*月下  桜 の 世界*



11月も名月でした。 *空にうかぶ鏡*

先日、13日にとある事情があって数名で芋ほりに出かけておりました。
この日は滅多にないような雲ひとつない快晴で、空の青が冴えてなんども見上げてしまうほど。
d0141365_6503085.jpg

お日様もあったかくって、きもちいい~!(新しい携帯で写真をとったらこんなふうに写りました)
d0141365_6512326.jpg

d0141365_6512939.jpg

公園の木々も色づいていて。
d0141365_6522248.jpg
d0141365_6523066.jpg

d0141365_6525057.jpg

「あぁ、うつくしいなぁ~>< こんな風景をみることができてしあわせだなぁ~><」
っておもっていたのが通じたのかな?想いがつながったみたいな写真も撮れました。
携帯って不思議だねw
d0141365_6543987.jpg

さてさて、芋畑です。
なんだかね、しずかで、空が広くって、長閑なの。
こんな風景のなかでたたずんでいるときってものすごくしあわせです。
d0141365_6555935.jpg
d0141365_6561243.jpg

空もとっても青くって。
d0141365_70440.jpg

かりんもたくさんなっていて、とってもいい香り。
ちょうど、金木犀とりんごをあわせたような。
ふたつほどおみやげにいただきました。
d0141365_6575866.jpg
d0141365_6581254.jpg
d0141365_6583294.jpg

おっと、芋畑とおいもちゃんたちの写真を撮るのを忘れてた~!;;
軍手してたけれど泥だらけだったからね~;;ごめんなさい。
ここからは言葉の風景でw

芋畑は4畝つくっていて、到着したときには芋の葉っぱが一面に広がって見えました。
畝ごとに蔓をもしゃもしゃ引っ張ってゆくと、(マルチという黒いビニールをしてあって、穴をあけたところに苗を植えてありました。)苗の茎がみえてきます。茎って結構太いのでびっくりします。鎌をおかりして、みえた茎を切る係りと蔓をもしゃもしゃ引っ張っていく係りに分担して取り掛かりました。1畝ほどもやると、暑くて暑くて~>< ちょっくら休憩です。

光に輝く草たちや青い青い空、ことりの声。あったかいお日様。
休憩中もとってもしあわせ~♪

作業再開です。
黒いマルチをはがして、茎ののこっているところを畝の脇からスコップで順番にぽっこんとほりおこしていく係りと、おいもを掘り出す係りにわかれて、わたしはおいも掘り係りに。

おいもちゃんたちってね~、土のなかではみんな立ってるんだよ!
軍手でね、そっとなでなでするようにさぐっていくと、おいもたちのとがった頭がわかるの。
茎につながっているのもね、杭が丸く固まって突き刺さっているみたいになってたの。
しらなかったな~・・・・!!
てっきり斜めとかに並んでできているんだとおもってたから。
ほら、絵本の挿絵とか、そんなイメージでしょ~。
大発見だ~!!ってわくわくしながら掘っていました。
ときどきものすごくおおきなおいもも出てきて、みんなで「おわ~!!すごいね!!」っていいあったり。ねずみみたいな尻尾のながーい ちいちゃいのもでてきたり。
どれもとってもいとおしくって。
すごいな~・・・ほっとんどお世話してなかたのに、すごいな~!!っておもいました。
それから、スーパーで売ってあるような形のおいもって、なかなかないんだよね。
大きすぎても小さすぎてもだめなんだ・・・。
こんなにいろんな大きさのができるのにね。

4畝でものすごい量のおいもたちが発掘されて、一輪車3台とポリ袋20袋(たくさん入れると重すぎてもてなくなるのです)、野菜の箱5はこほどを車に積み込みました。

ふっと顔をあげるとお月様!
d0141365_7175852.jpg

d0141365_718465.jpg

うつくしい~><
携帯ではその大きさと美しさが撮りきれないのが惜しいけれど、淡い色の空に鏡が浮かんでいるようで。何度も何度も眺めていました。

満月はいつだったんだろうってしらべてみると13日!やっぱり満月だったんだ~!
いい時に美しいお月様にめぐり合うことができてうれしいです。

おいもちゃんたちは大きさごとにわけて、福祉施設の利用者さんや、作業所さんや、いつもお世話になっているボランティアさんたちにお配りしました。みなさんとってもよろこんでおられました。


そうそう、次の日14日の夕方にもとってもうつくしい月を眺めることができました。
大きくて、神秘的なのはもちろん、月のまわりにちょうどよい加減の雲たちが取り囲んでいて、
その雲たちが彩雲になっていたのです~!
お日様のまわりの彩雲はみたことがあったけれど、お月様の彩雲はこれまた幻想的で、しばらく立ち尽くして眺めておりました。
彩雲になるには、雲が厚すぎてもいけないし、多すぎてもいけないし、薄すぎてもいけないしといろんな条件があるので、なかなか気をつけてみていても見ることは稀なんですよ~。
携帯で撮れないのは承知のうえで、撮影~。
d0141365_7281781.jpg
d0141365_7282410.jpg

足元にはお星様。
d0141365_730252.jpg
d0141365_7301258.jpg

お星様をふみふみしながら帰ります。
あぁ、そういえば、わたしもいっつもお星様の上に立っているんだってことを思い出しました。







多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2008-11-15 07:32 |
<< バラ 靭公園 *ホワイト・クイ... 秋のお散歩 *いろんな秋をみつ... >>


心惹かれた素敵なものたちを一緒に楽しんでいただけたらうれしいです。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
メモ帳
多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ

いつも応援ありがとうございます。

*『お散歩かめら塾』はじめます。詳細・お申し込みは「告知」のカテゴリーからよろしくおねがいします。

*タグ・カレンダー(さかのぼってみることができます。日を指定するとその記事をみることができます)は、項目がリストになって、見たい記事を選んでみることができます。
*カテゴリーは、最新の記事から順にすべてのページが開きます。

*神社・旅行の記事は風景にはいっています。

いままでの記事・写真はこちら。
「月下 桜 の 世界」

お時間のあるときに、のんびりしていってくださいね。

*私のブログ*
「月下  桜 の つぶやき。」
「ひかりのことば」
「関西 てくてく・もぐもぐ」

『光りは内にあり』
惟神霊幸倍坐世〓彌榮〓
かんながら たまちはえませ

神のように天に恥じない行動と言葉でもって動きます。さらに人智では及ばないところは、よろしくお導きくださいませ。

タグ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
月下  桜さんの歌
from 麦太朗の題詠短歌
鑑賞:003「助」(トラ..
from a swallow unde..
鑑賞:002「一日」(ト..
from a swallow unde..
鑑賞:001「笑」(トラ..
from a swallow unde..
中秋の名月
from PIPEDREAM別館
【鬼の腕・宗旦槿(そうた..
from 妙花抄(三)
アガパンサス
from ずっと大分が好きだ
ライフログ
お気に入りリンク♪
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧