*月下  桜 の 世界*



神社 神戸 諏訪神社・大山咋神社

松の内に参拝した神戸の神社です。
神戸にもあちらこちらにお寺や神社があって、古いのは生田神社・長田神社です。
ほかにも楠正成をまつった湊川神社が有名です。
六甲山のそれぞれにも由緒ある名前や通り道の名前があるのですが、裾にも沢山の神社があります。

異人館のあるところよりすこし西がわに諏訪山というのがあって、初心者むけのハイキングコースのスタート地点でもあります。
バスからみえていたのがきになっていたので、燕と参拝にいってきました。

入り口からの参道。急勾配ですw
神戸はこういう急勾配の細い道が沢山あります。
d0141365_17521430.jpg

青い空に映えますね。
d0141365_17534043.jpg

坂道をふうふうのぼっていくと狐さんがおでむかえ。
d0141365_17525313.jpg

そこからさらに、階段・階段・・・・w
d0141365_1753185.jpg

d0141365_1754788.jpg
d0141365_17542172.jpg

まだすこし紅葉がのこっていました。
d0141365_17544784.jpg

階段の途中で不思議虫発見。
これはいったいなんでしょう??鼻(虫に鼻ってあるのかな?)が長いみたいです。
踏まれないように葉っぱごとそーっと横に移動させておきました。
d0141365_17555376.jpg
d0141365_1756553.jpg

到着。ひふみ祝詞を奏上しました。
d0141365_17564733.jpg

立派な唐破風です。龍と牡丹獅子。
d0141365_17565732.jpg
d0141365_1757996.jpg

こっそりご本殿。
d0141365_17583799.jpg

隣には諏訪稲荷社もあり、三面びっしりちいさなお社が。白月社とか、鷹羽社とか風流な名前がついていました。お稲荷さんたちの名前でしょうか。
そこでもひふみ祝詞を奏上。
わたしの背後からものすごい突風がふいて、お社を清めてゆかれました。

バイクででかけていたので、この近くから再度山(弘法大師が唐にゆかれる際に祈願し、帰国してからも報告に詣でられたのでこの名前がついたそうです。)の大竜寺にゆこうかとはなしていると。。。。
なにやら急激にあやあしい雲行きに。
d0141365_183495.jpg
d0141365_1831285.jpg
d0141365_183218.jpg

うっすらひかっている横線は海です。

この展開は以前とおなじ、龍神さまがよろこびすぎているかんじです。
雨もぽちりぽちりと。。。。w

 *初詣祝詞あげて言挙げす額にお下がり龍の嬉ション    月下  桜


大竜寺は又今度ねw 



また別の日に近くを散歩。
バスからみえていた大山咋神社の看板がきになって。
細い路地を燕とあれこれ眺めながら歩きます。
急な細い坂道に不安になりつつも、神社らしきところに到着。
かなり小さめのお社で、ものすごい急勾配の階段の上にまつってありました。
大山咋さまとすさのおさまです。
ここでもひふみ祝詞を奏上。
d0141365_1895574.jpg
d0141365_18101748.jpg
d0141365_18102393.jpg
d0141365_1810297.jpg

とても静かで鳥の啼く声と風の音だけのような境内でした。






多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2009-01-21 18:11 | *風景*旅・神社など
<< 菊 「寒水」と「霧氷」 シクラメン *ゆらめく炎のように* >>


心惹かれた素敵なものたちを一緒に楽しんでいただけたらうれしいです。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
メモ帳
多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ

いつも応援ありがとうございます。

*『お散歩かめら塾』はじめます。詳細・お申し込みは「告知」のカテゴリーからよろしくおねがいします。

*タグ・カレンダー(さかのぼってみることができます。日を指定するとその記事をみることができます)は、項目がリストになって、見たい記事を選んでみることができます。
*カテゴリーは、最新の記事から順にすべてのページが開きます。

*神社・旅行の記事は風景にはいっています。

いままでの記事・写真はこちら。
「月下 桜 の 世界」

お時間のあるときに、のんびりしていってくださいね。

*私のブログ*
「月下  桜 の つぶやき。」
「ひかりのことば」
「関西 てくてく・もぐもぐ」

『光りは内にあり』
惟神霊幸倍坐世〓彌榮〓
かんながら たまちはえませ

神のように天に恥じない行動と言葉でもって動きます。さらに人智では及ばないところは、よろしくお導きくださいませ。

タグ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
月下  桜さんの歌
from 麦太朗の題詠短歌
鑑賞:003「助」(トラ..
from a swallow unde..
鑑賞:002「一日」(ト..
from a swallow unde..
鑑賞:001「笑」(トラ..
from a swallow unde..
中秋の名月
from PIPEDREAM別館
【鬼の腕・宗旦槿(そうた..
from 妙花抄(三)
アガパンサス
from ずっと大分が好きだ
ライフログ
お気に入りリンク♪
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧