*月下  桜 の 世界*



お正月の歌 *美しき言葉ををどうして忘れてしまったのだろう*

お正月の歌はそう沢山あるわけではなく、お正月をたのしみに待つ歌とこの歌の2曲を耳にされることが多いのではないでしょうか。

いまでは音楽のみで、歌詞はすっかり忘れられて(2番が天皇礼拝と重なるからでしょうが)とてももったいないとおもいましたので、ご紹介しますね。
少し前の唱歌です。このような美しいことばづかいをどうしてやめてしまったのでしょうね。


昭和16年(1941年)2月『ウタノホン 上』

「一月一日」

               千家尊福
一、
  年のはじめの 例とて、
  終なき世の めでたさを、
  松竹たてて、門ごとに
  いはふ今日こそ たのしけれ。
二、
  初日のひかり さしいでて、
  四方に輝く 今朝のそら、
  君がみかげに 比へつつ
  仰ぎ見るこそ たふとけれ。


音楽はこちらです。「一月一日」
*左の三角をおすとピアノで曲がながれます。



もうひとつ、富士山の歌もご紹介しますね。

昭和7年(1932年)『新訂尋常小学唱歌 第二学年用』

「富士山」
              巌谷小波
一、
  あたまを雲の上に出し、
  四方の山を見おろして、
  かみなりさまを下に聞く、
  富士は日本一の山。
二、
  青空高くそびえ立ち、
  からだに雪の着物着て、
  霞のすそを遠く曳く、
  富士は日本一の山。


なかなか掲げられることも歌われることもなくなってしまいましたが、国旗の歌もあります。

昭和7年(1932年)『新訂尋常小学唱歌 第一学年用』

「日の丸の旗」
            高野辰之
一、
  白地に赤く
  日の丸染めて、
  ああうつくしや、
  日本の旗は。
二、
  朝日の昇る
  勢見せて、
  ああ勇ましや、
  日本の旗は。

昭和16年(1941年)2月『ウタノホン 上』

「ヒノマル」
            高野辰之
一、
  アヲゾラ タカク
  ヒノマル アゲテ、
  アア、ウツクシイ、
  ニホンノ ハタハ。
二、
  アサヒノ ノボル
  イキホヒ ミセテ、
  アア、イサマシイ、
  ニホンノ ハタハ。


*ここのページはいまでは歌われなくなった季節の唱歌がいろいろ紹介されています。
 懐かしいとお感じになられる方もいらっしゃるかもしれませんね。どうぞおたちよりください。
 「唱歌いろいろ」



そうそう、昨日感動した第九の歌詞もご紹介します。
テレビの字幕ででたのが一番感動したのですが、近いものをさがしてみました。

第九は4楽章あり、70分もあるのですが、歌のある部分は20分ほどなのです。
合唱者は椅子で待機です。4名のソリストは4楽章のときに入場されていました。
楽器のなかにはトライアングルなど、待機時間の長い楽器もあるのですよ。大変ですね。
ベートーベンの時代には歌詞の意味がわからない未完成な曲として第4楽章が演奏されなかったそうです。


シラー詞への導入部はベートーヴェン自らが作詞。
詞の内容をごく手短にまとめれば、

「友よ、これまで演じてきた調べではなく、もっともっと、喜びに満ちた歌をうたおう!(ここまでがベートーヴェン)
歓喜。それは神の輝き。それは楽園の乙女。
あなたはこの世が散り散りにしたものを結びつけ、すべての人間たちを兄弟となす。
…この世界に生きるものすべては自然の恵みより生まれ、良き人、悪人、虫けらでさえも歓喜が与えられる」(訳、藤田正)


あぁ、すごい。。。全世界で事あるごとに歌われるとよいのに!


もうすこし長い歌詞です。







おお、友よこの調べではない!

もっと快い、喜びに満ちた調べに声を共にあわせよう。

(以上、バリトンソロのみ)


歓喜よ、美しい神々の花火よ、天上の楽園からの乙女よ!

我らは(炎を飲むがごとき)情熱にあふれ、あなたの聖なる場所に足を踏み入れる。

あなたの魔力は時流が厳しく切り離したものをも再び結び合わせ

あなたの柔らかい翼が留まる所で、全ての人は兄弟となる

大いなることに成功し、誰かの友となり、

優しき伴侶を得た人は歓喜の声に唱和せよ!



(ソリストのみ)


そうだ!この地上でただ一つ、魂しか"自分のもの"と呼ぶことが

出来ない者でもそして、出来なかった者は、この集いから泣きながら立ち去れ!

万物は自然の乳房から歓喜を飲み、

全ての善人も全ての悪人もバラの小道をたどる


(ソリストのみ)

自然は我々に接吻と、ワインと、死の試練を受けた友を

与えた虫けらであろうとも快楽が与えられ、天使ケルビムが神の前に立つ。

喜ばしく!太陽が広大な天を駆けてゆくように、


(テノールソロのみ)

兄弟たちよ、君たちの道を駆けろ、勝利に向かう英雄のように楽しく。

(テノールソロと男声合唱のみ)

抱き合え、幾百万の人々よ!

この接吻を全世界へ!兄弟よ!

星たちの彼方に愛する父(神)が

住んでいるに違いない。

ひれ伏すか、幾百万の人々よ?

創造主を予感するか、世界よ?

星たちの彼方に創造主を求めよ!

星たちの彼方に、彼(神)が住んでいるに違いない。



*歌詞のドイツ語と併記した訳です。
「第九の歌詞」その1」
「第九の歌詞」その2




*愛する父・創造主は聖書の神だけではなく、すべての宗教を包括した大いなる存在(大神様)だと捉えています。

 わたしは生まれるときに大神様と約束をし、
分御魂(わけみたま)をいただいて身体をお借りしてこの世に存在しているとおもっています。
すべての人もそうであるとおもっています。
生まれるときには約束の記憶を忘れてしまう約束です。
思い出しても思い出さなくても、
大いなる存在がひとりひとりを・すべての生命をわが子として慈しみ・愛し・約束をはたして
御魂を磨いて帰天することを見守っておられると信じています。




*本来は「ひかりのことば」のブログのほうにアップすべき内容とおもいますが、ご容赦くださいませ。





多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2009-01-01 18:46 | つれづれ帖*言葉の風景
<< 初夢 *いい夢みましたか?しゃ... 新春のお慶びを申し上げます。  >>


心惹かれた素敵なものたちを一緒に楽しんでいただけたらうれしいです。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
メモ帳
多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ

いつも応援ありがとうございます。

*『お散歩かめら塾』はじめます。詳細・お申し込みは「告知」のカテゴリーからよろしくおねがいします。

*タグ・カレンダー(さかのぼってみることができます。日を指定するとその記事をみることができます)は、項目がリストになって、見たい記事を選んでみることができます。
*カテゴリーは、最新の記事から順にすべてのページが開きます。

*神社・旅行の記事は風景にはいっています。

いままでの記事・写真はこちら。
「月下 桜 の 世界」

お時間のあるときに、のんびりしていってくださいね。

*私のブログ*
「月下  桜 の つぶやき。」
「ひかりのことば」
「関西 てくてく・もぐもぐ」

『光りは内にあり』
惟神霊幸倍坐世〓彌榮〓
かんながら たまちはえませ

神のように天に恥じない行動と言葉でもって動きます。さらに人智では及ばないところは、よろしくお導きくださいませ。

タグ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
月下  桜さんの歌
from 麦太朗の題詠短歌
鑑賞:003「助」(トラ..
from a swallow unde..
鑑賞:002「一日」(ト..
from a swallow unde..
鑑賞:001「笑」(トラ..
from a swallow unde..
中秋の名月
from PIPEDREAM別館
【鬼の腕・宗旦槿(そうた..
from 妙花抄(三)
アガパンサス
from ずっと大分が好きだ
ライフログ
お気に入りリンク♪
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧