*月下  桜 の 世界*



日光の旅 その3 *日光のひみつの場所*

日光の旅:文字バージョンです。



「つぎは、日光の東照宮の敷地のなかでもひみつの場所にいきま~す」とのこと。
どんなところだろう。

「いつもはものすごく渋滞して大変なんだよ~」とはなしていたが、
ちょうどいいぐあいに駐車場に停められた。


杉並木をゆっくりあるく。
大きな杉に苔がむしている。
石組にもそのうえにも苔やしだやきのこやちいさな草花があって、屋久島みたいだった。

昨日まで大雨だったそうで露ものこっていた。

苔もいろんな種類があり、いとおしい。
ときどきちいさなきのこがはえていたりする。
石垣もこけむしていて、合間からでるしだやいろいろな草のみどりがやさしい。
片方にはせせらぎが石垣にそって流れていた。



苔の展覧会をみるようにゆっくりあるく。

カメラを手にしているときだけでなく、おとずれた場所で時間のゆるされているかぎり
「その場所・いま・発見する自分」を大切にする。たからさがしをするように。

いろんなものがみえてくる。

いろんなつながりがかんじられる。

そのなかにわたしもいる。

奇跡のような時間をあじわいつくす。



ふみさんにも「亀みたいになるから」とはなしていたので、気がねなく過ごす。




秘密の場所にようやくたどりついた。

苔むした石畳の階段はまんなかに手すりがある。

「日光はものすごく人がおおいんだけど、どうしてだかここはひとがこないの」

それほどに、階段は苔で海草のようにぬらぬらしており、微妙に傾斜しているのがまた危険だった。
おおきな葉っぱがおちており、朴葉だとおもった。
とおくにものすごく大きな葉っぱをしげらせた朴がみえる。

ここは杉だけでなく、いろいろな木がある。
いろいろな緑がうつくしい。
ゆっくりあるくたびにかわってゆく景色をたのしむ。

シャクナゲが多い。
ふだんは6月に咲くものが、つぼみや開花しているものわずかにあった。
縁のうす桃色のうつくしい白い花だった。


めざしているところにつき、ご挨拶して裏の墓所にうかがうと、なにかが降ってきた。


杉林のなかをゆっくりふわりふわりと雪のようなしずけさとはやさでまいおりてくる滴たち。
こまかなこまかな雨粒で、霧雨でもなく、通り雨にしてははじめてかんじる降りかただった。

スローモーションのように、しずくの軌跡が点々になってみえる。

つめたくもない。

しずくというより、みずの粒子。

ふたりで、手をのばしたりして。

そして抱き合った。


ひかりもこんなふうにいつも降っているのだ。

よろこびも祝福も。

うけとるか気づくかそういうことなどきにかけずに、ただただやさしく降り注いでいる。

なんておおきな愛なんだろう。




宮内庁管轄のところがあり、そこにもご挨拶した。
めずらしくぞわぞわした。したが、いやな雰囲気ではなかった。
ここは秘められた場所。
東照宮が風水の要としてつくられたように、ここもまたそうであり、
おそらく関東・日本の要のひとつであるのだろう。
ご挨拶してゆっくりくだった。

男体山を遙拝する二荒山神社にもご挨拶にゆく。
世界遺産関連のイベントがあるらしく、セッティングがされていた。
関係者の祈祷がすんだところだった。
ここの手水は青竹からでている。
とてもきもちがいい。
そしてくっつきあった杉があった。
巫女さんの髪飾りはとてもシンプルで半紙と麻だった。
きっと本来もこんな具合だったのだとおもう。

日光の建物・塔を垣間見る。
彫刻や色使いから日光だなぁとおもう。

「富士山」ナンバーの車をみかける。
ふみさんもはじめてみるという。
いいものみれたな~。


ぐるりとめぐり、車に乗り込み、日曜に参加するワークショップの申し込みに幾何学堂という店にむかう。


(つづきます。まだ一日目だよ~w)


*よんでくださってありがとうございます。




多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2010-10-11 14:54 | つれづれ帖*言葉の風景
<< わの舞合宿 六甲山 その1 日光の旅:写真版 *お蕎麦小休... >>


心惹かれた素敵なものたちを一緒に楽しんでいただけたらうれしいです。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メモ帳
多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ

いつも応援ありがとうございます。

*『お散歩かめら塾』はじめます。詳細・お申し込みは「告知」のカテゴリーからよろしくおねがいします。

*タグ・カレンダー(さかのぼってみることができます。日を指定するとその記事をみることができます)は、項目がリストになって、見たい記事を選んでみることができます。
*カテゴリーは、最新の記事から順にすべてのページが開きます。

*神社・旅行の記事は風景にはいっています。

いままでの記事・写真はこちら。
「月下 桜 の 世界」

お時間のあるときに、のんびりしていってくださいね。

*私のブログ*
「月下  桜 の つぶやき。」
「ひかりのことば」
「関西 てくてく・もぐもぐ」

『光りは内にあり』
惟神霊幸倍坐世〓彌榮〓
かんながら たまちはえませ

神のように天に恥じない行動と言葉でもって動きます。さらに人智では及ばないところは、よろしくお導きくださいませ。

タグ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
月下  桜さんの歌
from 麦太朗の題詠短歌
鑑賞:003「助」(トラ..
from a swallow unde..
鑑賞:002「一日」(ト..
from a swallow unde..
鑑賞:001「笑」(トラ..
from a swallow unde..
中秋の名月
from PIPEDREAM別館
【鬼の腕・宗旦槿(そうた..
from 妙花抄(三)
アガパンサス
from ずっと大分が好きだ
ライフログ
お気に入りリンク♪
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧