*月下  桜 の 世界*



大山崎山荘美術館 明日も中国茶のお茶会やってます。

今日は彼と高槻のひとつ向こうの駅、山崎の大山崎山荘美術館に出かけていました。
たまたま12日・13日に中国茶のお茶会をしていると知ったのです。
利き酒のおちょこを持参。
(あちらでも販売しています。)
11時に到着、入館料900円とお茶会費1000円。
非公開のお茶席2席は15時からと16時からの整理券でした。

それまでは庭園の各地にもうけられた野点で様々なお茶をいただきました。
きょう頂いたのは

階段を降りつつ、藤棚のあたりで
茉莉飄雪(まつりひょうせつ)、ジャスミン茶でしろい花が浮きます。
てん紅(てんこう)、紅茶です。
重慶とう茶、燻した黒茶でまるくかためられていて、木みたいな見た目と香りです。

青もみじのきれいな庭園をあるきつつ、芝生のある東屋で
白毫銀針(びゃくごうぎんしん)、しろいふわふわの毛のはえた茶葉で、見た目も爽やかなさっぱりとしたお茶です。
六ほう茶(ろっぽうちゃ)、黒茶で、藺草の籠に保管することで風味が増す、かなりスモーキーな独特なお茶です。
白葉単叢(はくようたんそう)、よい香りと口当たりの深い、味わい深いお茶です。茶色の小さなお茶器に湯をかける、中国茶のお手前みたいな作法をしておられました。

入口付近で
西湖龍井(さいころんじん)、今年の新茶だそうです。緑茶でとても美味しいです。鉢に葉っぱをいれて色の変化をたのしみ、小さな柄杓で汲みわけるお手前でした。
黄山毛峰(こうざんもうほう)、黄山という山で採れるお茶だそうです。ふわっと燻したような香りがしました。蓋付のお茶碗のお手前でした。
君山銀針(くんざんぎんしん)、君山島のお茶だそうです。黄茶という分類になるそうです。
恩施玉露(おんしぎょくろ)、玉露と名前がついていますが、日本の玉露とはちがいました。

お茶席では、
とちのき亭では
茶花はおおやまれんげ。
茶道具はお茶の丸いのにちなんでまるいお道具でした。
福でい白茶餅(ふうでいばいちゃぴん)、お茶の葉っぱを加工せず、そのままお正月の鏡餅みたいに丸く固めてあります。とーっても薄い味ですが良い香りとともに印象にのこる味です。
彩月庵では
茶花は山芍薬。
茶道具は唐三彩の色の敷物に唐の時代に陸羽(りくう)がのこした抹茶の書物『茶経』にあるもので。
湯に塩をいれ、抹茶(日本の)をいれ、茶筅の原型でかきまぜ、銀の箸でまぜ、瓢(ひょうたん)の杓で汲みわけるお手前でした。
中国では抹茶の製造を皇帝が禁止したのでいまではないそうです。
茶の湯を発展させた利休は日本の陸羽に、という意味で名乗ったといわれていますが、
いろいろな意味で茶道の原型をみせていただきました。
美味しかったです。


写真もアップしたいのですが、
もうすでに眠たいので、また後日に。

整理券のいるお茶席以外ではおかわりできます。

もちろん大山崎山荘もとっても気持ちいい豪奢なつくりなのでのんびりできますよ。

明日はまた違うお茶をいただけるので、おでかけにぜひ是非おすすめです。
秋もあるそうで、たのしみです~。


とりいそぎ、ご案内でした。


月下  桜。




多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2012-05-12 22:34 | 美術館・展覧会
<< 大山崎山荘 お茶会。 靭公園のバラ *いまこんな風景です* >>


心惹かれた素敵なものたちを一緒に楽しんでいただけたらうれしいです。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メモ帳
多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ

いつも応援ありがとうございます。

*『お散歩かめら塾』はじめます。詳細・お申し込みは「告知」のカテゴリーからよろしくおねがいします。

*タグ・カレンダー(さかのぼってみることができます。日を指定するとその記事をみることができます)は、項目がリストになって、見たい記事を選んでみることができます。
*カテゴリーは、最新の記事から順にすべてのページが開きます。

*神社・旅行の記事は風景にはいっています。

いままでの記事・写真はこちら。
「月下 桜 の 世界」

お時間のあるときに、のんびりしていってくださいね。

*私のブログ*
「月下  桜 の つぶやき。」
「ひかりのことば」
「関西 てくてく・もぐもぐ」

『光りは内にあり』
惟神霊幸倍坐世〓彌榮〓
かんながら たまちはえませ

神のように天に恥じない行動と言葉でもって動きます。さらに人智では及ばないところは、よろしくお導きくださいませ。

タグ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
月下  桜さんの歌
from 麦太朗の題詠短歌
鑑賞:003「助」(トラ..
from a swallow unde..
鑑賞:002「一日」(ト..
from a swallow unde..
鑑賞:001「笑」(トラ..
from a swallow unde..
中秋の名月
from PIPEDREAM別館
【鬼の腕・宗旦槿(そうた..
from 妙花抄(三)
アガパンサス
from ずっと大分が好きだ
ライフログ
お気に入りリンク♪
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧