイルミネーションです。
六本木ヒルズの展望台より。
53階だったかな?エレベーターで耳がきゅぅっとなりました。
d0141365_23233398.jpg
d0141365_23234275.jpg

d0141365_23432760.jpg

同時開催されていた森美術館の作品展は、
かなり刺激的で感触としてはきもこわいかんじでした。
なかには気配を表現したものや、骨の幾何学的な造型物などはうつくしいとおもいました。
スカイプラネタリウムも開催されていて、ふたりづれにまぎれながらひとりで鑑賞していました。
宇宙をあるくような、というコンセプトで、なかなか興味深かったです。
なかでも、宇宙のはじまりのところへぐーーーんといって、
そこからまた地球へひゅーーーんともどってくるのが感動しました。
きっとうまれるときはあんなふうにしていのちをわけていただいているのでしょうね。

東京ミッドタウンのライトアップです。
d0141365_23293976.jpg

「ロマンチストおじさん」。
そう、ロマンチストおじさんたちがうみだしてくれているのですよね。
ワイングラスのような電飾。
d0141365_23304716.jpg

蛍が宿る樹みたいです。
d0141365_23314110.jpg

さっきみてきた宇宙を眺めているような。
d0141365_23332467.jpg

d0141365_23333523.jpg
d0141365_23334674.jpg
d0141365_2333557.jpg
d0141365_2334776.jpg
d0141365_23343288.jpg
d0141365_23345338.jpg
d0141365_2335727.jpg
d0141365_2335178.jpg
d0141365_23355433.jpg

このあかりを みてほしいとねがったひとがいる。
d0141365_23371066.jpg
d0141365_23372428.jpg
d0141365_23374710.jpg

ひとりがつたえて かたちにしてくれた。
d0141365_233805.jpg

いま うけとりました。
d0141365_23402568.jpg

ありがとうございます。





*みてくださってありがとうございます。





多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2010-12-30 23:41 | *風景*旅・神社など

メリー*クリスマス! 昨年横浜でお見かけしたクリスマスのお花たち

昨年横浜の異人館にたちよりましたら、丁度クリスマスのお花をかざっておられました。
全部造花ではあるんですけれど、ものすごくきれいでしたので、撮影させていただきました。
そのときにアレンジの教室のパンフレットもいただいていたんですが、引越しでどこかに埋もれてしまってます。
先生、ごめんなさい;;

d0141365_20124628.jpg

d0141365_2013239.jpg
d0141365_20133425.jpg
d0141365_2014539.jpg
d0141365_20142369.jpg
d0141365_20143554.jpg
d0141365_2014425.jpg
d0141365_20151751.jpg
d0141365_2015405.jpg
d0141365_2015475.jpg
d0141365_2016063.jpg
d0141365_20163574.jpg
d0141365_2017076.jpg
d0141365_2017743.jpg
d0141365_20171378.jpg
d0141365_20173035.jpg
d0141365_20173971.jpg
d0141365_20175411.jpg
d0141365_2018251.jpg
d0141365_20184359.jpg

オリーブをくわえた鳩。
d0141365_20191244.jpg

おとなになったあなたのところにもトナカイさんはむかっていますよ。
d0141365_20194473.jpg

おおいなる祝福に 感謝。





*みてくださってありがとうございます。




多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2010-12-24 20:20 | *風景*旅・神社など


心惹かれた素敵なものたちを一緒に楽しんでいただけたらうれしいです。
メモ帳
多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ

いつも応援ありがとうございます。

*『お散歩かめら塾』はじめます。詳細・お申し込みは「告知」のカテゴリーからよろしくおねがいします。

*タグ・カレンダー(さかのぼってみることができます。日を指定するとその記事をみることができます)は、項目がリストになって、見たい記事を選んでみることができます。
*カテゴリーは、最新の記事から順にすべてのページが開きます。

*神社・旅行の記事は風景にはいっています。

いままでの記事・写真はこちら。
「月下 桜 の 世界」

お時間のあるときに、のんびりしていってくださいね。

*私のブログ*
「月下  桜 の つぶやき。」
「ひかりのことば」
「関西 てくてく・もぐもぐ」

『光りは内にあり』
惟神霊幸倍坐世〓彌榮〓
かんながら たまちはえませ

神のように天に恥じない行動と言葉でもって動きます。さらに人智では及ばないところは、よろしくお導きくださいませ。

タグ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
月下  桜さんの歌
from 麦太朗の題詠短歌
鑑賞:003「助」(トラ..
from a swallow unde..
鑑賞:002「一日」(ト..
from a swallow unde..
鑑賞:001「笑」(トラ..
from a swallow unde..
中秋の名月
from PIPEDREAM別館
【鬼の腕・宗旦槿(そうた..
from 妙花抄(三)
アガパンサス
from ずっと大分が好きだ
ライフログ
お気に入りリンク♪
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧