*月下  桜 の 世界*



<   2008年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧


紅葉 神戸烏原貯水池 *龍神の大歓迎*

11月末の休日に燕とのんびり散歩にでかけました。

神戸は町のいたるところから六甲山にはいる道があるのですよ。
山に入るまえも路地みたいなところで、なかなかたのしいのです。
数年前に一度おとずれたことのあるところへ、散歩気分ででかけました。
お弁当に穴子しんこ巻きと鳥釜飯のおにぎりを持って。


細い道を5分ほどものんびりあるくとあっというまに見晴らしがよくなります。
(傾斜はものすごいです)
d0141365_19313250.jpg

ちょっと傾いてしまいましたが、神戸のシンボルポートタワーもよくみえます。
うしろのもわもわとしているのは、海です。
d0141365_19321393.jpg

下町なので、車のはいれないような路地が入り組んでいます。
震災で瓦ぶきの屋根のおうちが随分減ってしまいましたが、情緒ある町並みも残っています。
d0141365_19332981.jpg

d0141365_19334543.jpg

紅葉があるとはおもってもみなかったので、偶然の出会いに感謝・感謝です。
d0141365_19342960.jpg
d0141365_19343935.jpg
d0141365_19345226.jpg
d0141365_1935285.jpg

ああ、薄曇でよかった。
ひかりがあると あまりのうつくしさに どうにかなってしまいそう。
d0141365_19354925.jpg
d0141365_1936632.jpg

秋の龍田姫の行幸に顔をあからめて。
d0141365_19382218.jpg
d0141365_19383152.jpg
d0141365_19392087.jpg

まるで星空のような。
d0141365_19394265.jpg
d0141365_19395155.jpg

あぁ。。。。うつくしい。
近寄ることの出来ない場所に数本だけでよかった。


燕と感嘆しあいながら撮影していると、森の奥からごぉぅっという風が吹き抜けてきました。
風は梢をかんかん打ちならしあいながらこちらへやってきて、そのあいだに力が弱まり、
紅葉を音もなく散らすばかり。。。
散りゆく様もうつくしく。。。まさにちょうど見せていただいたと感謝・感謝。
d0141365_19433134.jpg
d0141365_19435410.jpg
d0141365_1944154.jpg



ほどなくして貯水池に到着。
けれど、さきほどの龍神さまが大歓迎してくださり、急な突風に樹ごとなぎ倒されそうな勢い。
d0141365_19454590.jpg
d0141365_19455238.jpg

東屋にかけこんだけれど、ものすごく風がきつくて、とてもお弁当どころではありませんw
ほどなくして、雨が日本画のようにさぁと斜めの線になり、こちらにやってくるのがみえ・・・><
龍神さま~・・・よろこんでくださっているのはうれしいんですが、わたしたちはちいさな人間ですので、ほどほどの加減で・・・。

。。。。。

そうだ、電話ボックスがあった!

燕とあわてて駆け込みました。
旧型の電話ボックスはふたりはいるときゅうきゅうで、それでも雨風がしのげて棚にお弁当をひろげることができました。
細巻きの器はもちろん使い捨てのお皿なんですが、色紙に金の萩が散らしてあって、こういうところに気を配ることが出来るのが日本人ならではの感覚なんだなぁとしみじみとおもいました。

わたしたちの気持ちがとどいたのか、激しい雨はさぁっとあがり、霧雨のような雨に。

ありがとうございます。また訪れますねとおはなししながら、いそいで下りました。
自動販売機であったかいお茶をふたりで分け合ったときは ほっこりしました^^




*小菊もアップしています。


多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2008-12-16 19:55 | 紅葉・色づく葉

小菊 「亜耶の里」

「亜耶の里」という小菊です。
これも懸崖づくりにむく品種のようで、集まっているところはなかなか壮観ですが、一輪づつは可憐です。



一本の茎からこんなに花がうまれる奇跡
d0141365_19211861.jpg
d0141365_19213464.jpg
d0141365_19214872.jpg

d0141365_19223631.jpg

おなじにみえるようで おなじではない
d0141365_19224750.jpg
d0141365_19225523.jpg

ひとつの存在の 代わりは できないのだ
d0141365_19234160.jpg





*みてくださって、ありがとうございます。それでは、また^^




多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2008-12-16 19:25 |

*短歌* 「くも」

11月に「くも」というお題から詠んだ歌たちです。

超コミュ歌会では「雲」という言葉を詠みこまなければならなかったのに、
いつもの調子(携帯プチプチ短歌はオッケーみたいなのです)で
連想のものをアップしてしまうという こまったちゃんでした><
歌会に提出させていただいたものは省いております。


詠みこんであるものも、そうでないものもありますが、
それぞれの風景をたのしんでいただけたらうれしいです。



「くも」 2008/11



(古今和歌集風に)


 空の青ばかり広がるこの世ならかくも度々見上げざらまし


 束の間の今に漂う我が身なら浮世の苦もまたいつしか消えゆく




(ちょっとダークな現代短歌風に)

 漆黒に重くのしかかる雲さえも吾がたましいよりはるかに軽し

 
 もうただの空気のではいりする袋なりしときにも忍び込む雲



(実景)

 あんまりに青がひろくて眩しくて探してしまう雲量ゼロの日
                            (うんりょう)


 滅多にはありえぬことなれど雲の恋しい雲量ゼロの日
 

 のびやかなあの雲の大きさを点の如き飛行機でしる


 透明の棚に並べし雲たちよひろいあつめた石のごとくに


 灰色と水色の雲とく流れ白き街は静かに佇む

 
 雲間から光芒広がり海照らす足とどまりてじっと眺める
 
 
 雲のなかはどんなだろうと飛行機の小さき窓に鼻つけてみる


 永遠に生まれては消え変化するもっとも大きな美のもとにいる
 
 
 飽和量超えたらアウトプットすればいいすべての思い洗い流して



 手元にてくるくる巻き取る白き糸 皆子供になり雲に微笑む


 両の手でそっとつつんでふりふりシェイクさようならくも空へと放つ






*よんでくださって、ありがとうございました。それでは、また^^

*短歌のご縁のある方の辛口批評も覚悟しております>< どうぞよろしくおねがいします。
 (とはいえ、ノミの心臓ですので、激辛批評はメッセージにておねがいいたします><)




多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2008-12-15 20:40 | *短歌の世界*

相楽園 *和の風景*

神戸の相楽園のしっとりしたお庭をお散歩しましょう^^


どうだんつつじがとてもいい色になっていました。
d0141365_18495050.jpg

d0141365_1850147.jpg
d0141365_18501640.jpg
d0141365_18503396.jpg

池の周りには紅葉もあります。
日本画そのものの色彩でした。
d0141365_1852293.jpg
d0141365_18523330.jpg

何の実かな?いろんな樹にいろんな実がなっていました。
d0141365_18542680.jpg





*小菊もアップしています。





多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2008-12-14 19:11 | 紅葉・色づく葉

小菊 「和光」

「和光」という銘の小菊です。
ほっとおちつく、あたたかいひかりたちです。



葉っぱの影からそっとうまれている
d0141365_1904990.jpg
d0141365_1911769.jpg

わたしは 和光
d0141365_1914643.jpg
d0141365_1915846.jpg
d0141365_1921173.jpg

ひとりが 和光 みんなも 和光
d0141365_1935863.jpg
d0141365_1941482.jpg
d0141365_194401.jpg

ひとりひとりはちいさいけれど おおきな光になることができる
d0141365_1945943.jpg

d0141365_196224.jpg
d0141365_1961245.jpg
d0141365_1962641.jpg

うれし うれし たのし たのし 和の光





*みてくださって、ありがとうございます。それでは、また^^




多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2008-12-14 19:07 |

相楽園 *和の庭に洋館が神戸らしいところです*

あそびにきてくださって、ありがとうございます。

相楽園の風景をいっしょにお散歩しましょう~。

入り口は和風の門構えです。
d0141365_1854146.jpg

大半はよくお手入れされた松や植え込みの緑がとてもうつくしい和風庭園です。
d0141365_1855389.jpg
d0141365_18552319.jpg
d0141365_18553530.jpg
d0141365_18554636.jpg
d0141365_1856723.jpg

入り口付近にはとても大きな楠があります。
神戸では楠正成公を大切に祀っておりますから、楠もご神木として切り倒すのはタブーです。
どれほどおおきいかというと・・・。
d0141365_18583694.jpg
d0141365_18584320.jpg
d0141365_18585438.jpg
d0141365_1859488.jpg

足元にはつわぶきが満開。
昨年末に屋久島におとずれたときには、つわぶきがふつうの雑草のように道端に生えていたのでとてもびっくりしました。関西ではこのような和風庭園にちょこっと添えてあるくらいです。
d0141365_1905248.jpg

楠の新芽は春先にでますから、大半はそのときに入れ替わります。いまはところどころ赤くなっている葉っぱがちらほら。
d0141365_1915196.jpg

庭の北側(六甲山側)に「ハッサム邸」があります。いまは修復中で今回はたちいることができませんでしたが、例年は菊の時期にあわせて一般公開もされています。
d0141365_194756.jpg
d0141365_194205.jpg
d0141365_1943520.jpg

邸宅の右隣には厩舎があるのですが、これまた立派なつくりです。
d0141365_1951376.jpg
d0141365_1952156.jpg
d0141365_195397.jpg
d0141365_1954548.jpg
d0141365_196123.jpg
d0141365_1961355.jpg

おっと、またしても写真をアップしすぎました><
続きはまた今度^^


*小菊もアップしています。




多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2008-12-12 19:08 | *風景*旅・神社など

小菊 「桃の里」と色の濃いもの2種類

先日からの色違い小菊です。

しべがひとつづつ管にはいっているのかなぁ?
よく見れば見るほど不思議な作りの菊たちです。


「桃の里」
d0141365_1842268.jpg
d0141365_18425937.jpg

d0141365_18433573.jpg
d0141365_18435039.jpg
d0141365_1844730.jpg
d0141365_1844209.jpg
d0141365_18442629.jpg
d0141365_18443571.jpg


品種の名前はわからなかったのですが、「桃の里」の色の濃い品種です。
d0141365_18454666.jpg
d0141365_18461030.jpg
d0141365_18462446.jpg
d0141365_1846413.jpg
d0141365_18464910.jpg
d0141365_1847988.jpg
d0141365_18471761.jpg
d0141365_18473283.jpg
d0141365_18473977.jpg





*みてくださって、ありがとうございます。それでは、また^^






多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2008-12-12 18:48 |

小菊 「山端の雪」

「山端の雪」という小菊です。
前回ご紹介した「諏訪山の紅葉」の花の咲き方の色違いの小菊は実はものすごく多かったのです。懸崖仕立てにむいているのでしょうね。
一輪でもとてもうつくしいですが、群れ咲いている様子はまさに雪景色です。



ふれると きえてしまう はかない雪の結晶のような
d0141365_1914591.jpg
d0141365_1915144.jpg
d0141365_19152538.jpg
d0141365_19154084.jpg

d0141365_19165616.jpg

みつめないでください こおってしまうから
d0141365_19175622.jpg

d0141365_19183312.jpg

雪のせかいに とざされてしまうまえに





*みてくださって、ありがとうございます。それでは、また^^




多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2008-12-10 19:19 |

紅葉 相楽園 *色づき始めた葉たち*

神戸相楽園をおとずれたときにおもいがけずみかけた紅葉です。(11月15日)
時期的にはきっと今頃が見ごろでしょう。
けれども今日は寒いし、風がかなりきつかったので、相楽園はおあずけです。



わたしのあいするもみじは こころをかきみだすようなもえさかるいろではなく
d0141365_18141429.jpg
d0141365_18144692.jpg
d0141365_18145958.jpg

ふかいおもいをひめている葉たちのいろ
d0141365_18155987.jpg

d0141365_18181939.jpg

d0141365_18183035.jpg

天地からうけたすべてを身に宿し 大地に還る決意の色。
d0141365_1820544.jpg

d0141365_18205754.jpg
d0141365_1821326.jpg
d0141365_18214460.jpg







多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2008-12-06 18:22 | 紅葉・色づく葉

小菊 *「諏訪山の紅葉」と「秋しぐれ」

相楽園でみかけた小菊たちもしばらくご紹介しますね。
銘もすてきなのですよ。


「諏訪山の紅葉」
d0141365_183524.jpg
d0141365_1831086.jpg



「秋しぐれ」
d0141365_184856.jpg

d0141365_1842437.jpg
d0141365_1843940.jpg
d0141365_185299.jpg
d0141365_1854177.jpg
d0141365_186098.jpg

d0141365_1862293.jpg
d0141365_1865581.jpg
d0141365_1871618.jpg
d0141365_1872977.jpg





*みてくださって、ありがとうございます。それでは、また^^






多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2008-12-06 18:22 |


心惹かれた素敵なものたちを一緒に楽しんでいただけたらうれしいです。
メモ帳
多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ

いつも応援ありがとうございます。

*『お散歩かめら塾』はじめます。詳細・お申し込みは「告知」のカテゴリーからよろしくおねがいします。

*タグ・カレンダー(さかのぼってみることができます。日を指定するとその記事をみることができます)は、項目がリストになって、見たい記事を選んでみることができます。
*カテゴリーは、最新の記事から順にすべてのページが開きます。

*神社・旅行の記事は風景にはいっています。

いままでの記事・写真はこちら。
「月下 桜 の 世界」

お時間のあるときに、のんびりしていってくださいね。

*私のブログ*
「月下  桜 の つぶやき。」
「ひかりのことば」
「関西 てくてく・もぐもぐ」

『光りは内にあり』
惟神霊幸倍坐世〓彌榮〓
かんながら たまちはえませ

神のように天に恥じない行動と言葉でもって動きます。さらに人智では及ばないところは、よろしくお導きくださいませ。

タグ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
月下  桜さんの歌
from 麦太朗の題詠短歌
鑑賞:003「助」(トラ..
from a swallow unde..
鑑賞:002「一日」(ト..
from a swallow unde..
鑑賞:001「笑」(トラ..
from a swallow unde..
中秋の名月
from PIPEDREAM別館
【鬼の腕・宗旦槿(そうた..
from 妙花抄(三)
アガパンサス
from ずっと大分が好きだ
ライフログ
お気に入りリンク♪
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧