*月下  桜 の 世界*



新潟の旅 その1 ~米山~

コスモス短歌会の全国大会に参加してまいりました。
今回は宮柊二先生の生誕百年記念大会だそうで、ご出身の新潟で開催されました。

新潟にいくのははじめてです。

交通をしらべると、東京からは近いのに関西からはとおい。。。
あとで参加された方にうかがったら、伊丹から飛行機もあったとのこと。
でも、ネットでしらべたら高かったうえに、便がみつからなかったので、
今回は夜行バスで往復することにしました。

二名の運転手さんが二度交代して走行です。
途中3度サービスエリアでの休憩があります。
バスはしっかり遮光されていて、席もかなりここちいいですし、
なにより座席にフードがついているのがよかったです。
二人シートの隣はかならず女性、というのも安心。
コンセントも席についていたので、携帯の充電もできておおいにたすかりました。

大阪からのバスですが、駅から近い待合のために京都から乗車しました。
22時50分出発。
朝5時半ごろ米山サービスエリアに到着。

ほんのり色に染まった日本海です。
d0141365_10422241.jpg


のびやかな雲。
d0141365_10425555.jpg


芭蕉の句碑もたっていました。

d0141365_10432616.jpg

d0141365_10433336.jpg
d0141365_10434183.jpg


佐渡はみえなかったけれど、天の河みたいなみごとな雲がかかっていました。

d0141365_10442473.jpg


そののち、直江津などに停車しつつ、新潟には8時半到着。
おもっていたよりも寒くなく、あっけないくらい。
前日の関西のほうがずっと冷え込んでいました。

大会は12時受付で13時はじまりなので、
午前中は新潟市の西側を散策することにしました。

新潟駅から一駅の白山(はくさん)へ。
朝市があるとのことなので、いってみました。

ホームでびっくりしたのは、
電車の乗車口がホームより一段高いこと。
それから、乗り降りのときは半手動になっているので、最初のひとがあけなければいけないこと。
ちょうど通学の時間帯だったので、学生さんたちと一緒になりました。

電車で信濃川をこえたのですが、堤防の低さにもびっくり。
河川敷もほとんどなく、増水がよほどないのかと驚きました。

関西の淀川や武庫川は堤防も倍以上ありますし、川幅もかなり広いです。
それでも雨で増水したときには川幅がいっぱいいっぱいになります。
なおかつ河川敷も草野球が十二分にできて、
かつサイクリングやジョギングの道もあるくらいなのです。

白山駅は住宅街の駅でした。
地図をみると、信濃川と日本海とあって、そのスケールの大きさにもびっくり。
(関西では海の名前を書いてあったりしませんから。)

のんびりあるいていって、朝市をのぞきました。
9時ごろだったので、すでに人はすくなく、おばちゃんたちも数名でした。
里芋やじゃがいも、葉っぱつきのままの生姜、新米やぶどう、食用の菊(肥後菊みたいなかんじ)も
ありました。


みてくださってありがとうございます。

つづきはまた後日。



多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2012-10-19 10:59 | *風景*旅・神社など
<< 靱公園のバラ 「ロサ ヴィロサ... 大山崎山荘美術館 秋の中国茶会... >>


心惹かれた素敵なものたちを一緒に楽しんでいただけたらうれしいです。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
メモ帳
多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ

いつも応援ありがとうございます。

*『お散歩かめら塾』はじめます。詳細・お申し込みは「告知」のカテゴリーからよろしくおねがいします。

*タグ・カレンダー(さかのぼってみることができます。日を指定するとその記事をみることができます)は、項目がリストになって、見たい記事を選んでみることができます。
*カテゴリーは、最新の記事から順にすべてのページが開きます。

*神社・旅行の記事は風景にはいっています。

いままでの記事・写真はこちら。
「月下 桜 の 世界」

お時間のあるときに、のんびりしていってくださいね。

*私のブログ*
「月下  桜 の つぶやき。」
「ひかりのことば」
「関西 てくてく・もぐもぐ」

『光りは内にあり』
惟神霊幸倍坐世〓彌榮〓
かんながら たまちはえませ

神のように天に恥じない行動と言葉でもって動きます。さらに人智では及ばないところは、よろしくお導きくださいませ。

タグ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
月下  桜さんの歌
from 麦太朗の題詠短歌
鑑賞:003「助」(トラ..
from a swallow unde..
鑑賞:002「一日」(ト..
from a swallow unde..
鑑賞:001「笑」(トラ..
from a swallow unde..
中秋の名月
from PIPEDREAM別館
【鬼の腕・宗旦槿(そうた..
from 妙花抄(三)
アガパンサス
from ずっと大分が好きだ
ライフログ
お気に入りリンク♪
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧