*月下  桜 の 世界*



京都 下賀茂神社・古本市 *まちの風景と糺の杜*

昨日は、京都の下賀茂神社の古本市に燕と出かけておりました。

本たちをかなりよみこんでいる燕のなかでも、ぐっときた本のなかの一節にでていて、
それがまた丁度、駅のポスターで開催日もみかけたそうで。

・・・・これは行くしかないでしょうw

「燕の書評 森見登美彦『夜は短し歩けよ乙女』(角川書店)

12時前に出町柳に到着。
愛用している「地図本」シリーズの、「アートを楽しむ京都地図本」ので紹介されていたバルで
昼食にしました。そこがまたおいしかった~!
いずれ、てくてくもぐもぐのほうにアップしますね。


下賀茂神社は京阪出町柳の北西にあります。

賀茂川をわたるとき、五山の送り火の「妙法」のうちの一文字、「法」がみえました。
d0141365_2121756.jpg

d0141365_2154975.jpg

川ではこどもたちが水遊びしていました~♪
d0141365_2162629.jpg

d0141365_2163470.jpg

橋を渡ると北側にのぼりが。
d0141365_217982.jpg
d0141365_2171758.jpg

神職さんのお宅でしょうか。
京都らしい建物にこころ奪われます。
d0141365_2182755.jpg
d0141365_2185770.jpg
d0141365_2191194.jpg
d0141365_2192650.jpg
d0141365_2194033.jpg
d0141365_2110252.jpg

玄関からの緑もとてもうつくしいです。
d0141365_21104665.jpg
d0141365_21105523.jpg

上の彫り物が鴨なのは、賀茂神社だから・・・?
d0141365_21115494.jpg

ここから先が参道・糺(ただす)の杜です。
緑豊かで、せせらぎもあって、とてもおちつく場所です。
d0141365_21131167.jpg

流れている水の清さにびっくり。
d0141365_21141910.jpg
d0141365_21144074.jpg
d0141365_21145250.jpg
d0141365_21151825.jpg
d0141365_21153173.jpg
d0141365_2115471.jpg
d0141365_21155587.jpg

テントのたちならぶのが見えてきました。
d0141365_21162639.jpg
d0141365_21163447.jpg
d0141365_21164289.jpg

かなりのお店がでています。

お店を巡る前に、近くの河合神社に参拝しました。

テントのたちならぶずっと奥に、児童書の古書があって、大好きな岩崎ちひろさんの「あかちゃんのうた」や、藤城清治さんの挿絵の「お母さんが読んで聞かせるお話」、
講談社の少年少女日本文学館(太宰治・井伏鱒二・谷崎潤一郎・鈴木三重吉・野上弥生子・小川未明・浜田広介・志賀直哉などなど・・・戦前・戦争中のお話も多く含まれています)、
幻想的な絵と設定のたむらしげるさんの「銀河の魚」、春日大社の宮司さんが日本の伝統と文化・こころをつたえる絵本「にほん よいくに」などの本にであうことができました。

もともと本は大好きなので、ひとつづつの棚をなめるようにみてまわるのが桜流なのです。
戦前の本や、普段目にすることのない本たちにもであうことができて、わくわくしました。
両手に本の入った袋たちを提げて、手ぬぐいで汗をぬぐいつつ、団扇ではたはたして。。。
d0141365_539170.jpg


一方、本を愛する燕は、意外なことにそんなに買っていなかったのです。
読みたいとおもった本は、アマゾンで、すぐ手に入れて読んでしまっているからみたいです。

本の一節にでていたという、大きなこいのぼりをかかえた浴衣姿の女性や、パナマ帽子をかぶった粋な浴衣姿の男性もみかけることができて、いかにも京都だなぁっておもいました。

最終日だったそうで、4時まででしたが、そのころには小雨も降り始めて暗くなってきたので、かき氷をたべて、せせらぎで涼んで、大きな樹を見上げて、ぺたりとくっついて御挨拶して神社をあとにしました。

d0141365_2136256.jpg

d0141365_21361385.jpg
d0141365_21361923.jpg


そうそう、神社にむかうときに、灰色のきれいな羽を数枚みかけて、いただいてきました。
そして、せせらぎのところには、黒羽のほっそりした緑色に光る蜻蛉が羽をひらいたりとじたりして休んでいるのを見かけました。とってもうつくしい蜻蛉だったんですよ~!
そして、神社をでるまえには、敷地一面に真っ白な羽の散っているところをみかけたので、あまりにうつくしかったので、数枚いただいてきました。
鷺ちゃんの羽毛かなぁ。。。
それと、青紅葉のうつくしい小さな枝も落ちていたので、一緒にいただいてきました。

賀茂川の橋にでると、雨雲は神社周辺だけで、明るい空でした。

d0141365_5393444.jpg


丁度停まっていた京阪の特急に乗り込んで、「ああ、そういえばこれで大阪まで出るっていうのもありだね」と話して、そのまま大阪淀屋橋まで乗ってゆきました。
京阪で京都から大阪というのは、はじめてだったので、見る景色をたのしみながら帰りました。
(枚方のひらかたパークの横を通るときには、アナウンスがはいって、観光バスみたいでしたw)

淀屋橋では、おなかがすいたので、オムライスの老舗「北極星」があったので、そこで頂きました。これもいずれまた、てくてくもぐもぐに御紹介せねば。。。。w

なにごとも、丁度よく素敵にすごすことのできた一日でした。
感謝です。


*調子に乗って、また写真を山ほど連続アップしていました><
 すみません。



多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2008-08-17 21:58 | *風景*旅・神社など
<< 向日葵 *ちょっと変わった品種です* *手帳より* お盆の風景 >>


心惹かれた素敵なものたちを一緒に楽しんでいただけたらうれしいです。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
メモ帳
多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ

いつも応援ありがとうございます。

*『お散歩かめら塾』はじめます。詳細・お申し込みは「告知」のカテゴリーからよろしくおねがいします。

*タグ・カレンダー(さかのぼってみることができます。日を指定するとその記事をみることができます)は、項目がリストになって、見たい記事を選んでみることができます。
*カテゴリーは、最新の記事から順にすべてのページが開きます。

*神社・旅行の記事は風景にはいっています。

いままでの記事・写真はこちら。
「月下 桜 の 世界」

お時間のあるときに、のんびりしていってくださいね。

*私のブログ*
「月下  桜 の つぶやき。」
「ひかりのことば」
「関西 てくてく・もぐもぐ」

『光りは内にあり』
惟神霊幸倍坐世〓彌榮〓
かんながら たまちはえませ

神のように天に恥じない行動と言葉でもって動きます。さらに人智では及ばないところは、よろしくお導きくださいませ。

タグ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
月下  桜さんの歌
from 麦太朗の題詠短歌
鑑賞:003「助」(トラ..
from a swallow unde..
鑑賞:002「一日」(ト..
from a swallow unde..
鑑賞:001「笑」(トラ..
from a swallow unde..
中秋の名月
from PIPEDREAM別館
【鬼の腕・宗旦槿(そうた..
from 妙花抄(三)
アガパンサス
from ずっと大分が好きだ
ライフログ
お気に入りリンク♪
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧