*月下  桜 の 世界*



蝉の羽化 夏休みの観察日記

蝉の羽化ってみたことがありますか?
いままで気になりつつもみたことがなかったので、
夫:瀬波と一緒に今年探してみました。
瀬波は子供のときに観察したことがあって「それは綺麗なもんだよー!」と
話してくれていたことがあってみたかったのです。。

日中に近くの公園で蝉の抜け殻の多い樹をみつけておきます。
夕方になってみにいきましたが、まだ一匹もでていなかったので、出直しました。
夜8時半位に明かりを持ってみにいきます。
中身のはいっているやつかどうか、照らしながらさがします。
懐中電灯で足元を照らしつつ、踏んじゃったりしないように慎重に。。。
ほどなくして葉っぱにぶらさがっている中身入のをみつけました。
もっていっていたハサミで葉っぱを茎からきりとって、慎重に慎重に家に持ち帰ります。
とってもデリケートな状態なので、ぜったいどこにも触れないようにしないといけないよ、と
いわれて、そーっと、そーっと。
蝉はあの茶色い状態の足でつるつるの葉っぱにくっついているんです。
虫って凄いなーっていつもおもうんですが、つるつるなのにあの繊細な脚で
歩いたりくっついたりできるのが凄すぎる。

部屋にそーーっと持ち込んで(公園だと暗いし蚊にくわれちゃうからね)
観察しやすい場所に茎を洗濯バサミでしっかり固定してカメラをもって眺めていました。

もう運んでいるあいだに背中がぱかっと割れてきてでてきていました。
どうするのかなーとみていると、
うーーーーん(とは、いわないけど)と、海老反りになっていきます。
手足は折りたたんだ状態。
羽もたたまれていて、緑と白のかたまりがくっついていて羽だかなんだか最初はわからなかったです。
黒目がつやつやしていて可愛いです。

完全に後ろ足もでてきたところで、まっさかさまにぶらさがっていて、
どうなるんだろう??とみていると、
白と緑の塊だった羽がするするっとほどけて、
前足をもぞもぞして、腹筋(があるかどうかわからないけど)でもぎゅーーとおきあがって、
じぶんの抜け殻に前足二本だけでつかまりました。
羽もどんどん伸びていって、脚もだんだん成長しているみたいでした。
羽が乾くまでひらたく伸ばしていて、とてもとても綺麗。
横から見たりねころがって下から見たり。
一時間以上ずっと眺めていました。
羽が乾いてきて色がしっかりしてくると脚もしっかりしてくるらしく、
羽をいつもみる角度にたたんだらまたもぞもぞうごきだして、
抜け殻をのりこえてつるつるの葉っぱのほうに移動していました。

安定したところでまたそっと玄関先に洗濯バサミでとめておきました。
堪能しました~♫

次の朝、羽化した子が玄関の壁にとまっていました。
午後にはいなくなっていて、たぶん近くの公園に戻ったんだと思います。

いつもはやかましく感じてしまう蝉の声も、
あの子がいるかもしれないとおもうといとおしく感じます。

羽化してから数日たって、ベランダに挨拶にきた蝉がいました。
もしかしたらあの子だったかもしれませんね。


近々写真もアップしますので、おたのしみに。







多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2011-08-12 22:49 | つれづれ帖*言葉の風景
<< 蝉の羽化  アガパンサス ~滴り~ >>


心惹かれた素敵なものたちを一緒に楽しんでいただけたらうれしいです。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メモ帳
多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ

いつも応援ありがとうございます。

*『お散歩かめら塾』はじめます。詳細・お申し込みは「告知」のカテゴリーからよろしくおねがいします。

*タグ・カレンダー(さかのぼってみることができます。日を指定するとその記事をみることができます)は、項目がリストになって、見たい記事を選んでみることができます。
*カテゴリーは、最新の記事から順にすべてのページが開きます。

*神社・旅行の記事は風景にはいっています。

いままでの記事・写真はこちら。
「月下 桜 の 世界」

お時間のあるときに、のんびりしていってくださいね。

*私のブログ*
「月下  桜 の つぶやき。」
「ひかりのことば」
「関西 てくてく・もぐもぐ」

『光りは内にあり』
惟神霊幸倍坐世〓彌榮〓
かんながら たまちはえませ

神のように天に恥じない行動と言葉でもって動きます。さらに人智では及ばないところは、よろしくお導きくださいませ。

タグ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
月下  桜さんの歌
from 麦太朗の題詠短歌
鑑賞:003「助」(トラ..
from a swallow unde..
鑑賞:002「一日」(ト..
from a swallow unde..
鑑賞:001「笑」(トラ..
from a swallow unde..
中秋の名月
from PIPEDREAM別館
【鬼の腕・宗旦槿(そうた..
from 妙花抄(三)
アガパンサス
from ずっと大分が好きだ
ライフログ
お気に入りリンク♪
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧