*月下  桜 の 世界*



<   2009年 03月 ( 53 )   > この月の画像一覧


春の息吹とわたしのジレンマ

梅を撮影してから春が一気に加速しています。

週末しか撮影できない今年(昨年までは2年間ほど平日の撮影も出来ておりました。ありがたい時間でした。)は、平日の気温と週末の天気と成長具合にどきどきはらはら・・・今年は撮影できないかもしれない。。。とも覚悟しておりました。
週末カメラマンのみなさんは、きっと同じ思いでみていらっしゃるのでしょうね。

昨年は暖かく、今年の1月・2月も3月並の気温の日が多く、3月に入れば4月・5月並の気温になり、木の芽や樹の花たちの動きがはやいこと!
毎日みるたびにぐんぐん成長していくスピードに圧倒されっぱなしです。
きのうはまだ芽が小さかったのに、もう大きくなってる!あ!今日はもう開いてる~!!
堅くて小さい蕾だったのに、あれあれ、もうふくらんでほころんでいるし!!
あーーー撮影したい>< この瞬間が素敵なのにぃ~>< と、おもったこともしばしばです。


けれども、通勤前の撮影はわたしにとっては禁忌事項。
なぜならば。
撮影しはじめると没頭して分速5センチメートルも動かなくなるからです。
携帯でアラームを設定していても、没頭していて耳にはいらず、聞こえていても、やめられず。
あぶない、あぶない。通勤前は絶対だめです。
かといって、帰宅時にはまだ日暮れがはやく、間に合わないのです;;
うーーーうーーー撮影したいーーー・・・・・

恋焦がれてまつ週末といえども、天気の変わり目で春一番が吹き荒れていると撮影できませんし、雨でもだめ。できれば薄曇がいいけれど、雨降り前ほどでは暗すぎて。真っ青な空の美しい晴天には影が濃すぎて。
うーーーうーーーうーーーーーー。

条件のいい天気には、撮影に没頭しすぎて、燕にタイムキーパー(「そろそろ移動するよ~」「そろそろ休憩しよ~」「もう帰るよ~」と声をかけてもらうのです)をしてもらわないと体力・気力以上にのめりこんでしまって、帰宅するなり ばたんきゅーーーになる始末。
うーーーうーーーうーーーーーー。


しかもブログの更新はのんびりだし、(まだ梅がのこっているし!)写真の整理が追いついていないし;;

短歌ももちろん詠んでいます。
「題詠ブログ2009」に参加させていただいたこともあって、「題」をよみこんだものと、季節のみかけた風景と、こころにとどまっているものたちと。
推敲前のもあわせて今年になってから詠んだ歌は350首にもなっております。
それもあわせて紹介したいーーーー。
時期のものもあるけれど、もっと考えたらいい歌になるかも・・・でもでも、そろそろアップしないとまた来年になっちゃうよ~;;
うーーーうーーーうーーーーーー。

そんなジレンマに悩みつつ過ごしております。


通勤時にみた春の息吹の風景をすこし。

枯れ草ばかりの空き地に蓬やカラスノエンドウやはこべがぐんぐん成長してきました。
はこべやぺんぺんぐさはかわいいちいさな花もつけています。
青いちいさな花のかわいいイヌフグリもみかけました。
名前のしらない草たちも。青々していて朝日にかがやいている若草はとってもきれい!
わぁ、かわいいなぁって、通るたびにわくわくします。

小さな点のような蕾だった沈丁花は鳥のくちばしのように伸びだして、あっというまに満開になり、初春らしい薫りをただよわせていました。

家の角に植えられているバラたちはあっというまに赤っぽい芽を吹き出し、もう葉っぱがあれあれというほど急成長してしまいました。

緑の葉っぱの八つ手は小さな手がみえたとおもったらあっというまに天狗のうちわになり、アオキはなにやらぎゅっとつまっているものがでてきたとおもったら、若葉のあいまからちいさな蕾と紫のちいさな花を咲かせています。

かえでやもみじたちは仏様や菩薩の手のような形に若葉がうまれ、几帳面におりたたまれた扇がひらくようになっています。そして赤くてくるんとまるまったものやちいさなちいさな赤い蕾たちがぎゅっとあつまって、こっそりひらいていたりします。

なんの花がうえられているのかわからなかったものは、桜草になり、もこもことかわいい花をたくさんつけています。水仙みたいな細長い葉っぱだけだったものはフリージアの花蕾をつけています。

冬の間からプランターに植えられていた葉牡丹たちはしろいものはとけかかったゆきだるまのようになり、ぐんぐん背丈がのびてきて、まるでうえからどんぐりをころころころがしたら螺旋にころがっておちてゆくんじゃないかとおもうようなかたちになっています。先端には花蕾がついています。
同じく冬の間のおともだち、ビオラたちもちいさな花をたくさんつけて、もこもこしています。ほんとうにいろんな色の花たちにめぐり合えるのでとてもたのしいです。

枯れ木のようだった木瓜はふくらとした蕾をつけ、なんともいえない和風のいろあいの花をつぎつぎとみせてくれ、さんしゅゆの樹は黄色い小さな花火を炸裂させ、れんぎょうの樹は春らしい明るい黄色の花と黄緑の新芽をみせてくれています。

背の高いケヤキは空をひび割れさせたかのようなかぼそい枝からじぐざくがうまれ、若葉のもとがいっぱいついているのがみえるようになりました。緑濃い枇杷の葉たちの間にはまるで薄緑の花のような若葉が合掌しています。桜の枝の先端さえふくらんできて、ちろちろと黄緑がみえかかっています。

降りるバス停の近くの公園には辛夷(こぶし)の樹があり、かわいいもこもこのつぼみを沢山つけていましたが、ある朝にはティッシュがひっかかったような花が咲き、2~3日で満開になってしまいました。

バス停へ向かう道沿いにある木蓮の樹は、昨年の冬から小さな蕾をつけていて、暖かそうな毛皮を着込んでおりました。お天気のいい日は、「おはよう~」と挨拶がてらなでなでさせてもらって、毛並みを楽しんでから出勤するのが楽しみでした。
春分の日の前日の朝でしょうか。通りかかるといっせいに毛皮を脱ぎ捨ててミルク色の蕾になっていたり、(まだぬぎかけの子もいました^^)しなやかな曲線をえがいて咲いていたり。
こちらもあれあれ、という間に花がさき、飛び立ってしまいそうです。

休日に散歩していると、立派な緑の葉っぱから君子蘭の蕾とオレンジの花がのぞいていたり、ある家の門の脇には立派な桜が(おそらく河津桜でしょう)満開になっていたり。


わぁ、ぜんぜん「すこし」じゃない!!
こんなに溜め込んでいたらだめですね。
ちゃんとこうやって書き出しておかなくちゃ。


読んで下さってありがとうございます。

うーーーうーーー思いながらも、できるだけタイムリーな記事をアップしていきたいとおもっていますので、しばらく休憩はさんだり、怒涛のようにアップしまくったりするかとおもいますが、どうぞよろしくお付き合いくださいませ。

*あ、そうそう、一足先の「お花見」は昨年の桜たちが微笑んでいますから、どうぞ右側の「カテゴリー」の「桜」からか、「タグクラウド」のなかの「桜」から、いつでもお花見していってくださいね~。
花たちの夢に惹き込まれない様、ご注意を・・・・w




月下  桜





多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2009-03-22 18:55 | つれづれ帖*言葉の風景

梅 大阪城 「古城」「白玉」

*梅・大阪城梅林 2009/02/22

白梅2種です。

「古城」(ごじろ)
(こしろ)なのかもしれませんが、プレートをみるかぎり、そのようにルビがふってありました。
今はなき城跡にひっそりさく梅なのかもしれませんね。



幾年月が過ぎたろう
d0141365_7171331.jpg

d0141365_7172755.jpg
d0141365_7175449.jpg
d0141365_7181893.jpg

我を手植えし主(あるじ)なく
d0141365_7194434.jpg
d0141365_720930.jpg
d0141365_7202855.jpg
d0141365_7203981.jpg

我を愛でたる人なくて
d0141365_7215038.jpg
d0141365_722498.jpg
d0141365_7223097.jpg

我はなにを語りしか
d0141365_724353.jpg
d0141365_7242393.jpg





「白玉」(しらたま)
黄緑のがくのさわやかな白梅です。
d0141365_7255357.jpg
d0141365_726416.jpg
d0141365_7262964.jpg
d0141365_7263533.jpg
d0141365_7264160.jpg
d0141365_727291.jpg
d0141365_7271386.jpg





多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2009-03-21 07:29 |

梅 大阪城 「春日野」「武蔵野」「鈴鹿の関」

*梅・大阪城梅林 2009/02/22

地名にちなんだ梅を集めてみました。

「春日野」(かすがの)
うっすらと桃色が混じるかわいらしい梅です。
d0141365_652515.jpg

d0141365_65438.jpg
d0141365_661290.jpg
d0141365_662240.jpg
d0141365_663199.jpg
d0141365_664958.jpg



「武蔵野」(むさしの)
桃や桜のようなやわらかな色合いと花びらの風合いの梅です。


咲き始めに 息を呑む
d0141365_683234.jpg

このような うつくしいものを この目でみていることを
d0141365_69309.jpg

感謝せずにはおれない
d0141365_6103755.jpg

d0141365_694610.jpg
d0141365_6104663.jpg




「鈴鹿の関」(すずかのせき)
いったいどこかな?とおもってしらべたら古くは伊勢のあたりにあったそうです。
赤い色味のつよいがくと、花びらのつけねの紅のぽかしとがとても似合っている梅です。
d0141365_614812.jpg
d0141365_6141643.jpg
d0141365_6142240.jpg
d0141365_6144088.jpg
d0141365_6145062.jpg
d0141365_6145778.jpg




*みてくださってありがとうございます。それではまた^^





多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2009-03-21 06:15 |

梅 大阪城 「見驚」「単「送春」「単弁跳枝」「舞扇」

*梅・大阪城梅林 2009/02/22

少ない品種の梅たちです。


「見驚」(けんきょう)
なにを見て驚くの??とおもわれるでしょう。
蕾はものすごくちいさいのに花は500円玉ほどの大きさに開くのです。
d0141365_714334.jpg
d0141365_715923.jpg
d0141365_721420.jpg
d0141365_72405.jpg



「送春」(そうしゅん)
まだ春ははじまったばかりだよ~>< なのに「送春」。
d0141365_743121.jpg
d0141365_744438.jpg
d0141365_745774.jpg
d0141365_752520.jpg



「単弁跳枝」(たんべんちょうし)
緑がくとおなじくらい学問的な分類の名前ですが。梅の枝の勢いはどれものびのびしていますよね。
d0141365_775079.jpg
d0141365_775629.jpg



「舞扇」(まいおおぎ)
日本舞踊では扇は大切な役割をもっていますね。
しとやかな舞姿が眼に浮かびます。
d0141365_7124163.jpg

d0141365_7125057.jpg
d0141365_713324.jpg
d0141365_7132031.jpg
d0141365_7133547.jpg
d0141365_7134237.jpg






*みてくださって、ありがとうございます。それではまた^^





多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2009-03-19 07:16 |

梅 大阪城 「鶯宿」

*梅・大阪城梅林 2009/02/22

「鶯宿」(おうしゅく)
梅に鶯(うぐいす)とはいつからいわれてきたのでしょうね。
梅に宿ることがおおいのはうぐいす色の(濃いめの黄緑の)目白さんなのですが。
鶯は雀みたいな色あいで、梅の時期にはまだ「ちゃっちゃっ」と笹鳴きしかきいたことがありません。
鶯が練習して「ほーほけきょ」と啼くようになるまでにはかなり時期がかかるんですよね・・・。


初春がふわりと 吐息をかたちにすると
d0141365_1925197.jpg

d0141365_19252985.jpg
d0141365_19253844.jpg

こんなふうになるのでしょう
d0141365_19265096.jpg
d0141365_19265640.jpg

はるのひかりを 首飾りにすると
d0141365_19274921.jpg

こんなふうになるのでしょう
d0141365_1927591.jpg




*みてくださって、ありがとうございます。



多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2009-03-17 19:29 |

梅 大阪城 「本黄梅」「未開紅」「米良」

*梅・大阪城梅林 2009/02/22


珍しい梅のなかで、花の小さなものたちです。
あまりに小さいので咲き終わっていると勘違いされることも・・・><

「本黄梅」(ほんこうばい)
めずらしい花弁の黄色い梅で、花びらの形も変わっています。
咲き始めのしべが丸まっている姿も珍しいですよ~。
d0141365_77358.jpg
d0141365_771325.jpg
d0141365_772433.jpg
d0141365_773479.jpg



「未開紅」(みかいこう)
小指のつめほどのちいさなちいさな梅です。
「ま~だだよw」と声がきこえてきそうですね。
d0141365_79444.jpg
d0141365_791155.jpg
d0141365_792043.jpg



「米良」(めら)
銘も変わっていますが、かなり小ぶりの梅です。
d0141365_7104057.jpg
d0141365_711466.jpg
d0141365_7112131.jpg
d0141365_7112739.jpg





多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2009-03-16 07:13 |

梅 大阪城 「大盃」「道知辺」「東雲」

*梅・大阪城梅林 2009/02/22

今回の梅も本数の少なかったものです。


「大盃」(おおさかずき)
観梅の宴が目に浮かぶような銘ですね。
d0141365_6513412.jpg

d0141365_6515420.jpg
d0141365_6521155.jpg
d0141365_6521734.jpg
d0141365_6523535.jpg



「道知辺」(みちしるべ)
いまは道にまようことなどなくなってしまったでしょうか。
それでも道知辺は心強い存在ですよね。
d0141365_6545185.jpg
d0141365_6545716.jpg



「東雲」(しののめ)
透明感ある花びらがとてもうつくしいです。
中央はほんのり紅に染まっていて。。。
d0141365_65765.jpg
d0141365_6571270.jpg
d0141365_6571813.jpg





多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2009-03-16 06:56 |

梅 大阪城梅林 *梅のある風景3月7日*

先週おとずれた大阪城梅林の様子をアップするのを忘れていました><
早咲きの南高梅などは散っていますが、遅咲きの「豊後梅」が満開で本数もかなりありますので見ごたえがあります。しだれ梅や紅梅も白梅よりも開花が遅めですので、満開~散り始めです。
先週の雨にうたれて散っていなければ、今日もかなり見ごたえがあったかとおもいます。



*梅・大阪城梅林 2009/03/07

先週は丁度 薄曇。風もなく、花の撮影にはぴったりでした。
2月は鳥撮りのグループでしたが、3月には油絵のメンバーがおもいおもいの場所でキャンバスに色をかさねておられました。

定番とはいえ、大阪城。
d0141365_18155152.jpg

d0141365_18162710.jpg

d0141365_1824010.jpg

いろんな種類が咲き乱れいてとてもきれいです。
d0141365_18163919.jpg

d0141365_18174341.jpg

しだれ梅も天から降る花たちのよう。
d0141365_18182260.jpg
d0141365_18184071.jpg
d0141365_18185110.jpg

d0141365_18205288.jpg

花見客もおでんやお団子をいただきつつ。
d0141365_1820912.jpg
d0141365_18201765.jpg
d0141365_1821765.jpg

豊後梅はがくが明るい赤茶色なので華やかです。
d0141365_1821598.jpg
d0141365_18221288.jpg
d0141365_18222834.jpg
d0141365_18225072.jpg
d0141365_1823342.jpg

場所によっては夢のような光景のみえる場所がありました。
d0141365_18252484.jpg






多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2009-03-15 18:25 |

梅 大阪城 「佐橋紅」

*梅・大阪城梅林 2009/02/22

「佐橋紅」
かなり濃いめの紅梅です。花のつき具合のバランスもとてもよく、シルエットとしてもうつくしいです。



ごきげんよう。
d0141365_17531146.jpg

d0141365_1754049.jpg

わたくしたちを みつめてくださっているの?
d0141365_175501.jpg
d0141365_1755181.jpg
d0141365_1755342.jpg

わたくしたちも あなたをみつめているのよ
d0141365_17554539.jpg

d0141365_17562238.jpg
d0141365_17563826.jpg
d0141365_1756447.jpg
d0141365_1757373.jpg

ご縁があってうれしいわ
d0141365_17574112.jpg

それではまた。ごきげんよう。
d0141365_1758463.jpg




d0141365_17582392.jpg







多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2009-03-15 17:58 |

*短歌* 「卒業」「はなむけのことば」

きょうはどどっと題詠ブログの短歌をアップしました。
みくしいのみなさんのページにはずらりとならんでいることでしょう>< すみません。
みくしいのコミュ「ほのぼの短歌ラリー」にて現在「卒業歌会」を開催しています。
今回も参加しております。
まだ作者発表してません。
燕の歌もこのごろ進化するのがはやいので、どれか絞りきれず、わかりません。

この歌会にちなんで何首かまとめて詠んだものがありますので、連作のようなかたちでアップしてみますね。



 「卒業」



 練習で涙なんて癪だから鼻つんとしたら背中にナイフ



 壇上に名前よまれて立つ君を見つめていたい見てないふりして



 絶対に泣かないと思っていた子がしゃくりあげ泣くと思った子はしらと立つ



 何気ないあるひとこまを思い出し微かにゆるむ頬は隠さず



 ・・・・すきです。・・・・とうつむく君のはにかみが僕を一気に春にしました




 賑やかな集まりそっと抜けだそう二人の思い出辿りに行こうよ




 なにもかも本当にあったことなのか黙した校舎はけして語らず


 
 潜水し今日まで辿り着いたから息継ぎをしてまた潜りゆく



 今ならばどんなことでも頑張れる新しい羽生えているもん



 写メなんてなかったけれど三枚の写真だけで十分だから




 

 「はなむけのことばたち」



 触媒となりて新たなひかり生み出しぬすべての人がすべてのことが



 何事もできると思え何事もできぬと殻に籠ることなく


 
 成すことは一つなれども方法は無限にありて全てに通ず



 日々新た己が役割果たし切る君の姿は誠に尊し



 新しく日々殻を脱ぎ変化せよ生まれよ生きよ世の光たれ




                                  


                                   月下  桜




*ご卒業おめでとうございます。学生のみなさんも、ご退職のみなさんも。あるいはいろんな意味で卒業をむかえられたかたがたに。これからも幸多きあゆみとなりますよう、こころより祈念申し上げます。




多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
by tsukisitau | 2009-03-14 20:16 | *短歌の世界*


心惹かれた素敵なものたちを一緒に楽しんでいただけたらうれしいです。
メモ帳
多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ

いつも応援ありがとうございます。

*『お散歩かめら塾』はじめます。詳細・お申し込みは「告知」のカテゴリーからよろしくおねがいします。

*タグ・カレンダー(さかのぼってみることができます。日を指定するとその記事をみることができます)は、項目がリストになって、見たい記事を選んでみることができます。
*カテゴリーは、最新の記事から順にすべてのページが開きます。

*神社・旅行の記事は風景にはいっています。

いままでの記事・写真はこちら。
「月下 桜 の 世界」

お時間のあるときに、のんびりしていってくださいね。

*私のブログ*
「月下  桜 の つぶやき。」
「ひかりのことば」
「関西 てくてく・もぐもぐ」

『光りは内にあり』
惟神霊幸倍坐世〓彌榮〓
かんながら たまちはえませ

神のように天に恥じない行動と言葉でもって動きます。さらに人智では及ばないところは、よろしくお導きくださいませ。

タグ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
月下  桜さんの歌
from 麦太朗の題詠短歌
鑑賞:003「助」(トラ..
from a swallow unde..
鑑賞:002「一日」(ト..
from a swallow unde..
鑑賞:001「笑」(トラ..
from a swallow unde..
中秋の名月
from PIPEDREAM別館
【鬼の腕・宗旦槿(そうた..
from 妙花抄(三)
アガパンサス
from ずっと大分が好きだ
ライフログ
お気に入りリンク♪
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧