*月下  桜 の 世界*



川口市の氷川神社

6月20日のものです。

短歌サミットのある川口市でも氷川神社発見です。
ご祭神は素盞鳴命 櫛稲田姫命。
さっそく訪れました。

五つ鈴がならんでいます。いすず?
d0141365_14253383.jpg

夕刻でしたのでどなたもいらっしゃらないとおもい、ひふみ祝詞(ビックバンバージョン)を奏上しておりましたら、神社のかたが拝殿の扉をあけられました。いろいろなものを拝殿にしまうためだったのですが、なんとも絶妙のタイミング・・・。
ご挨拶させていただきました。
d0141365_14285687.jpg

d0141365_1429672.jpg

ご本殿の裏手にまわるとご神木がありました。
d0141365_14292736.jpg

「抱きついてもよい」とあるので、おもいっきりぺったりとくっつかせていただきました。
きもちいいなぁ。。。。
とても安心します。
いのちをいただいているんだなぁ、からだをおかりしているんだなぁ・・・。
いろんなおもいがあふれてきました。
d0141365_1432942.jpg

ありがとうございます。


神社のHPはこちらです。
「川口市の氷川神社」


6月21日。
燕とのふとおもいたった旅の二日目は雨、となぜかきまっています。伊勢も屋久島も広島も雨。
現地で大きなこうもり傘をもとめるのが定番になりました。
けれど、旅自体にはいつも支障がないのです。歩くところでは小雨になったりやんだりするのです。
かえっておもしろい雲や空をみせていただけたりします。おもしろいですね。

二日目は横浜の元町を歩きました。婦人洋品店が多かったです。
なかでも驚いたのが、雨の日グッズ専門店。傘とか、レインコートとか、長靴とかしかおいてないのです。しかもものすごく種類が豊富!みているだけで、雨の日が楽しみになりそうなお店でしたよ^^

地図で厳島神社があるのに気づいていたので、参拝に伺いました。
参拝中はものすごい土砂降り。気兼ねなくひふみ祝詞(ビックバンバージョン)など奏上させていただき、ご挨拶させていただきました。

参拝後は雨が小雨になりました。

外国人墓地の南側をゆっくりのぼりつつ、外からいろいろなお墓があるのを眺めさせていただきました。
雨にぬれそぼった石と緑(丁度十薬:どくだみ)とのとりあわせがうつくしかったです。
クロスの形も墓石のかたちもそれぞれちがいます。
クロスに百合の花が彫ってあるものもありました。

横浜の異人館は外観を数件、「外交官の館」をじっくり撮影させていただきました。
神戸とちがって無料なのがありがたいです^^
さきほどまで激しい雨でしたので、お客さんもいらっしゃらず、おもいがけず燕もわたしもこころゆくまで撮影させていただきました。
またそれは横浜の夜景などとともに後日アップしますね。


*携帯からブログをみてコメントを書き込みたい場合のアドレスです。(承認制にしてあるけれどできるかな・・・?)お手数おかけします。
http://mblog.excite.co.jp/user/tukisitau/

多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2009-07-20 14:49 | *風景*旅・神社など
<< *短歌* 「日食」 埼玉県川越市の町並み・氷川神社 >>


心惹かれた素敵なものたちを一緒に楽しんでいただけたらうれしいです。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
メモ帳
多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ

いつも応援ありがとうございます。

*『お散歩かめら塾』はじめます。詳細・お申し込みは「告知」のカテゴリーからよろしくおねがいします。

*タグ・カレンダー(さかのぼってみることができます。日を指定するとその記事をみることができます)は、項目がリストになって、見たい記事を選んでみることができます。
*カテゴリーは、最新の記事から順にすべてのページが開きます。

*神社・旅行の記事は風景にはいっています。

いままでの記事・写真はこちら。
「月下 桜 の 世界」

お時間のあるときに、のんびりしていってくださいね。

*私のブログ*
「月下  桜 の つぶやき。」
「ひかりのことば」
「関西 てくてく・もぐもぐ」

『光りは内にあり』
惟神霊幸倍坐世〓彌榮〓
かんながら たまちはえませ

神のように天に恥じない行動と言葉でもって動きます。さらに人智では及ばないところは、よろしくお導きくださいませ。

タグ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
月下  桜さんの歌
from 麦太朗の題詠短歌
鑑賞:003「助」(トラ..
from a swallow unde..
鑑賞:002「一日」(ト..
from a swallow unde..
鑑賞:001「笑」(トラ..
from a swallow unde..
中秋の名月
from PIPEDREAM別館
【鬼の腕・宗旦槿(そうた..
from 妙花抄(三)
アガパンサス
from ずっと大分が好きだ
ライフログ
お気に入りリンク♪
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧