人気ブログランキング |

*月下  桜 の 世界*



タグ:初夏 ( 125 ) タグの人気記事


川口市の氷川神社

6月20日のものです。

短歌サミットのある川口市でも氷川神社発見です。
ご祭神は素盞鳴命 櫛稲田姫命。
さっそく訪れました。

五つ鈴がならんでいます。いすず?
d0141365_14253383.jpg

夕刻でしたのでどなたもいらっしゃらないとおもい、ひふみ祝詞(ビックバンバージョン)を奏上しておりましたら、神社のかたが拝殿の扉をあけられました。いろいろなものを拝殿にしまうためだったのですが、なんとも絶妙のタイミング・・・。
ご挨拶させていただきました。
d0141365_14285687.jpg

d0141365_1429672.jpg

ご本殿の裏手にまわるとご神木がありました。
d0141365_14292736.jpg

「抱きついてもよい」とあるので、おもいっきりぺったりとくっつかせていただきました。
きもちいいなぁ。。。。
とても安心します。
いのちをいただいているんだなぁ、からだをおかりしているんだなぁ・・・。
いろんなおもいがあふれてきました。
d0141365_1432942.jpg

ありがとうございます。


神社のHPはこちらです。
「川口市の氷川神社」


6月21日。
燕とのふとおもいたった旅の二日目は雨、となぜかきまっています。伊勢も屋久島も広島も雨。
現地で大きなこうもり傘をもとめるのが定番になりました。
けれど、旅自体にはいつも支障がないのです。歩くところでは小雨になったりやんだりするのです。
かえっておもしろい雲や空をみせていただけたりします。おもしろいですね。

二日目は横浜の元町を歩きました。婦人洋品店が多かったです。
なかでも驚いたのが、雨の日グッズ専門店。傘とか、レインコートとか、長靴とかしかおいてないのです。しかもものすごく種類が豊富!みているだけで、雨の日が楽しみになりそうなお店でしたよ^^

地図で厳島神社があるのに気づいていたので、参拝に伺いました。
参拝中はものすごい土砂降り。気兼ねなくひふみ祝詞(ビックバンバージョン)など奏上させていただき、ご挨拶させていただきました。

参拝後は雨が小雨になりました。

外国人墓地の南側をゆっくりのぼりつつ、外からいろいろなお墓があるのを眺めさせていただきました。
雨にぬれそぼった石と緑(丁度十薬:どくだみ)とのとりあわせがうつくしかったです。
クロスの形も墓石のかたちもそれぞれちがいます。
クロスに百合の花が彫ってあるものもありました。

横浜の異人館は外観を数件、「外交官の館」をじっくり撮影させていただきました。
神戸とちがって無料なのがありがたいです^^
さきほどまで激しい雨でしたので、お客さんもいらっしゃらず、おもいがけず燕もわたしもこころゆくまで撮影させていただきました。
またそれは横浜の夜景などとともに後日アップしますね。


*携帯からブログをみてコメントを書き込みたい場合のアドレスです。(承認制にしてあるけれどできるかな・・・?)お手数おかけします。
http://mblog.excite.co.jp/user/tukisitau/

多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
by tsukisitau | 2009-07-20 14:49 | *風景*旅・神社など

埼玉県川越市の町並み・氷川神社

6月20日に訪れました。

短歌サミットが川口市で午後から開催されるので、午前は川越市をおとずれることにしました。
なぜ川越かというと、社会人になって2年目のときに一ヶ月埼玉所沢で研修を受けていました。もちろん泊り込みです。
そのときの休日に川越市という町があることをしり、丁度お祭りがあることをしったのです。
研修仲間といっしょに町並みをたのしみ、山車や乗っている舞手の妙技に感心しました。
なので、もういちどおとずれたいなぁとおもったのです。
 ・
 ・
 ・
じつは、これが失敗のもと。
わたしのよくない癖がでてしまいました。
「計画を遂行するのを目標とする」。これは二人の旅でもっともタブーだったのにな~・・・反省です。
かなり早くに羽田に着いたのに、川越市までの時間を読み違えました。
遠かった~><
のんびりあるいてまわらず、タクシーに乗りつつ観光するという無謀さです。

城下町なので、道のつくりがとても複雑。一直線ではなく、すぐ突き当たりになっています。
タクシーの運転手さんが心得ていらっしゃって、いろいろと説明しながらゆっくりと走ってくださいました。
普通の町並みが一転。
さびれたシャッターのおりた商店街がつづいたかとおもうと、洋風の建築がならび・・・
d0141365_13261371.jpg

ある通りだけ残された 不思議な空間。
d0141365_1327114.jpg

みていないのでよくしらなかったのですが「つばさ」の舞台になっているとか。
d0141365_1328049.jpg

なんだか、ものすごく重厚な作りの建物たちです。
d0141365_13284432.jpg

d0141365_13285374.jpg

景観にあわせてポストまで黒い・・・w
d0141365_13294756.jpg

かなりの観光客さんが訪れておられました。
帰り道もおなじルートで・・・。別のタクシーでしたが、またゆっくり走って解説してくださいました。
d0141365_13315125.jpg

瓦と屋根の上についている飾り?が特徴的です。
d0141365_13333161.jpg

d0141365_1333436.jpg


氷川神社へ到着。
ご祭神は素盞鳴尊 奇稲田姫命 奇稲田姫命のご両親である脚摩乳命・手摩乳命 大己貴命(おおなむちのみこと):素盞鳴尊のご子孫で大国主命とも名乗られています

到着したら結婚式の真っ最中でした。
しかも、おふたりでご本殿へ玉串を奉納し、誓いをたてる場面。
「愛」の基本を見せていただくご縁でした。

(おふたりの後姿や真剣な表情のうつくしい巫女さん、笙と竜笛を奏しながら拝礼にむかうお二人も撮影させていただいたものの、アップするのは遠慮させていただきます。)

祭礼中であったので、ひふみ祝詞を控えめに奏上させていただきご挨拶させていただきました。

左側から廻ってゆく道があり、見てみると・・・。
d0141365_13444019.jpg

おぉ・・・?!
d0141365_13454267.jpg

d0141365_13462126.jpg

ものすごい彫刻がご本殿に施されていました。
なにをモチーフにしたのか書いてあったようにもおもうのですが、撮り損なってしまいました。
たしか源頼朝が鶴を放つ場面だったとおもいます。
d0141365_1349289.jpg

d0141365_13491738.jpg
d0141365_13493173.jpg

孔雀もみえます。
d0141365_13565318.jpg

これはなんの場面だったか・・・失念>< すみません。
d0141365_13521297.jpg

d0141365_13522121.jpg

ご本殿の正面には龍と鶴の彫刻が。凄いです。
d0141365_13534695.jpg
d0141365_13544186.jpg

d0141365_13552026.jpg
d0141365_13552816.jpg

岩戸開きの瞬間の彫刻も!
d0141365_149203.jpg

離れてみるとこんなかんじ。
d0141365_13573895.jpg


籠の鳥(鶴)が放たれて、岩戸が開き、龍が舞う。意味深いです。


ご本殿の右手奥にはご神木が。足元には石がならべてあり、触れることができました。
d0141365_1433219.jpg

d0141365_1358514.jpg
d0141365_13585970.jpg

d0141365_1435536.jpg


敷地内の八坂神社。
こちらは丹塗りが華やかです。
d0141365_140698.jpg
d0141365_1401731.jpg
d0141365_1403272.jpg


ここの狛犬さんも笑っておられるようにみえました。
d0141365_1412249.jpg

つられて微笑んでしまいます。


参拝後。


マンホールだってわすれませんよw
d0141365_1423515.jpg


川越の町並みはこちらでごゆっくりどうぞ。
「川越市小江戸川観光サイト」

氷川神社のHPです。あちこちクリックすると境内をみてまわることができますよ。
「川越氷川神社」


*携帯からブログをみてコメントを書き込みたい場合のアドレスです。(承認制にしてあるけれどできるかな・・・?)お手数おかけします。
http://mblog.excite.co.jp/user/tukisitau/

多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
by tsukisitau | 2009-07-20 14:05 | *風景*旅・神社など

富士は日本一の山! *こんなしあわせすぎることがあっていいのでしょうか*

きょうは6月20日~おとずれていた関東地方の神社参拝のご報告をしますね。
(目的は短歌サミットと横浜・しま坂だったんですけれどw)


燕とおもいたつ旅はいつもふいにおとずれます。
「短歌サミット、いきたいね」「うん、いってみたいね」「じゃあ、いこっか。そういえば、横浜に引越しした同僚がいるんだけど」「あ、関東だから会えるね」「そうだ、しま坂にもいけるね」
こんな調子です。
パソコンで宿泊地を決めて。
ネットで予約。
交通も「あれ、飛行機のほうがはやくて安いのがあるね」「へぇ~!」
移動は新幹線が基本とおもっていたわたしたち。
スカイマークだと神戸から1万円で羽田まで。

飛行機の旅もわくわくします。
スカイマークってはじめてのったんですが、翼にハートがかいてあって、とっても素敵なんです。
搭乗時間ぎりぎりだったけれど、北側の窓の見える席。これはラッキー!(理由はのちほどw)

飛行機がぐんぐん上昇していくと、いろいろな雲がみえてきておもしろいです。
流氷みたいな雲たち。
氷山みたいな雲たち。
メレンゲみたいな雲たち。
みとれていました。

ある高さになると(きっと和歌山・愛知のあたりです)歓喜の渦が・・・押し寄せてきて・・・うるうるしました。



窓の外をじっと観察・・・(となりにお客さんいたんですけれど・・・)
わたしのカメラ、上にあげちゃったしなぁ・・・携帯はだめだし・・・。
あ、燕のカメラが足元に!

あ!!あのうつくしすぎる山はなに・・・?!
もしかして、もしかして・・・・。
d0141365_19392184.jpg

d0141365_19394183.jpg
d0141365_19395268.jpg

富士山~~~!!
美しい~><
d0141365_19403713.jpg
d0141365_19404511.jpg
d0141365_1941378.jpg
d0141365_1941133.jpg

この席でよかった>< (南側だとみえません)
山頂を拝見できるなんて;; しかも冠雪しておられる~><
d0141365_1942125.jpg

愛しています。
d0141365_19423872.jpg
d0141365_19424447.jpg

d0141365_19434410.jpg
d0141365_19435435.jpg
d0141365_1944541.jpg

愛するひととわかれるような寂しさと、またおめにかかることのできる予感とを感じつつ。

いつまでも眺めていました。



*携帯からブログをみてコメントを書き込みたい場合のアドレスです。(承認制にしてあるけれどできるかな・・・?)お手数おかけします。
http://mblog.excite.co.jp/user/tukisitau/

多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
by tsukisitau | 2009-07-18 19:48 | *風景*旅・神社など

鎌倉長谷寺にて *ほっこり~^^*

境内の紫陽花園を思う存分楽しんだわたしたちはお休み処も発見。
おいしそうなので、いろいろ頼んでしまいました。
「おもいをのこすことなく、その場であじわいつくす」のがわたしたちのモットーですから^^

雑穀雑炊。
d0141365_705584.jpg
d0141365_71343.jpg

こんにゃく田楽。
d0141365_72185.jpg

みたらしだんご。
d0141365_722024.jpg
d0141365_72546.jpg

お茶ってほんとうにほっとしますね!
d0141365_732488.jpg

たぶん七味いれ・・・
d0141365_742567.jpg

くずきり。
d0141365_744024.jpg


おおきな硝子に面した席で、ひろーーい景色がしっとり落ち着いて見えてここちよかったです!



*今日で江ノ島・鎌倉の旅のご紹介はおわりです。おつきあいくださって、ありがとうございました。
 ひきつづき2009/06/20-21の埼玉(川越・川口)横浜の旅をご紹介しますね。



*携帯からブログをみてコメントを書き込みたい場合のアドレスです。(承認制にしてあるけれどできるかな・
・・?)お手数おかけします。
http://mblog.excite.co.jp/user/tukisitau/

多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
by tsukisitau | 2009-07-14 07:12 | *風景*旅・神社など

鎌倉長谷寺の山紫陽花 *小ぶりで可憐*

5月24日に鎌倉の長谷寺をおとずれたときの紫陽花たちです。

いまはもこもことした西洋紫陽花をみかけることがおおいですが、日本古来の品種「山紫陽花」はその名のとおり、山にそっと人知れず咲いているのをみいだされて栽培されている品種たちです。銘もたのしく、出身がわかったりしますよ。

境内には山紫陽花の鉢がならべてあり、それぞれの銘も添えてありました。

「甘茶」(あまちゃ)
おそらく4月の潅仏会でお釈迦様のうまれたときの姿の像にかけるあの、甘茶ではないかとおもいます。
d0141365_643775.jpg

d0141365_6442166.jpg


「土佐の涼風」(とさのりょうふう)
d0141365_64549.jpg
d0141365_6451432.jpg


「乙女の舞」(おとめのまい)
d0141365_646644.jpg


「美方八重」(みかたやえ)
d0141365_6474457.jpg
d0141365_6481711.jpg
d0141365_6482693.jpg


こちらは紫陽花園でみかけたもの。
d0141365_6493435.jpg
d0141365_6494133.jpg
d0141365_6495757.jpg
d0141365_6501512.jpg

別の品種。
d0141365_6505038.jpg

d0141365_6512146.jpg



参考までにさまざまな紫陽花の世界をご紹介しておきますね。
銘を眺めているだけでもわくわくします。

「山紫陽花品種名」

「山紫陽花数種写真」

「紫陽花花図鑑 日本花卉ガーデンセンター本店」





*携帯からブログをみてコメントを書き込みたい場合のアドレスです。(承認制にしてあるけれどできるかな・
・・?)お手数おかけします。
http://mblog.excite.co.jp/user/tukisitau/


多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
by tsukisitau | 2009-07-14 06:56 | 夏の鉢花

鎌倉長谷寺の紫陽花 *可憐な白のがくあじさい*

5月24日におとずれたときの紫陽花たちです。

紫陽花にもいろんな種類があって、この紫陽花は家にかえってから調べてみると「伊予白(いよはく)」にちかいかなぁとおもっています。
がくが真っ白で、3枚のものがおおく、ふちがレースのような形になっている紫陽花です。



そぼふるあめは 歓喜のあめ
d0141365_6221745.jpg

d0141365_6225161.jpg

3と4
d0141365_624277.jpg
d0141365_6241660.jpg
d0141365_6243743.jpg

うまれる
d0141365_625136.jpg
d0141365_6252186.jpg

ひかりを うける うつわになる
d0141365_6261265.jpg

d0141365_6263446.jpg
d0141365_6264879.jpg





*携帯からブログをみてコメントを書き込みたい場合のアドレスです。(承認制にしてあるけれどできるか・・・・・?)お手数おかけします。
http://mblog.excite.co.jp/user/tukisitau/

多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
by tsukisitau | 2009-07-14 06:28 | 夏の鉢花

しま坂のこと *この世の極楽浄土*

ご報告おそくなってしまってもうしわけありません。
まいみくさんのなさっているラーメン屋さんでのすばらしいひと時をあらためてご紹介させていただきます。


かけつけたわたしたちに「恵比寿麦酒」!
このお店はえびすオンリーです。
短歌コミュつながりのまいみくさんお二人もかけつけてくださって乾杯!
d0141365_19431656.jpg

ラーメンの前にでてくる・・・でてくる・・・

メンマ。ただのメンマじゃありません。しばらくするとまたひとくちつまみたくなるメンマです。
d0141365_19461050.jpg


巨大チャーシュー。トンカツ以上におおきいです。
普段はお肉は避け気味なのですが、このチャーシューになれるならば、豚さんも本望だとおもうのですよ。
分厚いのに、ほろりとやわらかく、とろけます。
d0141365_1949248.jpg


煮たまご。
じつは、わたしはたまごが苦手。
黄身のもふもふしたのどに詰まるかんじも苦手だし、白身の独特の臭みも苦手です。

このすばらしき煮たまごをみよ!(おそらくしま坂でいちばんよく撮れている写真です・・・・w)
d0141365_19511319.jpg

どういうぐあいかというと、まず黄身が黄身じゃない。
たとえていうならば、黄桃の缶詰の桃のとろみと食感にちかくて、白身にも臭みが一切ない!
これは、たまごかしら・・・・??とおもいつつ、これまたとろけてゆくのです。


一人分でふた玉というけれど、そんなにはたべられないので、小分けにしていろんな味をたのしめるコースにさせていただきました。
家でつかっているお茶碗にそっくりの器にでてきて、なんか嬉しい^^

肝心のラーメンが~・・・;; はやくたべなきゃってあせりすぎました。ごめんなさい。
d0141365_2034751.jpg

d0141365_2035499.jpg

ここのラーメンは、おそらく、どこにもない味のラーメンだとおもいます。
ひとさじめのスープは魚の出汁が「あ、いい出汁しっかりつかってるなぁ~」って一瞬おもうんだけれど、いろんな味(味じゃないなぁ・・・・感覚。)がつぎつぎにあらわれては消えて・・・調和していくかんじ。
ひとさじごとに味がちがう。
もちろん麺とあわせてもちがう。
麺はいいかんじにスープとからんでいて、これも臭みがなくてとてもおいしいです。
こっそりゆずの皮がしのばせてあったり。

スープでの雑炊もあります。
これは・・・雑炊??これ、ご飯??!とおもってしまうほどにおいしい!


ラーメンって、注文したら大体の味が予測できちゃうでしょう?
このお店のラーメンは未知数。ラーメンだけでなくって、すべてのものが。

これは辛いラーメン。
d0141365_201254100.jpg

ものすごく辛いんだけれど、ただの辛いだけじゃないんだなぁ・・・・。
スパイシーともちがう。
辛いってこういう辛さもあったのか!って発見する味です。
残念ながらわたしには一口で十分すぎでした。


もうしあわせすぎです。
d0141365_20501768.jpg

えべっさんだらけ^^
d0141365_20173225.jpg

水もとってもおいしいのです!



店主じきじきの壁書き。(ものすごい達筆なんですよ)
d0141365_19552574.jpg

d0141365_19553523.jpg

d0141365_1959597.jpg

色紙も準備されていて。
うーーもっと字うまくなりたい!
d0141365_2004973.jpg

色紙がまわってきた~><
燕思案中。
d0141365_20183986.jpg

わたしも随分悩みぬいて、でもしま坂での店主のおはたらきに感動したから、この歌をしたためることにしました。
   
   日々新た己が役割果たし切る君の姿は誠に尊し



デザートにさくらんぼ。「これは、特別なさくらんぽ」とだしてくださったのだけれど・・・
このさくらんぼがまたすごい!
どうすごいって、一粒たべているあいだ、音楽がきこえてくるくらいにすごい!!
一粒でさくらんぼのすべてを悟ってしまったかのようにおもえるほどにすごい!!
d0141365_2021438.jpg



うー・・・このしあわせをどう表現したらいいんだろう?
おいしいよりも、しあわせよりも、幸福よりも、口福よりももっとすごいもの。
「いきててよかった。この味たちにであうことができて嬉しい。」
店主は(しんでるかもしれないよ~)なんておっしゃってたけれど。
「しんでてもいいです。こんなにおいしいものをかんじられたのだったら。」っていいました。


食・料理という方法でこんなふうにおもいをつたえることができる。
ひとつの「愛」のかたちだとおもいました。
料理だけでなく、すべてが。



まいみくのくもさんの了承をえることができましたので、(ありがとうございます!!)
店主のかっこいいお姿をアップさせていただきます^^

働いている人を撮影させていただくのって、ものすごくたのしいんです。

d0141365_2346398.jpg

d0141365_23463283.jpg

d0141365_23464419.jpg

おはなししながら・・・
d0141365_23513019.jpg

こ~んな素敵な笑顔♪
d0141365_23524365.jpg

d0141365_2353142.jpg

その合間に「きめ視線」炸裂!! かっこいい~~♪♪
d0141365_23544371.jpg

お仕事中もとっても嬉しそう!
d0141365_23571235.jpg

d0141365_2357379.jpg

うれしい・おいしい・たのしい・しあわせ・ありがたい がぐるぐるめぐってるんだよ。

あ~たのしい~~!!

くもさん、撮影させていただいてありがとうございました!

人を撮り慣れていないのでむつかしかったな~;;
みなさんとってもいい表情されていたのにぃ。。。。
がんばろ。





店主であるくもさんは、日曜日にご出勤です。
とてもあたかい接客をされます。それだけで、きっとおとずれてよかったなぁっておもわれるとおもいます。



後日店主くもさんにおくらせていただいたメッセージです。



くもさん

今日はすてきなご縁をいただき、ありがとうございました。

くもさんのしま坂は、この世の極楽浄土です。

くもさんが鎌倉のお寺にゆかれますように、しま坂を訪れた方々はおなじようにこころの平安と至福のひととき

を感じて現実にもどってゆかれるのだとおもいました。

ラーメン屋さんではなく。

この世に体という器を授かって、五感すべてで衝撃と感動をうけとって、

たべるものをいただくことの大切さと、さまざまないのちを地球から授かって分けていただいていること、

いただいたいのちを最大限にいかしきること・昇華させることを魂の奥底で感じさせていただける店です。

たべものをいただくということは、つくりてのこころをいただくことです。

くもさんのお店はとても心地よいです。くもさんのお人柄のなせるわざです。

いただいたものすべてが魂に響きました。

ありがとうございます。

みやた~さん、綿花さん、たのしい時間をありがとうございました。

ぷよよんさんとも衝撃のお電話で・・・w 時空をこえてつながっていましたね。

さとやんさん、ぜひぜひいつの日かおめにかかりましょうね!

ありがとうございました。

月下  桜


くもさん

けさ、目がさめていちばんにおもいうかんだのが、しま坂ですごしたひとときのことでした。

昨日のかんじたことすべてをかみしめていました。

それから順番にさまざまなご縁といただいたものをおもいだしていました。

また後日日記にしたいとおもいますが、今回の旅は「ひとは じぶんのよろこびやたのしみを こころのままに

表現することで 意図せずともひとに感動を贈ることのできる すごい存在なんだ」ということを何度も体験さ

せていただけた旅をさせていただきました。

燕にぽつぽつとことばにしてつたえると、うれしさのあまり感極まって涙してしまいました。

ありがとうございます。


月下  桜







わかりにくい場所にありますので、地図必須です。
レンガで敷かれた商店街をあるいて、右手にこれがみえたら、左折。
d0141365_20293630.jpg

ひとすじぶんはいって大きめの道を右手に折れます。右手にかっこいい看板がみえます。
カウンターのみです。

ラーメン専科 大岡山 しま坂
東京都大田区北千束1丁目59−8
03-3723-0048




多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
by tsukisitau | 2009-07-10 20:46 | *風景*旅・神社など

江ノ島・鎌倉の旅 *みずのあじさい*

鎌倉の長谷寺の紫陽花です。(5月24日)


あじさいは しずくがうむ
d0141365_1926745.jpg

d0141365_19254825.jpg

d0141365_19264134.jpg

ぽっしゃん ぴっしゃん
d0141365_19274726.jpg

d0141365_19281567.jpg
d0141365_1928229.jpg

ごらん みずのいろに そまってゆくから
d0141365_19292381.jpg
d0141365_19294110.jpg
d0141365_1930580.jpg
d0141365_193135.jpg

d0141365_19345233.jpg
d0141365_1935880.jpg





*みてくださって、ありがとうございます。
 アップ、おそくなってすみません。今日明日にでも・・・とおもいつつ・・・。






多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
by tsukisitau | 2009-07-04 19:36 | 夏の鉢花

夏越の祓え 大神神社にて

本日、六月三十日は「夏越の祓え」(なごしのはらえ)です。
大晦日までに大掃除をしてさっぱりしたきもちで新年をむかえるのとおなじく、半年の節目にも心身を清め、こころあらたにがんばります!という日にあたります。

先日参拝させていただいた大神神社にも立派な茅野輪(ちのわ)がありましたので、ご紹介いたします。

d0141365_731385.jpg
d0141365_7315655.jpg
d0141365_7322690.jpg

くぐりかたにも順番があるのです。
わかりやすく表示してありました。
お昼近くで人がすくなくなったときに。
d0141365_738355.jpg

d0141365_7381762.jpg
d0141365_7382595.jpg
d0141365_7383128.jpg

夏越の祓え限定の小さな茅野輪もいただいて、家に吊るさせていただいています。


もう今年も半分きてしまっているのですね~!
今年の半分も こころあらたに 気持ちよくすごしましょうね~!!






多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
by tsukisitau | 2009-06-30 07:45 | *風景*旅・神社など

とりいそぎ、28日の御礼をもうしあげます。

本来ならば、個別にメッセージを送らせて頂くところですが、とりいそぎ御礼をおつたえしたく。

昨日のあかるさん主催の神人さんの唄語り・花音さん(お二人です)の音楽、そしてあかるさんのうつくしく・ときにかろやかな舞と和太鼓。誠に素晴らしいものに触れさせていただくご縁がありましたことに感謝もうしあげます。


神人さんの唄はしずかなものは体中の細胞にしみわたるようにひびき、間にかたられる神人さんのされてきた御体験は神人さんのお人柄もあって、本来ならば不思議な話だなぁとおもうところがすぅっとこれまたたましいにとどくのです。目を開けていると神人さんの所作や表情、仕草にいろいろ感じるところがあり、また目を閉じて聴くと音と旋律の本来の姿をまさにこころの「琴線にふれる」ことを実感するのです。

後半の日本のお祭りの掛け声をいれた唄たちは、一緒に掛け合いをさせていただくのがたのしく、また踊りもあって、じぶんがお神輿状態になるのです。

ありがとうございました。


花音さんの音楽は、しみじみとやまとという国をかんじさせていただけるものでした。
ひふみのうた。古事記の国産みの歌。もう一曲もじんわり魂にとどきました。

ありがとうございました。


あかるさんの舞は舞台で拝見したうつくしさ以上に、あかるさんの仕草や表情、舞のうみだす磁場のようなものを間近でみせていただくことができました。
神人さんも参拝すると御神霊さまがたが舞でおもてなしをしてくださった話をしてくださいました。
舞とはことばをこえた魂どうしの会話になるのでしょうね・・・。

ありがとうございました。



開催までの準備や当日のスタッフのみなさんのおこころくばり、誠にありがとうございます。
桜井の地・大神神社・宗像神社とご縁を結んでいただきました。
唄語りののちもくつろいだ雰囲気で親しくお話させていただくことができました。
あらたなご縁もいただきました。

ありがとうございます。


宗像神社ではひふみ祝詞ビックバージョン・数え歌を奏上し、神様の弥栄とこの地にご縁をいただきましたことの感謝をもうしあげました。
そのご縁でマイミクさんとおめにかかることができ、あたらしいご縁もいただきました。

ありがとうございます。


あかるさんとも初対面でないようにすっかり打ち解けておはなしさせていただきました。
西宮・芦屋・神戸での唄語りをかんがえていることも打ち明けました。
大阪で開催されているおにいちゃんさんのことや12月で豊中で開催されること、神戸の三宮六甲山上にある布引ハーブ園でも唄がたりが企画されていることなどもうかがうことができました。

ことばにすると、ぐんぐん急加速(まさに神速です)でご縁が結ばれ、想いが実現してゆく・・・。
もうすでにいくつかのビジョンがみえてきています。
まずは開催するまえに準備をしなくては。
考えただけでわくわくします。
足をひっぱらないように、じぶんのメンテナンスもおこたらず。
がんばろ。



みなさま、まことにありがとうございました。
三輪大神さま、ありがとうございました。
宗像のかみさまがた、ありがとうございました。



月下  桜




多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
by tsukisitau | 2009-06-29 07:17 | つれづれ帖*言葉の風景


心惹かれた素敵なものたちを一緒に楽しんでいただけたらうれしいです。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
メモ帳
多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ

いつも応援ありがとうございます。

*『お散歩かめら塾』はじめます。詳細・お申し込みは「告知」のカテゴリーからよろしくおねがいします。

*タグ・カレンダー(さかのぼってみることができます。日を指定するとその記事をみることができます)は、項目がリストになって、見たい記事を選んでみることができます。
*カテゴリーは、最新の記事から順にすべてのページが開きます。

*神社・旅行の記事は風景にはいっています。

いままでの記事・写真はこちら。
「月下 桜 の 世界」

お時間のあるときに、のんびりしていってくださいね。

*私のブログ*
「月下  桜 の つぶやき。」
「ひかりのことば」
「関西 てくてく・もぐもぐ」

『光りは内にあり』
惟神霊幸倍坐世〓彌榮〓
かんながら たまちはえませ

神のように天に恥じない行動と言葉でもって動きます。さらに人智では及ばないところは、よろしくお導きくださいませ。

タグ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
月下  桜さんの歌
from 麦太朗の題詠短歌
鑑賞:003「助」(トラ..
from a swallow unde..
鑑賞:002「一日」(ト..
from a swallow unde..
鑑賞:001「笑」(トラ..
from a swallow unde..
中秋の名月
from PIPEDREAM別館
【鬼の腕・宗旦槿(そうた..
from 妙花抄(三)
アガパンサス
from ずっと大分が好きだ
ライフログ
お気に入りリンク♪
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧