人気ブログランキング |

*月下  桜 の 世界*



わたしのわくわくすること。花たちとのであい。

花の写真を撮影していると、その花たちといつごろ・どこでであったかも憶えています。

人の顔と名前はなかなか(ぜんぜん)覚えられないのですが、道や建物の構造などは大抵一度で憶えています。夢のなかの学校やショッピングモールの構造も(何年前のものも)おぼえていたりして、なんだかおもしろいですよね。きっと実際におなじ場所にいったら迷うことなくおなじ道をたどれるんだろうとおもいます。

「家栽の人」という漫画があり、その主人公も散歩中にみかけた樹や花の咲く時期などをたのしみにコースを決めていたりして四季をたのしんでいます。
わたしも「そろそろあの花の時期かな」とおもいながら、一度とおったことのある家の小さな庭をのぞいたり観察しながらあるいています。今の時期だったら、水仙の芽がでているかなとか、あの素敵な白椿が咲いているかなとか、そろそろ沈丁花のつぼみがついているかなとか、木蓮の蕾のふわふわの毛をなでたり、桜の枝先のふくらみをながめたりしています。

花店で売られているような、花が綺麗に咲いている状態が完成形ではなくて、わたしのなかでは、土から出てくるところも、咲いてゆく様子も(咲いてゆく様子がいちばんどきどきしますね!)、うつくしい姿も、枯れかけた姿も、花がおちて、次の準備にすすんでいく様子も、葉っぱの新芽の準備の姿もどれもうつくしいとおもいます。
万全の花のかたち、スタジオやライティングで最大限、じぶんの追求する花の「美」を引き出すという手法ももちろんあるとおもいますが、わたしが「美」をつくりだすのではなく、いま、そこにある「美」をみつけだすほうが、ずっとおもしろいです。宝探しみたいでしょう~♪
ヒントはいままでであったものの記憶。それから香り。それから注意深くみること。
おなじものであっても、しらないことばかりだし、いろんな発見があるのがものすごく楽しいのです。
天候や生育状況によっても魅力が随分違います。
花の鉢のおいてある高さによってもちがいます。

通勤のときには、撮影していると時間を忘れてしまうので(アラームをかけていてもです)撮影禁止にしています。ある朝、「あ、いいな」とおもって、週末に撮影しにでかけると、そうでもなかったり、それ以外のものに興味ひかれたりすることがままあります。
「そのとき」でないと「その美」はありえないのであって、おなじ花であっても「であったその瞬間」ゆえの「美」をみせてもらえたのだといつも感謝しています。
花だけではなく、空き地の雑草や、なんでもないすすきみたいな葉っぱたちにもおなじものをかんじます。
描く曲線の美であったり、色であったり・・・ものすごく繊細な花や実たちだったり。。。
生命力だったり、したたかさであったり。。。
いろんなことを草木からおしえてもらっています。


畑もとても興味津々で、いまどうなっているのかなとか、なにが植えられているのかなとかおもいながら観察するのがたのしいです。
旬がすぎたあともどうなっていくのか、興味津々で、霜枯れの白菜やキャベツの葉っぱが土にかえってゆく姿などにもこころうごかされます。茶色のかたまりになったキャベツのわきから、ちいさなキャベツの芽がでてまるくなっているのとか、もう食べられたり種になったりすることはないのだけれど、生命力を感じてものすごく感動します。
小さな庭にいろんな野菜が必要なぶんだけ植えられているのもとてもおもしろいです。
郊外にゆけば、商品としての菜っ葉や苺畑もみられて、それはそれでおもしろいです。
ときどき、抜いたばかりのものを水路をせき止めて洗う場所があって、おじさんが腰まで水につかってじゃぶじゃぶあらって、おばさんがひとたばづつ束ねているのをみかけることもあって、ああ、こうやって店に運ばれてくるんだなぁって感動します。
お店でも、苺のパックとかみると、だれかが、毎日ていねいに様子をみながらそだてて、つぶれないように、いたまないように、そぉっとあつかって運ばれてきているのだなぁっておもいを馳せます。まいみくさんで苺を栽培されているかたがいらっしゃって、そのかたの日記をみると、いろんなことをしります。

自然農や家庭菜園をされているまいみくさんもいらっしゃって、日記で様子をつたえてくださるのがとてもたのしみです。
初春になると、山菜取りにでかけられるまいみくさんもいらっしゃって、名前のしらない野草があったり、処理の方法を書いてくださったりして、興味しんしんです。

昨年はNHK短歌と俳句のあとで「やさいの時間」という超初心者むけの家庭菜園の番組があって、それをふたりでみていました。いろんな野菜をそだてていて、あっというまに収穫時期になったりしていてとてもきょうみぶかかったです。貸し農園でつくってみたいなぁっておもっています。

でも、育てるのには向いていないと痛感してます。
サボテンや多肉植物でも枯らしてしまうわたしでも大丈夫なものでしょうか・・・w





多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
by tsukisitau | 2010-01-09 21:33 | つれづれ帖*言葉の風景
<< 蝋梅 *百花に先駆けて咲く梅の... お正月の風景 *月がとってもき... >>


心惹かれた素敵なものたちを一緒に楽しんでいただけたらうれしいです。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
メモ帳
多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ

いつも応援ありがとうございます。

*『お散歩かめら塾』はじめます。詳細・お申し込みは「告知」のカテゴリーからよろしくおねがいします。

*タグ・カレンダー(さかのぼってみることができます。日を指定するとその記事をみることができます)は、項目がリストになって、見たい記事を選んでみることができます。
*カテゴリーは、最新の記事から順にすべてのページが開きます。

*神社・旅行の記事は風景にはいっています。

いままでの記事・写真はこちら。
「月下 桜 の 世界」

お時間のあるときに、のんびりしていってくださいね。

*私のブログ*
「月下  桜 の つぶやき。」
「ひかりのことば」
「関西 てくてく・もぐもぐ」

『光りは内にあり』
惟神霊幸倍坐世〓彌榮〓
かんながら たまちはえませ

神のように天に恥じない行動と言葉でもって動きます。さらに人智では及ばないところは、よろしくお導きくださいませ。

タグ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
月下  桜さんの歌
from 麦太朗の題詠短歌
鑑賞:003「助」(トラ..
from a swallow unde..
鑑賞:002「一日」(ト..
from a swallow unde..
鑑賞:001「笑」(トラ..
from a swallow unde..
中秋の名月
from PIPEDREAM別館
【鬼の腕・宗旦槿(そうた..
from 妙花抄(三)
アガパンサス
from ずっと大分が好きだ
ライフログ
お気に入りリンク♪
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧