人気ブログランキング |

*月下  桜 の 世界*



タグ:竹生島 ( 5 ) タグの人気記事


竹生島・長浜の旅 ~琵琶湖より~

昨年訪れた竹生島です。

船にのって長浜へむかいました。

d0141365_10491722.jpg


船の後方の波がおもしろくて眺めていました。

d0141365_10494929.jpg


あっというまに遠ざかる竹生島。

d0141365_10502451.jpg


d0141365_10593741.jpg


謡曲の「竹生島」に

緑樹(りょくじゅ)影沈んで 魚(うお)木にのぼる気色あり
月海上(かいしょう)に浮かんでは兎も浪を奔(はし)るか
面白の島の気色や

という一節があります。
これは夜の場面で、
緑の木の影が湖水に映るので魚が泳ぐ様が木にのぼっているかのよう
月が海上に浮かんでいるので月に棲むという兎が浪をはしっているかのよう

という詩を引用してあるのですが、
浪にのる兎の文様で竹生島を表現するほどだそうです。

わたしがみたのは昼でしたが、
船の浪がまるで湖のみどりの草原をはしって追いかけてくる白うさぎのようで、
もこもことびはねていてものすごくかわいかったです。

d0141365_10591958.jpg


d0141365_10575822.jpg


波のかたちも興味深いです。
日本のさまざまな波の文様の意匠や、日本画や浮世絵は実によく見ているなぁと関心します。

d0141365_1059567.jpg



とってもいいお天気でした。

d0141365_1105058.jpg


d0141365_110299.jpg



みてくださってありがとうございます。


つづきはまた後日。



多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
by tsukisitau | 2012-09-16 11:02 | *風景*旅・神社など

竹生島・長浜の旅 ~竹生島散策その2~

昨年おとずれた竹生島です。


桃山様式を今に伝える唐門は、国宝に指定されています。
秀吉が建てた大坂城の極楽橋を移築したことが分かり、秀吉時代の大坂城の唯一の遺構だそうです。
観音堂を進んでいくと舟廊下(重要文化財)といわれる渡廊が都久夫須麻神社まで続きます。
舟廊下は豊臣秀吉の御座船日本丸を利用して作られたといわれています。

見事な彫刻です。

d0141365_23385965.jpg


千社札がいっぱい。

d0141365_23393493.jpg

d0141365_23394454.jpg


宝厳寺観音堂から舟廊下を渡ると都久夫須麻神社本殿(国宝)の横に出ます。

d0141365_23404373.jpg


本殿を出て石段を下りると都久夫須麻神社の拝殿があります。

この拝殿で平経正が琵琶を奏でたそうです。

拝殿のかわらけ投げは、素焼きの小皿に願いを書き岩場に立つ鳥居に向かって投げ、
鳥居をくぐれば願い事が叶うといわれています。

下からみたらこんな感じ。

d0141365_2341533.jpg

d0141365_2342786.jpg


船にのって長浜へむかいます。


みてくださってありがとうございます。

つづきはまた後日。


多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
by tsukisitau | 2012-09-14 23:43 | *風景*旅・神社など

竹生島・長浜の旅 ~竹生島散策~

昨年訪れた竹生島です。

上からは穏やかな琵琶湖の湖水がみえます。
雲の影でいろんな蒼や青がきれいです。

d0141365_2222230.jpg


また石段を降りてゆくと

d0141365_2223479.jpg


白鷺が舞い降りました。

d0141365_2223303.jpg


鮮やかな多宝塔。

d0141365_22241671.jpg


上から船着場の様子がよく見えます。

右のが今津ゆき、左が長浜ゆきです。

d0141365_2225062.jpg


どういう位置関係かというと、こんな感じ。

d0141365_22253158.jpg


竹生島は琵琶湖の北側にある島で、今津が西側、長浜が東側にあります。
琵琶湖の南西には三井寺・浮御堂、東には彦根城があります。



みてくださってありがとうございます。

つづきはまた後日。


多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
by tsukisitau | 2012-09-13 22:28 | *風景*旅・神社など

竹生島・長浜の旅 ~竹生島上陸~

昨年おとずれた竹生島です。


船が湖をざんざん波をたてて走ると、飛沫に光があたって虹がうまれていました。


あっという間に到着してしまいます。

d0141365_22165734.jpg
d0141365_2217649.jpg


日本のお寺や神社にはつきものの石段。

d0141365_22173623.jpg


国宝の唐門がみえてきます。
大坂城の極楽橋を移築したもので、秀吉時代の大坂城の唯一の遺構だそうです。

d0141365_2218671.jpg


ここは後ほど行くとして、

まっすぐ登ります。
味のある石積み。
d0141365_222255.jpg

昨年の9月末。彼岸花がさきはじめていました。
d0141365_22225346.jpg


きのこみたいな石塔にときめきます。
(ときめくのはわたしだけ?)

d0141365_22234315.jpg


「宝厳寺(ほうごんじ)」。

宝厳寺の本尊は弁才天で、江ノ島、厳島とともに三弁才天と呼ばれています。
この弁才天は8世紀前半に行基が聖武天皇の勅命で彫刻し、堂宇を建立したといわれています。

d0141365_2224255.jpg


堂のなかには姫だるまがいっぱい。
姫だるまのなかに胸の内の秘め事をこめて成就をいのるそうです。
d0141365_22245698.jpg




みてくださってありがとうございます。

つづきはまた後日。



多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
by tsukisitau | 2012-09-12 22:25 | *風景*旅・神社など

竹生島・長浜の旅 ~今津港から船にのって~

昨年9月に訪れた竹生島・長浜の旅をアップします。


JR湖西線にのって今津駅で下車。
湖西線はその名のとおり、琵琶湖の西添いをはしっています。
琵琶湖もときどきみえて楽しい路線です。

あるいて五分ほどでちいさな港につきます。
味のある家が並んでいます。
とてもひっそりした町並みです。
d0141365_1948775.jpg


マンホール。
d0141365_19483114.jpg

d0141365_19483837.jpg


港からみえる湖は眩しいです。

d0141365_19492294.jpg


ぐっとアンダーにすると、雲のあいだからの光が湖に反射して一部分だけきらきらしています。
淡水魚を採る仕掛けの杭が並んでいるのもいいかんじです。
d0141365_19504766.jpg


あれが竹生島。

d0141365_19512260.jpg


船が近づいてきました。

d0141365_1951504.jpg


こんなに小さい船着場。

d0141365_19521754.jpg


弁天号。
竹生島からわざわざお出迎えです。
d0141365_1952589.jpg
d0141365_19531085.jpg
d0141365_19532035.jpg



みてくださってありがとうございます。

つづきはまた後日。



多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。

にほんブログ村 写真ブログへ
by tsukisitau | 2012-09-11 19:54 | *風景*旅・神社など


心惹かれた素敵なものたちを一緒に楽しんでいただけたらうれしいです。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
メモ帳
多くの人にも、のんびりした時間をおとどけしたいので、ブログランキングに参加しています。
立ち寄ったときに、それぞれぽちっとクリックしていただけるとありがたいです。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 写真ブログへ

いつも応援ありがとうございます。

*『お散歩かめら塾』はじめます。詳細・お申し込みは「告知」のカテゴリーからよろしくおねがいします。

*タグ・カレンダー(さかのぼってみることができます。日を指定するとその記事をみることができます)は、項目がリストになって、見たい記事を選んでみることができます。
*カテゴリーは、最新の記事から順にすべてのページが開きます。

*神社・旅行の記事は風景にはいっています。

いままでの記事・写真はこちら。
「月下 桜 の 世界」

お時間のあるときに、のんびりしていってくださいね。

*私のブログ*
「月下  桜 の つぶやき。」
「ひかりのことば」
「関西 てくてく・もぐもぐ」

『光りは内にあり』
惟神霊幸倍坐世〓彌榮〓
かんながら たまちはえませ

神のように天に恥じない行動と言葉でもって動きます。さらに人智では及ばないところは、よろしくお導きくださいませ。

タグ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
月下  桜さんの歌
from 麦太朗の題詠短歌
鑑賞:003「助」(トラ..
from a swallow unde..
鑑賞:002「一日」(ト..
from a swallow unde..
鑑賞:001「笑」(トラ..
from a swallow unde..
中秋の名月
from PIPEDREAM別館
【鬼の腕・宗旦槿(そうた..
from 妙花抄(三)
アガパンサス
from ずっと大分が好きだ
ライフログ
お気に入りリンク♪
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧