*月下  桜 の 世界*



広島の旅 -宮島の美しい建築とあなごめし・焼き牡蠣ー

宮島の旅です。

大元神社でしばし、のんびりしたあと、ふらふらと散歩していましたら、すてきな日本建築をみかけました。
d0141365_2042388.jpg
d0141365_20421533.jpg
d0141365_20422369.jpg
d0141365_20424018.jpg

格子のあいだから、うつくしい庭やしつらえが垣間見ることができ、(まさに垣間見るです。)
うつくしい情景に、嘆息をつくばかり。
d0141365_20444688.jpg
d0141365_20445556.jpg

古い建物を歴史民族資料館として保存・公開しているもののようです。
時間がおしていたので、入館はしませんでした。

ふらふらと写真を撮りながらあるいていると、裏口からでてこられる人とばったり遭遇してしまいました。かるい会話をしつつ、たのしんでいることをおつたえして、「それでは~」といいかけたときに、ふと食事のことをうかがおうとおもいたちました。だって、宮島のことをよく御存知ですもんね。こういうときには、地元のかたのお話が一番です。
すぐ傍の筋の「あなごめし」の「ふじたや」さんを紹介していただきました。
「おねだんはちょっと張るんだけどね~。。。ここでたべるんやったら、あのお店やね」とおしえてくださいました。

ひなびた看板がでているので、お店はすぐにわかりましたが、文字がよめない。。。w
ふつうの文字の看板もあってたすかりました。
d0141365_20501882.jpg
d0141365_20502856.jpg
d0141365_20504312.jpg
d0141365_20505019.jpg

お店は和風のこじんまりしたお店です。(奥に離れでお座敷もありましたから、ほんとうは もっとひろいのでしょう)
入店したときには、一組がのんびりされていて、わたしたちは、座敷にあがって、まずは一杯。
d0141365_2052487.jpg

アナゴの肝をあてにして。
ころころして、鳥の肝とよくにています。
d0141365_20532513.jpg

あさりのお吸い物もついていました。きっと大鳥居のあたりのものなのでしょう。

まつことしばし。
どんなのかな~。。。。
おおきな綺麗な丼に、お釜の蓋。
「うつわがあついので。。。」とのとおり、うつわがあつあつです。
器ごと蒸してあるのかな?
d0141365_2054384.jpg
d0141365_20545052.jpg
d0141365_20545822.jpg

机にあったものには、毎朝、大鳥居の向こうで捕れたものだとか。
うな丼はいただいたことがありますが、アナゴ丼ははじめてです。ふっくらしているうなぎよりも身がしまって、むっちりした弾力がたのしめるかんじでした。(うなぎのゴムみたいなものとは違いますので、念のため。)たれの具合もご飯とのバランスもなにもかもが丁度いい塩梅でした。
(ただし、お値段は、これに見合うか。。。旅だからこそのおたのしみ、というところなのでしょうね)
賀茂鶴には金の桜も入っていましたよw。
d0141365_2101256.jpg


おなかもひと段落して。。。
ロープウェイ乗り場にむかいました。

そうそう、燕は、商店街に到着するやいなや、焼き牡蠣にひかれて、店先でつるりと食べていました。
d0141365_2122097.jpg
d0141365_2122632.jpg
d0141365_212336.jpg

「おもいたったもの、こころひかれたものは、おもいをのこさないようにする」というのが、わたしたちのポリシーなのです。




多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2008-07-23 21:03 | *風景*旅・神社など
<< 広島の旅 -弥山へのロープウェ... 広島の旅 -宮島のなにげない風景ー >>


心惹かれた素敵なものたちを一緒に楽しんでいただけたらうれしいです。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メモ帳
多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ

いつも応援ありがとうございます。

*『お散歩かめら塾』はじめます。詳細・お申し込みは「告知」のカテゴリーからよろしくおねがいします。

*タグ・カレンダー(さかのぼってみることができます。日を指定するとその記事をみることができます)は、項目がリストになって、見たい記事を選んでみることができます。
*カテゴリーは、最新の記事から順にすべてのページが開きます。

*神社・旅行の記事は風景にはいっています。

いままでの記事・写真はこちら。
「月下 桜 の 世界」

お時間のあるときに、のんびりしていってくださいね。

*私のブログ*
「月下  桜 の つぶやき。」
「ひかりのことば」
「関西 てくてく・もぐもぐ」

『光りは内にあり』
惟神霊幸倍坐世〓彌榮〓
かんながら たまちはえませ

神のように天に恥じない行動と言葉でもって動きます。さらに人智では及ばないところは、よろしくお導きくださいませ。

タグ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
月下  桜さんの歌
from 麦太朗の題詠短歌
鑑賞:003「助」(トラ..
from a swallow unde..
鑑賞:002「一日」(ト..
from a swallow unde..
鑑賞:001「笑」(トラ..
from a swallow unde..
中秋の名月
from PIPEDREAM別館
【鬼の腕・宗旦槿(そうた..
from 妙花抄(三)
アガパンサス
from ずっと大分が好きだ
ライフログ
お気に入りリンク♪
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧