*月下  桜 の 世界*



『ハウルの動く城』 考察その1 *掃除の効力* 

先日、夫がツイッターにて「『ハウルの動く城』やってるって」といったので、観てみようとテレビをつけました。
どのチャンネルかわからなかったけれど、つけたら丁度はじまりました。

『ハウルの動く城』は一度みたことがあったんだけれど、そのときは背景のほうにみとれていたり、ソフィの容姿の変貌にとまどったり、ストーリーにとまどったりして、正直よくわからなかったけれど、昨日みたときはいろんなことを感じ取ることが出来ました。

夫は「たぶん、開始15分で寝るとおもう」という宣言どおり、開始5分で熟睡。
そして一度も朝まで起きなかったw

わたしは見終えた後、いろんな場面をおもいだして、いろんなことが繋がって、2時間くらい目が冴えていました。

翌日、夫が「『ハウル』どうだった?」とたずねてくれたので、いろんなことを言葉にすることができました。
夫はとても興味深く聴いてくれて、「それ、ブログにかいてよ」といってくれたので、書いておくことにしました。
ありがとう。




宮崎アニメのなかで連なっていることがいくつかあるなぁっておもう。
女性(女の子)の芯のつよさだったり、それをまもるための男の子の超人的な力や無鉄砲さだったり。
ラナとコナン(未来少年コナン)、シータとパズー(天空の城ラピュタ)、ソフィーとハウル(ハウルの動く城)。


女性は困難に直面したとき、まず手がけるのが「掃除」。

シータも女海賊ドーラの船に乗り込んだあと真っ先に手がけるのがキッチンの掃除。
まー・・・おとこやもめにうじがわく、とよくいったもので、ラピュタにしてもハウルにしてもハンパじゃない状態。
だからこそ闘志が湧くというか、のめりこむというか・・・。
そういえば(千と千尋の神隠し)の千も掃除をばりばりしてたなぁ。あれは強制的にだけれど。
キキ(魔女の宅急便)もおとうさん(トトロ)も掃除の場面があった。

掃除するってことは、自分の居場所・領域を獲得することになるんだよね。
物を片付けるとき、仕舞うとき、じぶんの使い勝手のいいように配置する。
空間と物をじぶんの支配下に置く、という行為だとおもう。

わたしも家をはじめ、新しい職場や部署に行ったときに最初にするのが「掃除」。
どこになにがあるのか、じぶんのなかでマップをつくりあげてる。
そうすることで、「ひとの場所」だったところが「じぶんの領域」になって、
ぐんと居心地がよくなるし、じぶんを発揮することができるようになる。

掃除は目に見えて結果がでるし、達成感を味わうことが出来る。
無心になってやるから、直面している困難すら傍らに置いておくことが出来る。
いろんなことを考えない。
必要のないものは捨てる。シンプルになる。身軽になる。
神社でもお寺でも掃除が日課の大切な割合をしめているけれど、
掃除という行為をつうじて、じぶんのこころを磨き上げている修行なんだとおもう。
そういうことを女の人はさらりと行う。


宮崎監督はきっと女性の懐の大きさに感動してるんじゃないかなぁ。
何気ない行為すべてが意味があって、愛であることに。




(ながくなるので、何度か分割しながら続きを書きますね)



多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2010-07-18 21:49 | つれづれ帖*言葉の風景
<< 梅雨明けの空をうつしたみずたま... バラ 長居公園 「ディスティニィ」 >>


心惹かれた素敵なものたちを一緒に楽しんでいただけたらうれしいです。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メモ帳
多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ

いつも応援ありがとうございます。

*『お散歩かめら塾』はじめます。詳細・お申し込みは「告知」のカテゴリーからよろしくおねがいします。

*タグ・カレンダー(さかのぼってみることができます。日を指定するとその記事をみることができます)は、項目がリストになって、見たい記事を選んでみることができます。
*カテゴリーは、最新の記事から順にすべてのページが開きます。

*神社・旅行の記事は風景にはいっています。

いままでの記事・写真はこちら。
「月下 桜 の 世界」

お時間のあるときに、のんびりしていってくださいね。

*私のブログ*
「月下  桜 の つぶやき。」
「ひかりのことば」
「関西 てくてく・もぐもぐ」

『光りは内にあり』
惟神霊幸倍坐世〓彌榮〓
かんながら たまちはえませ

神のように天に恥じない行動と言葉でもって動きます。さらに人智では及ばないところは、よろしくお導きくださいませ。

タグ
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
月下  桜さんの歌
from 麦太朗の題詠短歌
鑑賞:003「助」(トラ..
from a swallow unde..
鑑賞:002「一日」(ト..
from a swallow unde..
鑑賞:001「笑」(トラ..
from a swallow unde..
中秋の名月
from PIPEDREAM別館
【鬼の腕・宗旦槿(そうた..
from 妙花抄(三)
アガパンサス
from ずっと大分が好きだ
ライフログ
お気に入りリンク♪
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧