*月下  桜 の 世界*



梅 大阪城梅林 *梅のある風景*

あそびにきてくださって、ありがとうございます。
きょうは、梅のある風景・椿・バラをアップしています。
どうぞごゆっくりです~。

先日の休日はお天気を気にしながら梅を観にでかけていました。
時期的には例年より遅かったかな~><とおもっていたのですが、南高梅や緑がくといった昨年沢山見かけた品種はそろそろ終わりかけで、昨年はまだ蕾だった品種に沢山出逢うことができました。銘もそれぞれ素敵で、うっとりしながら・・・。
天気予報では昼から雨だと聞いていたので、あまり撮影できないかなぁとおもっていたのですが、雨がぽちぽちくるぎりぎりまで撮影に没頭していて、気がついたら4時まで撮影していました。ありがたいことです。
撮影している間はぜんぜん疲れなど感じないんですが、帰宅してデータをパソコンに取り込むとくったりと寝てしまいました。またバラ・椿とあわせて梅も順次アップしてまいりますね。


大阪城の梅林はわたしは森之宮駅から歩くのが好きです。
森之宮神社に参拝してご挨拶。
ひふみ祝詞を奏上いたしました。
さまざまな神々さまと聖徳太子さまがお祭りされている由緒ある神社なのですが、丁度おまいりした日が聖徳太子さまの命日だとミクシイのあるかたの日記でしりました。滅多に出かけない場所なので、これもなにかのご縁なのかしら・・・。
神社にはこころにひびく言葉がいつも掲げられています。
d0141365_221814.jpg

d0141365_22181691.jpg
d0141365_22182367.jpg

神社であれお寺であれ、このような教えに触れる機会があるというのはありがたいことですね。

大阪城梅林の風景を少しばかり。
森之宮方面から行くと上から梅林が見渡せる場所にでるのです。
d0141365_22202324.jpg

d0141365_22203732.jpg

右端には超望遠レンズの集団が。鳥撮りの人々ですw
d0141365_22214157.jpg
d0141365_22214889.jpg

狙いはこの鳥さんかな?w
d0141365_22221281.jpg

昨年はコゲラやみたことのない種類の鳥も何種類かみたのですが、人が多かったためか、雀やムクドリがおおく、目白も少なめでした。
これは目白ちゃん。うしろにもこもことまっているのは雀たちです。
d0141365_22234262.jpg
d0141365_22234947.jpg

お昼時でしたので、梅の下でお弁当や宴会をしている人々も。
民謡を手拍子でうたってとってもなごやかな雰囲気のグループもあってとても気持ちよい雰囲気をお相伴させていただきました。
d0141365_2225168.jpg
d0141365_2225311.jpg
d0141365_22253773.jpg




 *円座して手拍子合いの手民謡を笑みつ唱和す人楽しけり
       
    (えんざして てびょうし あいのて みんようを えみつ しょうわす ひとたのしけり)


 *南高梅盛を過ぎて残れるは雪の片々光の水玉

    (なんこうばい さかりをすぎて のこれるは ゆきのへんぺん ひかりのみずたま)

                                *丸い花びらがそのように散っておりました





多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2009-02-24 22:29 |
<< 梅 大阪城 *浮世絵的な梅たち* 椿 服部 *侘び助3種*「覆輪... >>


心惹かれた素敵なものたちを一緒に楽しんでいただけたらうれしいです。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メモ帳
多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ

いつも応援ありがとうございます。

*『お散歩かめら塾』はじめます。詳細・お申し込みは「告知」のカテゴリーからよろしくおねがいします。

*タグ・カレンダー(さかのぼってみることができます。日を指定するとその記事をみることができます)は、項目がリストになって、見たい記事を選んでみることができます。
*カテゴリーは、最新の記事から順にすべてのページが開きます。

*神社・旅行の記事は風景にはいっています。

いままでの記事・写真はこちら。
「月下 桜 の 世界」

お時間のあるときに、のんびりしていってくださいね。

*私のブログ*
「月下  桜 の つぶやき。」
「ひかりのことば」
「関西 てくてく・もぐもぐ」

『光りは内にあり』
惟神霊幸倍坐世〓彌榮〓
かんながら たまちはえませ

神のように天に恥じない行動と言葉でもって動きます。さらに人智では及ばないところは、よろしくお導きくださいませ。

タグ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
月下  桜さんの歌
from 麦太朗の題詠短歌
鑑賞:003「助」(トラ..
from a swallow unde..
鑑賞:002「一日」(ト..
from a swallow unde..
鑑賞:001「笑」(トラ..
from a swallow unde..
中秋の名月
from PIPEDREAM別館
【鬼の腕・宗旦槿(そうた..
from 妙花抄(三)
アガパンサス
from ずっと大分が好きだ
ライフログ
お気に入りリンク♪
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧